淹れ方とか

ポットの形にこだわらない(1)

ポットの材質を考えてみたので、次はポットの形を考えてみたいのですが、そもそも、ポットってそんなに奇抜な形のものってあるでしょうか?

星型のポットとか卍型のポットとか見たことある人なんていますか?(笑)

そういう意味で何を選んでも一緒じゃないかと思ったりするのですけど。


さて
ポットの形について調べていくと、大体二つの記述に当たります。

①丸いポットの方が保温効率がよいのでお湯が冷めにくくお茶が美味しく入る

②丸いポットの方が対流が起こりやすく茶葉がよくジャンピングするのでお茶が美味しく入る

 

どちらも「本当?」と疑ってみる以前に形以外の要素でお茶の味を語っているのが不満です。
①は温度、②はジャンピングですね。

それは「温度が」あるいは「ジャンピングが」味に影響を与えるかどうかということであって「ポットの形」の影響ではないでしょう。

ただ、そこで思考が止まってもいけないので続けてみます。

 

 

まず温度から考えて見ます。
そもそも「高温で淹れた方が美味しい」とは限らないのですが、それはまた別の機会に考えることにして、ここで理系人間としてはあえて「理想モデル」というものを取り出します。

つまり

ポットの厚さが0
蓋の継ぎ目やツマミなど凹凸なし
満水時に上部に隙間もなし

 

おおよそ現実にはありえないのですが、要するに「そういう形のお湯」が存在するとみなして考えます。

 

こういうモデルで、内容量が300mlだとすると。

このお湯の形が
球の場合は半径約4.16cm、表面積約218平方cmになります
立方体の場合は一辺約6.7cm、表面積約269平方cmです

 

それでこれらの表面から放熱すると考えれば良いわけですが、本来なら底面はテーブルに触れているので影響が異なります。

(球の場合点なので影響なし=全面から放熱)

今回はメンドクサイので全部同じってことにしてしまいましょう。

 

すると、表面から平均的に放熱すると考えた場合、269/218で立方体は球より約1.23倍冷えやすいことになります。

 

そこで、ポットの中のお茶がどれくらい冷えるのかというと、リンアンさんの実験結果をお借りして、(ポットをお湯で暖めて抽出した場合)95℃から始まって6分後に90℃くらい、約5℃下がることが分かります。

 

私などは茶葉淹れっぱなし20分抽出オッケーという変人ですが、一般的には3~5分の抽出で飲むのでこの範囲の考察で良いと考えます。


ということは、立方体が球より1.23倍冷えやすいとしても、5℃のところが6℃下がるくらいですね。

 

「1℃の差で問題になるくらい味が変わるんですか?」

 

と聞いてみたいと思いますが、厳密に言えばまったく影響がないとは言えないので味は変わることでしょう。ただし、それが分かるか分からないかということになったら、私は「分からない」と断言します。

 

なぜなら
・いつも100℃で沸騰させているとは限らない
・気圧(標高)によっても温度(沸点や冷えやすさ)が違う
・気温や湿度によって冷え方が違う

など、コントロールできない要素で1℃程度の差はすぐに生まれるからです。

 

それで、これらの条件の影響を避けてできるだけコントロールするために
・ポットをお湯で温める
・マットとティーコジーで保温する
という手順が推奨されているわけですよね。

 

そうやって温度を管理する限りポットによる温度変化は味に影響しないといっても過言ではないと思います。

つまり温度を基準に考えると「ポットの形は無視してかまわない」という結論になります。

| | コメント (0)

ポットにこだわらない(材質)

某所(バレバレですが)のトピックにあったネタをきっかけにいろいろ考察。

 

<<材質>>

材質が変わるとなにか味に変化があるか?

少なくとも、ガラス、琺瑯、ステンレス、陶器、磁器、には明確な差はないと思う

 

味が変化するとなれば、何かが溶け出すか、その材質がお茶の味を変化させる効果を持っていないといけません。

 

琺瑯も陶器も磁器も表面は釉薬=ガラス質で処理されていますから、科学的な目で見たらガラスとおなじです

ステンレスは金属なのでもちろん上の四つとは差がありますが、表面を薬品で酸化させて、簡単に言えば反応しきった状態にしてしまいこれ以上材質の変化が起こらないようにしてあるものですから、お茶に与える影響はほとんど無いといえます。

 

差が考えられるのはプラスチックと、鉄瓶と、素焼きです。

 

まずプラスチックは論外ですね、確実に何かが溶け出しています(笑)

人によっては味の差が分かるし、長い目で見たら有害です。

 

鉄瓶は、鉄が溶け出しますから、味に変化があります。

では、それが「悪い」 「嫌な」変化かというと、そうとは限りません。

水の段階から元々鉄分が多い地域もあるし、お湯は鉄瓶で沸かすという習慣の家もあるでしょうから、水の中の鉄分は「鉄瓶でお茶を淹れるかどうか」に関係なく色々な濃度になります。

水の中の鉄分が多い地域でお茶を入れるために「鉄分を少なくするように処理してから」という話を聞いたこともありませんから、悪い変化ではなさそうです。

鉄による影響としては、鉄とタンニンが結びつきやすいので、色が濃くなって渋みが減る変化が考えられます。

タンニンの味はお茶の重要な要素ですから、小さな差とはいえませんが渋いお茶が好みかどうかは個人の問題でしょう。

 

素焼きの場合「ポット」と呼べるものはあまり見かけませんが

中国茶では素焼きの急須をよく使います。

 

素焼きの場合、いわゆる「多孔質」ですから、色々な成分を吸着します。

そのほかの材質では使用後に落としているお茶の成分が残ります。

ということは、極端に言ってしまえば「汚れ」が残りやすいわけですが、逆に考えて「お茶の成分」って「汚れ」でしょうか。

 

違いますよね

某美味しんぼでは、すっぽん屋の土鍋に味がしみこんでいるというネタがありましたが、目的の味がしみこんでいく分には良いことなのではないでしょうか。

 

中国茶の方では「養壷」と言って、急須を育てるという概念があります。

なので、目的のお茶の成分がしみ込む分には悪いことではないといえます。

 

素焼きの場合問題は別にあって、カビたり悪いにおいが着いたりしないように、頻繁に使って、使用後はお湯ですすいでよく乾かさないといけないということにあります。

それからおなじ種類のお茶をしみ込ませないと味がバラバラになってしまいますから、ある程度数を揃える必要があるでしょう。

 

もうひとつ、しみ込む分お茶から出た成分の一部が減ってしまう問題もあります。そのため華やかな香りを楽しみたいお茶には向きませんし、フレーバーティーも急須に香りが残りすぎるので使いにくいでしょう。

 

以上のことから、素焼きの急須(ポット)を使うのは、趣味的要素が強いといえます。

 

結論

 

◎ガラス、ステンレス、琺瑯、陶器、磁器に明確な差はない。

○鉄瓶を使う場合は色と渋さの好みによる。

△素焼きは手入れまで楽しめる愛好家向け

×プラスチックはやめておきたい

 

 

| | コメント (0)

ポットにこだわってみる

さて、淹れかたの記事2回目はポットについてです。

重ねて言いますけど、ネタに困ったわけじゃないですよ?

 

 

詳細は後にしてまずはオススメの商品名を挙げてしまいます

 

1、イワキガラスの「ジャンピングティーポット」

  (二種類ありますが、取手がプラスチックの方)

2、イワキガラスの「プチティー」

3、カリタの「ティーバックサーバー」

 

イワキガラス

http://www.igc.co.jp/page/mp/mp_1_4.html

カリタ

http://kalita.co.jp/detail.html?p003020000&31139

 

さて、理由です

「丸い方がジャンピングしていいんですよね」とよく聞かれますが

まったく関係ありません。

比較的丸い形を選んでいますが、丸い方がいい理由は

 

「量を決めやすい」 

 丸みを見て目分量でいける

「取り回しが楽」

 変な出っ張りがないので収納など効率が良い

「保温効率が高い」

 同上

 

そしてガラスであること

「ぼーんちゃいながいいんですよね」と聞かれますが

実は、材質は何でも味には余り関係ないので

土瓶でも、やかんでもいいくらいです。

 

じゃあ、なんでガラスなのかというと

・温まりやすい(熱容量が小さい、とも言えます)

 お湯を通して暖める手間をかけなくても、お湯の温度をあまり下げないので

 手抜きでも味に影響しにくいということになります

・汚れが付きにくい

 毎日使うものですから

という、なんとも不精な理由によるものです。

 

最後、一番重要なのは茶漉しです

↑に上げた製品は茶漉しが蓋の裏についています

(プチティーはスリット状)

これ、とっても重要です

 

(何度も言いますけど「じゃんぴんぐ」とやらは関係ありませんからね)

 

100円均一にいくと、蓋のところにプラスチックの部品がハマっているものを見かけますね

えーと、上手く言えませんが、蓋と茶漉しをつけるための環状の部品がハマっていて

取れないものです。

 

実は陶器や磁器のティーポットでも同じことなんですが

そういう部品や蓋を受けるための出っ張りがあると、洗いにくくて不便なのです。

また、使う回数が増えるほど中に入れるタイプの茶漉しは洗うのが面倒になります

例に挙げた製品は、蓋をはずせば、ガラスのボウルみたいなものですから

すすぐだけで中身が捨てられて、洗うときも手がすっぽり入れられます。

 

理由は以上で、あとは好みと使いやすい大きさでしょうか。

 

全体的な評価ではジャンピングティーポットが一押しです

ティーバックサーバーという商品はプラスチックの台が付いているので

(テーブルからの熱を遮断して冷めにくいという効果はあるのですが)

洗うときに少し面倒です

私が使っているのはプチティーですが

茶漉しではなくてスリットなので、細かい茶葉は濾せません

ただ一番小さい商品なので、BOPより大きな茶葉を主に使う人には

取り回しが楽なのが良いところです。

 

 

そして隠れたもう一つの理由

それは・・・ 「割れても悔しくない」

耐熱ガラスは割れにくいしね

 

| | コメント (0)

紅茶の入れ方

紅茶にはまってから・・・多分6年くらい
試行錯誤の末にたどり着いた淹れ方をまとめてみます。

ネタに困ったわけではございません。 はい

 

1、ポットを用意してお湯を沸かす
2、ポットに茶葉をスプーン1杯入れる
3、ポットの8分目あたりまでお湯を入れる
4、抽出時間の2/3くらい過ぎたら味見してみる。
  ちょうど良いと思ったらカップに注いで飲む
  薄いと思ったら少しまってまた味見する
5、えぐみが出てくるまえに飲みきる

 

以上です

 

茶葉量りません
ポットあっためません
ジャンピング気にしません

でもこれだけだと説明がいろいろ必要ですよね。

次の記事から細かく説明をしていこうと思います

 

 

| | コメント (0)