« 蜜香紅茶 極品 | トップページ | 紅葉見に行ってきた »

チャイブレイク

ということで行ってきました

 

ティーブレイクとはスリランカ系のお茶を販売するネットショップとしては有名なところで、青山のお店や同じく吉祥寺のGclefでもよく名前を耳にするところでしたので、むしろ今まで喫茶部門がないのが不思議なところでした

(特に吉祥寺はカフェ激戦区=客も多いところですし)

 

そのお店の喫茶店が出来るというので、まさしく満を持して登場という感じです

 

その名前が「チャイブレイク」

 

その名のとおり、チャイ(煮だしミルクティー)を主力にしたお店とのこと。

そのためか、定番メニュー以外にもちょっと変わったものが

 

ほとんどの紅茶と相性が良いイチジクのケーキ

定番と言えるシフォンケーキ、盛り付けが見事です

野菜やケーキを入れてパウンド型で焼き上げた塩味のケーキ
ケーク・サレ だっけ?
 

サモサ
コリアンダー(パクチー)を中心にしたハーブで味付けした
ジャガイモと鶏肉や豆の具を入れて揚げてある
そんな感じの食べ物

 

オリジナルチャイ
 

スパイスクッキー

紅茶クッキー
 
 
お店の評価をするときって(自分みたいに辛口だと特に)、気になったところをどう表現するかとても悩むのですが
こちらのお店、結論から言うととても良いお店です。
 
まず、なんといってもチャイが中心というのは嬉しいですよね。
インドやスリランカではチャイが日常的に飲まれているというのは良く言われてますが、煮出しのミルクティーは「とりあえず」「ついで」のようにメニューに載せられている店が多くて、専門でやっていこうという店は差別化でもあり自信でもあると思います。
 
オリジナルチャイのスパイスはカルダモンが強め、クローブ、シナモン少なめに、後味にかすかにローズマリーを感じました。
香りを重視した配合のようです。
ここはお店の腕の見せ所ですし、実は自分はシナモン強めのバランスが好きなので一瞬「カルダモン強!」と思ったのですが、良く考えれば香りが強めなので食べ物が美味しくいただけます。
万人に合う配合なんてありませんから、その中ではカルダモンのアタックとローズマリーの後味というのは特徴的でもあり、飲みやすさもあるのでかなりいいんだろうなぁ、と思います。
 
まぁ、不満と言えば不満なのがカップで提供されること
ポットで、しかも2ポットから飲むのが普通な人としては物足りませんが、これは一般的ではありませんから(笑)仕方ないでしょう。
ストレートのお茶ならポットで出るみたい。
カップのシンハラ語柄は楽しいよね
 
それからケーク・サレとかサモサは軽い食事にもなるし
何よりチャイとの相性も良いので、とても嬉しいメニューです
相当研究したんだろうなぁ、と思います。
 
紅茶のクッキーも、アールグレーを使うとベルガモットクッキーと同じことになってしまうので、ダージリンの1stを砕いて使って爽やかな香りを残したという趣旨のコメント。
クッキーを中心に考えたらアールグレー、もといベルガモットクッキーでもいいんですが、紅茶を中心に考えるととても共感の考え方です。
 
ケーク・サレ、とクッキーでまぁまぁお腹いっぱい
食事ほどじゃないけど軽く食べたいという時にはちょうど良い量です
 
自転車乗りの時は甘いものが嬉しいんですが、それだけだと飽きますからこれからかなり通いそう。
 
自信を持ってオススメできるお店が一軒増えたのは、嬉しい限りです。

|

« 蜜香紅茶 極品 | トップページ | 紅葉見に行ってきた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 蜜香紅茶 極品 | トップページ | 紅葉見に行ってきた »