« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

軽くサイクリング

10/27 台風一過、晴れ
 
いい天気だからどこかに走りに行きたかったのですが
ふと気がつくと午後
そういえば吉祥寺に新しいお店ができたなーと考え
そういえば、多摩湖で夕方写真撮ったらきれいだろうなーと考え
 
吉祥寺→多摩湖で寄るつもりが、ふと気がついたら15時、ルートを逆にします。
距離があまりないので(70km程度)、ロードよりクロスだろうと、クロスバイクを久しぶりに出したら、整備が大変で。結局出発したのは16時
 
え、間に合うの?
 
間に合いました
ちょうど日没後に多摩湖到着
1時間で18km、良く走りました
 
 

この場所はけっこう気持ちいいです。本当
 
 

 

日没直後の写真です
カメラ任せだとものすごく明るく写っちゃうんですよね
目的の写真はこれじゃありません
 

 

10分後くらいに撮った写真を編集して味付けしてみました
いい感じです
 

さらに5分後くらい
これもカメラ任せにすると明るくなってしまうのですが
マニュアルモードで無理やり明るさを落としたらだいぶ目的に近くなりました
 
しかし写真は難しい
 
しかも、いやなことに気づいたのだけど
3枚ともシャッターショックというのか右がすこしだけ下がってる
 
うーん、ホールドを訓練しないといけませんね
 
20分も写真を撮っていたらすっかり真っ暗
ゆったりペースで吉祥寺に移動して1時間くらいかかりました
 
 
さて、吉祥寺に行ったらおなじみジークレフさんへ
ジークレフさんでは、国産紅茶の新しいのがあったので
これを味見します
 
これはまた別の日記で
 
そのあと、通販のティーブレイクさんが出店した喫茶店
チャイブレイク http://www.chai-break.com/ をリサーチのつもりが
 
下調べ不十分で定休日でした  恥ずかし orz
 
というわけで、前回同様、麺通団でうどん
カレーかまたまなるものがあったので注文
かしわ天(鶏肉のてんぷら)トッピング


カレーはじっくりいろいろ煮込んでるのかコクがあって甘くも辛くもなくとてもバランス良い味だった

 

季節メニューっぽいのがもうひとつ「かるぼかまたま」がありました

まぁ、美味しいんだろうけど。

ちょっと奇をてらったように見えるメニューを置いているあたりは

スパ吉と共通する精神を感じなくもない

 

このあとの帰り道は28km、写真とお茶だけのサイクリングだったなぁと思うと休憩取ったらもったいない気がして、一気に走ってみました。

 

2時間かかったけど出来るもんだね。


この日の走行距離 65km

| | コメント (0)

琵琶湖二日目残り

二日目つづき
 
浮御堂では写真をいろいろ撮りました
 
本堂?から琵琶湖大橋を見る

こちらは、琵琶湖博物館の方向
1日目に見た風車がちいさく見えます
この写真だと分かりませんが、真ん中へんに本当に小さく写ってます

カメラについているトイフォトというモード
楽しいです
 
さて、ここからはもう市街地ばかり
やることもないので一気に走って、16:00ごろ浜大津に着きました
 
ちょうど通りかかった人に頼んで記念撮影
 合計は230kmちょうどでした

 

さて、ここから
エネルギー切れも近いので京都の紅茶専門店に行く計画でした
まだ明るいので京都まで走ります

たった14kmだし!

 
この日のルート図で標高を見るとわかるのですが

http://drive.yahoo.co.jp/map/RTk2dFe_HWOJMT4yKtoQ--/detail

 

この後の峠二つが一番きつかった(笑)

75kmしか走っていないので一日目に比べれば体力がありますが一気に上る体力が残っていなくて、どちらも2回ほど途中で足をついて休んでしまいました。貧脚~

 

一つ目の峠を超えたあとは、車列に混ざりながら山科へのくだり。

10分ちかく40km~50kmで巡航するのはさすがに楽しかった。

その後の峠はさらにきつかったけど、それで終わりなのは分かっているので、力を使い切るつもりで立ち漕ぎ

その後のくだりが一番斜度があって、最高速が出ました56.6km。

面白かったのは原付より速くて、抜かすわけにも行かないのでブレーキかけることになったこと。

自転車ってかなり走れるんだな、と改めて実感。

 

夕暮れの京都を少し走り、予定していた紅茶専門店でお茶

二日がかりのサイクリングおしまいです。


| | コメント (0)

琵琶湖一周 二日目

二日目
 
8:30に起きるもトイレにシャワーに、着替えにで時間を使って
気がつけば10時出発
でも大丈夫、ナビで残り距離見たら70km
寄り道いろいろで長くなっても80kmないでしょう
昨日の半分と思うと余裕です
 
(というより計画ミスだろう自分・・・)
 
ホテル前のビーチで写真とりつつ散歩
 
曇り空だけど、おかげで不思議な光具合の写真が撮れた
これは今回のお気に入りかも


もうちょっと明るめに撮った普通の写真
てか、対岸見えないよ、水平線が丸いよ
琵琶湖恐るべし
 

水鳥が飛んでました
 
 

こちらは2kmほど走ったところ
カモ大群
 
湖畔の道路を走りつつ朝ごはんを探します
看板はたくさんあるんですよ
うどん・そば、カレー、カフェ・・・
 
ことごとく定休日なのはなぜでしょうか(汗)
 
次にやるときは土曜日にしようと思ったのでした。
 
約10km走って近江今津の駅前で営業している喫茶店を発見
トースト+オムレツのモーニングセットかスパゲッティしかなかったので
スパゲッティを注文
 
・・・写真を撮る気にすらならない
(悪い意味で)古きよき昭和時代のナポリタンが出て来ました。
まぁ食えたからいいけど。
 
次は新旭風車村を目指します
湖畔の道路はこんな感じ
 

名前分からないけど、黄色い花
白いススキ、緑の木のグラデーション
晴れていたら青い空、かな
 
個人的には気持ちいい眺めなんだけど単調で疲れます
これが6~7km延々と続くんです(苦笑)
 
とはいえ、それほど距離がないので昼前に風車村到着
 

シンボルらしい風車
 
お土産屋みたいな建物もあったけど
休憩には早い時間だったので通過~
遠足なのか幼稚園の団体がいました。
 
その後、海岸沿いに飽きたので一本内側の道を走ってみたら

ど真っ直ぐな農道
 
約2kmほどなので、すぐに終わりが見えてきてやる気が出ましたが
延々とこの調子だと絶望を感じたことでしょう(笑)
 
向かい風? 不思議なことに止んでません

海沿いの道にもどる時に、白鳥の群れを見ました

 

 

一瞬足を止めた景色
暗いんだけど、なんとなく味があります
 
お昼ごはんをどうしようかと
事前リサーチでよさそうだったところへ向かいます
 
高島という駅の近くに「びれっじ」という
アイルランドとの交流をしている一角gあるのですが
そこにあるカフェ プチレーブがお目当て
 
こちらは営業していましたがランチタイムのためお茶のみは無理
そこまでおなかが減っていないので通過しました
計画倒れが多いですねぇ・・・
 

町の出口(入り口?)あたりに
こんな門がありました
 
このあとは白髭神社に向かいます
 

海岸に下りられたので一枚
 
白髭神社はすぐ近くでした
10分ほどで到着

記念に一枚
 
でもね、ここ
歩道ないの(汗)

これ、車道から撮ってます(汗汗)
 
寄り道しようにも停める場所もないので写真だけで通過
てか、この辺の道路は全体的に怖かった
 
この後は10kmくらい街道沿い
大型が怖かったけど、道路がよいので速度は出た
 
その後さらに10kmくらいはサイクリングロード
(という名前の歩道)
こちらは、湖西線の脇を右へ左へ動きながら走ります
まぁまぁ面白いけど線路の下をくぐるときに車を気にしないといけないのが
走りにくかった
 
蓬莱という駅の前から街道に戻って
ここから大津までは街道沿い
 
ふと看板が目について止まります
 
お茶タイム~

有機栽培のオリジナルブレンドと京ロール
 
ブレンドはそれほど美味しくなかった(ォィ
ただ、砂糖をちょっと入れたら香りがよく立ったので
たぶん淹れ方の問題
 

テラス席
グループで休憩するのはよさそうですね

愛ですよ、愛!
思わず止まってしまったわけです
 
事前のリサーチでは、この近くにあるsmileというところでお茶する予定でしたが
そちらは定休日だったので、ちょうど良くて助かりました。
ドトールみたいなセルフサービスの店だったので気兼ねなくてむしろよいかも
 
出発してふと脇を見ると
2軒先にsmileがありました(笑)
 
残りは20kmちょっと
一気に走れる距離ですが、寄る所も一箇所残ってるし
そこで休憩もできるので、サクサク進みます
 
相変わらず向かい風なんですが
街道で路面もよいので平均30出てたかも
琵琶湖大橋の下をくぐり、ナビに翻弄されながらも浮御堂へ
 

すこーし晴れてきたので、いい感じで撮れました

1記事あたりの写真容量の限界になったので、つづく

| | コメント (0)

琵琶湖一周 一日目おまけ

ホテルに着いてチェックイン

 

でもほら、自転車心配ですから
部屋の中に入れていいか交渉
なにか部屋番号確認してから許可もらえました

 

ちょっと話をきいたらやっぱり多いらしい

 

さて、ご飯

これがなんとコース料理しかない!
正直カロリー取れればおにぎりと水でいい状態なので
一番やすい平日限定コース2500円に決定

 

あ、お酒がある
他のコース>平日コース+お酒

 

「この吟醸酒ください」


おい、自分

 

地元のお酒「竹生島」

辛口すっきりめ、香りのふくらみが足りないけど
後味のキレがあって、料理に合わせるのはまぁまぁでした

 

前菜、なにかテリーヌ
 

お造り


蒸しもの

 

ステーキ和風ソース
 

ご飯、味噌汁

紅茶
 
紅茶は、なんか記憶にひっかかるウバ
多分これ知ってる・・・と思いながら飲み
ミルクが植物油じゃなくて安心
これでポットサービスなら文句ないんだけど
ちょっと薄めですが、それなりに満足

部屋はログハウス風
 
風呂入り、お茶飲んで21時
日焼けしたのがまずかったのかなかなか寝付けず
テレビをみながら23時過ぎになんとか就寝

一日目終了

| | コメント (0)

琵琶湖一周 一日目

前泊・後泊というゆとり日程で行ってきました

10/18 は午前遅くの電車が一番空いていると思う時間に移動、そのまま早めに寝ます

 

10/19 ほぼ始発で大阪某所から浜大津まで移動

いろいろあって、7:48 浜大津

こんな袋を抱えて電車乗ってきました
輪行袋と言います
 
自転車組み立て、整備、いろいろやってたら8:30に
うーん準備不足がひどかった

しかもサングラスをなくしてしまい、快晴なのがうらめしい
スタート前からハードな予感
 
さらにご飯を探しても、駅周辺に立ち食い蕎麦もなければ
コンビニも見つかりません
どーなってるの~~

でもまあ気を取り直し、記念撮影をちょこっとして出発
 

なんか橋が架かってます、向こう側は見えません(笑)
でもそこまで行くんだよね、うん

市街地を車列に混じって走って、9:06唐橋到着
 

ここが事実上の湖端です
そういえば、近くにスポーツタイプの自転車の店があるらしいので、サングラスを探しに行こうかとナビで検索してみた。するとたった6km先。

はい、開店まで待てません。通過決定
 
ところで、折り返して唐橋までと逆方向に走ってるはずなのに、ずっと向かい風ってどういうこと?
30km/hで巡航したいのに速度上げられません
 
9:41 琵琶湖博物館前のセブンイレブン
ヘロヘロになりかけたのでここで朝ごはん買いました
ここまで距離は短いけどエネルギーなしでよく走った(笑)
 

発電?風車がありました
 
このあとは安土城目指して走ります
 
10:58 湖岸に下りられるところがあったので、買ってあったおにぎりを食べながら、しばし休憩

むこうに見えるのは島でしょうか
11:22 湖岸の道路から陸側に入ったら、日牟禮八幡宮というところを通りました
 
ビアンキに乗ったおじさんが写真を撮っていたので止まってみると
この町並み
 


こりゃいい、と記念撮影

 
シャッター押してもらえますか、というのでちょっと会話
おじさんの自転車、とてもいい味が出ています
あー鉄フレームの年期が入った・・・えっ?リア6速??
 
「40年ものですから」
 
お見それしました
そのくらい続けていきたいですねぇ
11:50 安土城
 

うーん、天守閣ないのか
歩き回ると広そうだし、時間押してるし、証拠写真だけ撮って通過
彦根へ向かいます
距離はあんまりないんだけど、向かい風がさらに酷く
湖沿いの道まで戻ったら疲れきってしまった
 
そこに現れるファミリーマート
パン一個とゼリードリンクをさくさく補充、一休みです
予定していた補給地はすぐそこ
 
そしてなぜか方向変わっても吹きつづける向かい風
真横よりはいいんだけどさ、つらいのは変わらない

で、事前調査によると、湖岸のオシャレなカフェがあるというので
「シャーレ水ヶ浜」を目指して走ります
 
周辺は適度なアップダウンがあってまぁまぁ楽しいところでした
 
 
そして定休日
 
 
○|‾|_ OTL on_
一気に萎えましたが、他にすることもないので進むのみ
知っていたら平坦な道を走れたんですけどね(苦笑)
14時20分ごろ、彦根城
自転車を止めて行ってみるも、有料
あーどうしようか、ご飯まだだし、時間押してるし
と2秒考え、これも通過
 


 

遠めだけど写真撮ってみた
マニュアルで天守閣にピント当てるべきだったなー
 
そのとき、そういえば彦根って大きめの町だよね、ユニクロあるよね
そうしたらサングラス買えるよね、などと思いつきナビで検索するとたった3km先と判明。
ちょっと寄り道します。
 
なんと酒類の量販店に化けていました
ナビの馬鹿~~~~~!
彦根城を横目に湖岸まで戻ると15時
ホテルまでルート検索すると56km
 
湖北でアウトっぽいなぁ、と思いつつ先を急ぎます
 
彦根から長浜は向かい風がちょっと緩んで快適
32-3km/hで巡航できました

 

15:40 長浜城

夕日に照らされていいかんじ?
 
小さな公園があるだけの場所なので
足を休めるくらいの休憩で先を急ぎます

16:19 湖北みずどりステーション近く
カメラを構えてるおじさんが二人いたので話を聞いてみると
ここからの夕日がいいらしい

この真ん中の松のバックに夕日が落ちるのを撮るらしい
あー確かに綺麗だろうなぁ
あと1時間程度なので待てなくない時間ですが
それまで待つと真っ暗な中、泣きながら走る羽目になるので、見たいけど我慢
 
先を急ぎます
そして止まない向かい風
もう、どうにでもなれっ(涙)
 
16:55 セブンイレブン木ノ本インター店
あと25km、でも山道もありエネルギー必要なのでちょっと食べ物補給
 
国道の旧道に入り山道へ
上り切ったとこで湖の景色を撮る
 

 

すでに日没後なので空のグラデーションが綺麗
奥琵琶湖パークウエイに入ったらもっときれいなのかなぁ?
 
この時点で入り口にすらたどり着いておらず
明らかに無理なので奥琵琶湖パークウエイはパス決定
 
旧道なので車はほとんど通らず、このあとの下りでこの日最高速の49.7を記録
 

あとはやることなんもないのでひたすら走るのみ
18:50
ごろホテルに着きました

 

この日のルート

http://drive.yahoo.co.jp/map/RTOwQ7077WOJNuWB2VbA--/detail

 

走行距離 155.5km

 

つづく

| | コメント (0)

迴育栖蟆る摩蠎励〒縺願幻

先日の日記で書いた八王子の珈琲専門店です
 
中に入ると大きなカウンターがあって、こんな感じでサイフォンがずら~と並んでます。
 

ま・・・サイフォンで淹れることの是非はたしかにあるんですが
見た目の雰囲気はいいですよね
 
 
 

壁際の席はこんな感じ
アンティークな内装で統一されています
 

 

カウンター奥の壁に並んだ茶器たち
 

 
 

お店では「ビクトリアンスタイル」と呼んでいるようですが
差し湯も一緒にトレーに入れて提供されます
 
ポットもカップもしっかり温められていて
茶葉は入れっぱなしなので、紅茶好きが感じやすい
「薄い」という不満は解消されます(笑)
 

 

この日頼んだのはアッサム
 

 

それから期間限定のカボチャスフレ
 
 
ケーキ類は町のお菓子屋さんレベルかなぁ・・・
他のお気に入りのカフェに比べるとよくも悪くもフツー

 
ですが、一点良いと思うところがあって
こちらのお店でケーキを頼むと、一度全種類をトレーに乗せて持ってきて
その中から、実物を見て選べます
 
 

外観はこんな感じ
おとぎ話に出てきそうですね。
 

これで店内が禁煙だったらお茶会したいお店なんだけどなぁ(^^;

| | コメント (0)

湘南ライド

10/13
ロード初乗りしてきました
 
ミクシでポタリングの募集をしている人がいたので、お願いしてご一緒してきました。
ポタリングとは「ブラブラと自転車に乗る」くらいの意味なのですが
個人的にはハードトレーニングのようでした(苦笑)
 
できるだけ明るい間に走れるようにするため
朝は早いので普段は寝る時間の6:30起き
(寝ている時間じゃないですよ、寝る時間です)
 
7:10出発して集合場所に向かいます
朝は寒いよ~
 
で7:55いつもの府中のコンビニで休憩
お腹冷やしちゃったのかゴロゴロ(涙)
20分くらい休憩しちゃいました。
 
集合場所はあと15km先(^^;
結構必死で走って8:55、多摩水道橋に到着
集合前にこんなにがんばっちゃっていいのか自分(^^;

 

ここから4人ですが、みんな速いんです
27~8km/hくらいでスイスイ~とサイクリングロードを飛ばします
平日の朝なので人はほとんどいなくて快適


でも、私すでに足パンパンなんですけど?(笑)

休みたいよ~とも言い出せず、1時間走って丸子橋でやっと休憩

 

ここでトラブル発生、ハーフクリップのネジが一本ない!
片方でギリギリ締め付けてもちょっとゆるい、大丈夫かなあ・・・
 
このあと、さらに15号線まで下ります
先日夕方走ったところを朝早く走ってるんですから、自分でもびっくりです
 
一般道に出たら走りやすくなるかと思ったら・・・ペースが上がるんです!
(ストップ&ゴーになるから平均時速をあげるために仕方ないんですけど)
 
30km/hオーバーですよ。
 
ヒィヒィ言いながらがんばって着いていきましたけど、そろそろ涙目
しかもハーフクリップ外れ始めた(@Д@;;
 
ちょうど頃合だったので、7-11鶴見市場店で休憩に入り
お店の人に荷造り紐をちょっともらって応急処置しました
紐で縛っていたらマイミクさんたちにバッチリ激写されました。
 
その後は、みなとみらい地区を抜けて鎌倉へ
いろいろ景観もいいし、走りやすいんですけど
 
なにせ足パンパンなので遅れ始めます
みんな容赦ないんだよー
 
特に鎌倉のあたりで坂が増えてくるので
20km/hくらいまでペースが落ちてヒイヒイ言っていたら

この日の幹事というか発起人の人が後ろから
「クロスバイクなら遅くて仕方ないからみんな待っててくれるんだけどねー」
「ロードなら条件同じだから容赦しないよ~」と
 
orz そーですよね
 
で、この時点でメーターは90kmとか行ってるわけですよ
もうゴールでもいいやー、と思う距離なのにまだ目的地についてないんですよ

自分何やってるんだろう~無事帰れるのかな~とか思いながら
鎌倉の駅前を通過したら「お~」とか思わず叫ぶわけです
 
これだから自転車乗りはMって言われるんだな、と内心思いました。
 
そんなこと言ってる間に海岸に到着
途中合流した人も含めてこのとき7人です

見て、この速そうな人たち!

 

 

 

海をバックに自転車の記念撮影
愛車はこんな感じになりました

 
ここから、江ノ島まで7~8kmだったのかな
海沿いの気持ちいい道なので、特に一緒に走らずに自由走行
 
みなさん40km/hくらいでかっとんで行きます
自分は20km/hくらいでえっちらおっちら
 
10分くらいお待たせしたんだろうなぁ、と思って江ノ島の交差点に着くと
「お疲れ~」「じゃ行くよ!」とお約束の言葉
 
休ませて!!!!(号泣)

 


ということで5分ほど休憩して、江ノ島をバックにもう一枚
 
この後20分くらい走って13:30ごろ本鵠沼駅近くの「渦」に到着

お店のランチタイムが14時までなので
時間的にはギリギリだったみたいです。
 
お昼を食べたあとは藤沢の駅前を通過して境川サイクリングロードを遡上します。14時に出発して14:40分ごろ飯田牧場
 

 
サイクリングロードから近いので自転車乗りの人がたくさん来ていました
ソフトクリーム美味しそうなところなのですが、機械を清掃中とのことで残念

 

ところが、ここまでお腹を冷やしすぎた為か動けないくらい痛くなってしまいまして

「置いて行ってください~」と頼んだのですが

この後すぐ休憩するところがあって、そっちで休んだ方がいいということになり、頑張って出発

 

15:30ごろ遊水地公園
こちらもサイクリングの人多数、いいなぁ、この雰囲気
 


 

ここでゆっくり休憩して湘南方面にすんでいる人とお別れ

なんとか走れそうになってきたので町田まで皆さんとご一緒することに

境川サイクリングロードを上って17:00ごろ町田近辺

 

他の人は多摩川まで戻るというので

平地でも遅れる状況ではさすがに無理だろうと

ここで別れて町田街道をゆっくり走りました

 

町田街道はほとんど平坦で、車は詰まっていてゆっくり走るので橋本まではちょうどよかったです。 

そこから16号を走るのですが予想通り上り坂でくじけました。

 

うん、だってこの店があるんですもの。

http://www.burg-kaffee.com/pappelburg/

 


お茶休憩しました。

居心地がよいので40分くらいゆっくりしてから出発

ここからはアップダウンの連続ですが家までは残りわずか
(といっても17km)

坂の手前で息を整えつつ走りきって20:00ちょうど、帰宅しました

 

走行距離160kmちょうど
いや~走った走った


 

この日のルート

http://drive.yahoo.co.jp/map/RTAHLGdljWOJML4qFd3Q--/detail

 

| | コメント (0)

黄色い看板のあのお店

マイミクさんが読書に関して

「黄色いお店からやってきて、黄色いお店へ帰っていく」と表現していたので、色だけでは分かりにくいかなぁとか思ってみましたが(笑)

このブログで黄色といえば、もちろんペリカンハウスさんです

 

美味しいから何度でも行きたいんですが、やや遠いのでちょっとご無沙汰してしまいます。

先週のことですが、今回は柏の近くに住んでいるのに行ったことがないというマイミクさんがいたので「それはいかん!」と言って拉致してランチしてきました。

 

ここのランチはお得すぎるという評判だったのですが

原料高からチョイチョイ値上げして現在1800円

最初におじゃましたとき「このくらい取ってもいいよね~」と言っていた値段にだんだん近づいてきました(笑)

 

最初に提供される紅茶・パン・サラダ
 

おなじみのソーダブレッドです
 
わらじ形のパンは断面の見た目が黄色くなってました
そこで「粉変えました?」と聞いたら「そのたびに料理に合わせて配合変えてます」とのこと。あら、恥ずかしい質問しちゃった。
この日のはどんな配合だったんでしょう。
もう一つはグリーンレーズン、オニオンブレッドやナッツなどのパンを頂いたこともありますが、これが一番好きかも

 

サラダに見えないけど、サラダ
 
市場でヘダイという鯛の良いのが(もちろん生で)見つかったので
それを軽くソテーにしたとのこと
掛かっているソースは、鯛の骨から出汁をとってクリームで伸ばしたもの
いい仕事してます
 
ここで気がつきましたが・・・
メインのお料理を撮り忘れました
 
ペリカンハウスさんの名物料理の一つだとおもうのですが
鶏肉と林檎を煮込んだノルマンディ地方の家庭料理というものを頂きました
 
ご存知の方は「ああ、あれかぁ」ですよね。
 
さて、林檎ですよ、り・ん・ご
 
こうなればデザートは期待します
 

絶品焼き林檎のアイスクリームのせ、キター!
何度食べても良いものは良いです・・・いや、ほんと
 
 
食後に、飲み足りなかったので、ミルクティーで一杯追加しました。
 

ドアーズをミルクティで
発酵が浅くさわやかな香りが前面に出るお茶です

個人的には何でもよかったのですが、どんなものがあるか聞いたところ
「今年はねぇ、売れるものがほとんどなくて・・・」
というお話しが始まってしまうのは、私が普段それだけ小うるさいのか
それともそれだけ不作なのか、ちょっと複雑でした(笑)
 


| | コメント (0)

紅茶サイクリング

過去日記

 

9/9
もともとはマイミクさんとお茶飲みに行く予定でした
うっかり、待ち合わせのメールを送っていなくて
朝起きたら「あれ?今日じゃなかったでしょうか。どちらにしても体調悪いので今日はなしで」と


本当にごめんなさい m(_)m

 

そんなわけで時間が空いたので午後から自転車を乗り出して、

ちょっと悩んでから
「そういえばGclefに東方美人が入荷していたな」と吉祥寺に向かいます

 

自転車に乗ってお茶を飲みにいくのがだんだん定番になってきました
(自転車+ラーメンというブログはたくさんあるのですが)

いっそのこと、そういうブログに特化しちゃおうか(笑)

 

さて、ルートは行きはいつもの玉川上水なので割愛

15時ごろ出発して、もういい加減暗くなってきただろうというころに吉祥寺に着きました
お店に入るなり「ああ今日も自転車なんですね~」と
自分じゃなくてお店側でも名物客?(笑) それはそれで嬉しい気がするけど。

 

「入荷したの飲みに来ましたよ~」と伝えると、さっそく用意してくれました

味の濃さの関係から、東方美人を先にいただきました。

 

 文山東方美人 2009年春茶 蘇文松作 

室内の雰囲気が出るように蛍光灯のホワイトバランスで撮っていますが
淡いオレンジ色の水色が分かるでしょうか
 
一般的に東方美人というと蜂蜜のような香りと甘みがあるものですが
こちらは原料の品種が通常とことなるとのことで、微かにオレンジやグレープフルーツのような
柑橘系の爽やかさがあります。その後、やや草っぽい青みに香りが変化しフルーティというよりは蓬餅という気分のお茶です。甘みはあまり強く出ません。
紅茶に近いとはいえ製法が違い、もともと渋みを期待するものではありませんが、甘みも渋みも少なく、やや満足度には欠けます。
とはいえ、爽やかで飲みやすいので手元にひとつ置きたいお茶です
 
 
さて、キーマン
 
キームン 毫芽 2009年春茶

こちらは工夫式で
 
黒糖のような香りのあるお茶
その香りに慣れると、喉の奥の方に青い香りが残り、やや酸味も感じる
甘みは強めだけれども、ペタっと下の上に乗る感じ
香りからすると口全体に膨らむ感じを期待してしまうので、やや甘みが足りないかも?
後味は香ばしさが強く、飲みごたえはあると思う
 
ただ、ですね
以前(たしか2004年)に購入したキーマン毛峰というお茶が
思わず「黒砂糖入れた?」と聞くくらい甘みも香りも良いお茶で
どうしても記憶の中でそれと比べてしまうので自分は買いませんでした。
お店の人も「やっぱりそうですよね~」と。
不作のためかあそこまでの品物はなかなか出てこない様子
(そもそも産地にもないのかも)
 
さて、これで帰ってもよかったのですが
時間はたっぷりあるし、そういえばダージリンで飲んでいないのもあるし
ということで、3杯ほど入れてもらいました

 
 

ああ、順番忘れてる(笑)
左からシンゲル、セリンボン、ロヒニのはず
 
シンゲル農園 DJ-43
マスカットかメロンか、緑色の果物の香り
その後やわらかいマスカテルな余韻が残り、軽い渋みを感じる
甘みは少なめで後味に少し苦味があり。
お店の紹介にある香ばしさはあまり感じなかったのですが
それは多分一緒にテイスティングしたセリンボンのせいです(笑)
全体的には味わいが軽く、フルーティで良いのですが
もうちょっと安かったらなぁ、と思うところです。
 
セリンボン農園 DJ-50
ミルクティ向けのお茶を模索しているとのことで、焙煎が強くとても香ばしいお茶
というか、香ばしさばかりが前面に立って味をあんまり感じませんでした。
お店の人の説明によると1ヶ月くらい経って焙煎香が落ち着いたあと、ミルクを入れるとその奥から浮かび上がる香りがあるとのこと。
確かに、お茶の甘みはかなりあるし、香ばしさの奥にすこしフルーティな香りが潜んでいますが、現時点ではちょっと分からないかも。
機会があったら後日再挑戦かな
 
ロヒニ農園 DJ-76
米っぽい甘みのあるお茶
芹のように少し刺激のある爽やかさと甘みがあり、もうすこし香りが鮮やかだととてもフルーティ
マスカテルフレーバーはほとんど感じない
十分美味しいんだけど、もっと渋みが欲しい。でもお買い得かも
 
 
で、結局東方美人だけお買い上げでお店をあとにしました。
ちょっと食事をしたかったので、店員さんに個人的オススメを聞いてみました。
 
そうしたらアジアン系のお店でいいところがあるとのこと
駅前のとおりを一番奥まで進んだその先にあるので、駅からやや遠く、ちょっと穴場になってるとのこと。

 

たしかによさそうな雰囲気です
 
メニューを見たら、夜は飲み屋の営業をしているよう
一品料理が多いので一人ではちょっと食べにくいかな~とやめておきました。
こんど誰か誘って、試飲ツアー+飲みとかしたいなぁ
 
で、何を食べようか迷ったのですが
そういえばhanakoの吉祥寺特集を読んだときに、讃岐うどんの店があったなぁ、と思い出して行って来ました
ヨドバシ裏あたりにある「吉祥寺麺通団」です
 

かきあげとひやぶっかけ
 
特別に旨いとも思わなかったのですが(失礼)、十分満足がいく味です
特筆するのは良心的な価格設定と量、大盛りにしたら少し多すぎると思うくらいでした。
某花○うどんは高くて少ないからなぁー

 

中央のテーブルにおいしそうなお酒が並んでるんです
 
奥のほうのテーブルではビールを片手に飲んでるサラリーマン二人もいました。
たしかに軽く飲むのにもいいかもしれません。場所分かりやすかったら流行るでしょ、この店。
スパ吉とあわせて吉祥寺の定番にしようかと思います
 
さて、そんなこんなでブラブラしていたら時間は21時
一般道(五日市街道)を飛ばして23時ごろ帰宅しました。
 
この日の走行距離、約62km

| | コメント (0)

ブログ引越し準備中

拙ブログをいつも見てくださっている皆様
ありがとうございます。

ここのサービスが来月終了するので
ぼちぼち引越しに取り掛かります

それで先日「削除予定」のカテゴリを作って
引っ越さないでそのまま消してしまう記事を移動しました。

パンヤ関連、自炊関連、クルルのブログ関連、特に趣味に関係ない日常あたりが含まれます。
自転車と紅茶は、ほとんど引っ越します

オセロ関連をどうするか迷っているんですが、うーん・・・
(そういえば元はオセロブログだったんですよね)

| | コメント (0)

琵琶湖一周覚書

18日に移動+京都で遊ぶ

19日 京都発
・1号経由で浜大津まで、そこから湖に近い道路反時計回りで走る
 瀬田唐橋を湖端と考える
・安土城は立ち寄る、彦根城と長浜城は写真程度に。要検討
・奥琵琶湖パークラインは時間次第だけど日暮れ前なら走る
 力尽きた場合はショートカット
※奥琵琶湖はほとんどwillcom圏外(苦笑) 
・マキノプリンスホテル泊

20日 マキノプリンスホテル発
・残り80kmくらいだからダラダラ走る(笑)
・時間余るようなら雄琴でスーパー銭湯
・浮御堂に寄る、夕暮れ時がいいなぁ(笑)
・そのまま京都へ自走、できればお茶
・なぜか大阪へ移動して宿泊

21日 帰宅

ルート


※修正
10/13に160km走ったらどうも↑の計画は難しい様子
朝7時出発で、食事や休憩含めて、10時間後の17時にはまだ130kmくらいでした。
京都発だと奥琵琶湖に差し掛かるあたり
17時半ごろから日が暮れ始めて18時には真っ暗、
パークウエイの景観を楽しめないのもそこから1時間山道を走るのもキツイ

なので、大津まで輪行して、最初は時計回り、琵琶湖大橋を渡っていくルートにする予定
大体20kmくらい短縮できるので、日暮れちょっと前にパークウエイを走れるはず


荷物
・着替えは宿へ送る、荷物はできるだけ持たない
・輪行バッグはボトルケージへ
・オーストリッチのサドルバッグに↓装備
・携行品は工具、チューブ等と食べ物とお金とデジカメ←これが一番重い(笑)
・ナビと電源はトップバッグ
・雨具は持たない、雨がふったらすっぱりあきらめる

必要な装備
・ペダル交換+ハーフクリップ
 純正のトゥクリップを外してつけようと思ったらつかなかった
 くやしいけどペダルを追加購入
・ミラー、いいのがなければヘルメット装着型
・ベル・・・間に合わなければナシで
・ライトとナビの取り付け↓
 ハンドル径が太くてNITTOの便利ホルダが使えなかったので
 クロスについているミノウラのスペースグリップと交替
<※追加>
・常備薬
・ハサミ(自転車でも人でも応急処置に使える)

これからやること
・ユニクロでそれっぽい格好をそろえる、二日分
・歩きやすい靴を一足
・行きと帰りの新幹線予約


| | コメント (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »