« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

これからやりたいこと

備忘録のような日記

 

やりたいこと、買いたいもの、やらなければいけないこと

 

<やりたいこと>

・琵琶湖一周

 →来月できそう

・淡路島一周・富士山一周・八ヶ岳一周

 →休み次第、冬になったら厳しいから11月に休みがあればどれかひとつ

  あとは来年ですかね

・お茶会みっつ

 →場所を探さないといけないので大変

  ひとつは親切な人が見つかっているのでそろそろ打診しないと

  残り二つがとても悩ましい

 

<買いたいもの>

・スーツケースとかキャスター付のバッグとか

 →お茶会のときの荷物を持ち出すためです

・和服

 普段着に和服「も」着られる人になりたいの

 

<やらなければいけないこと>

・ 資格(汗)

 いい加減に落ちてばっかりだと仕事が(汗)

・ブログ引越し

 ここ、11月で閉鎖ですから

 FC2かシーサーかジュゲムかってところなんだけどどうしよう

 

多分一つ一つは大変じゃないと思うので、まずはやる気が欲しい(苦笑)

| | コメント (0)

ロード 買った

んないろのやつ

 

写真は後日

 

阿佐ヶ谷にあるお店で買って、乗って帰ってきて

本日の走行距離38kmくらい

 

2時間ちょっとかかったよ。 

遅いね

 

やっぱりエンジンしだいだな

| | コメント (0)

多摩川を制覇したぞ

世間は連休

その合間に自分もちょっとお休み。

世間と休みが一緒なんてある意味奇跡だ(笑

 

台風の心配がなければ、ずーっと前から計画立てておいて

この時期に琵琶湖一周に挑戦しようと考えていたんだけど

 

いろいろあって自宅に居ました(汗)

なので、ちょっとは走ろうと、以前から考えていた「多摩川を河口まで」行って来ました。

 

途中、「あ、いいな」と思った景色で写真を撮るのですが

天気も悪ければ腕も悪くてあまりいい写真になりませんでした。

せっかくいいカメラ買ったのにもったいない。

 

こんなのとか

 
こんなの

 
 
さて、本日の行程
13:15 出発
14:40ごろ 府中の7-11
16:10ごろ 多摩水道橋
17:00ごろ 上丸子のファミリーマート
 
見てのとおり夕方です
たぶん、そのおかげで、面白い写真が撮れました 

 
 
 
これ、場所は六郷土手とかその辺なんですけど
太陽の光が雲に反射してうっすらと虹ができてるんです。
普通は太陽と逆方向にある霧や雨に反射するものですが
同じ方向に見えるってことで珍しい現象。
 

もうちょとっと下ったところで1枚
川が広くて河口が近いのが良くわかります
17:40ごろ河口っぽいところに到着。
サイクリングロードも途切れたし、事実上のゴールと思います。

 
こんな鳥居がありました。
あとから調べたら、天空橋駅のすぐ近くでした。
 

記念撮影
 
せっかくだから羽田いこうかなーと
もうちょっと走るのですが
怖いトンネルが出てきたので引き返しました。

離陸する飛行機と。
 
さて、このあと鳥居まで引き返したら18時
すぐに真っ暗になっちゃいました。
 
ということはですよ?
夜景好きにはウハウハなわけです。
まあー、撮影ポジションがなかなか見つからず撮れたものは少ないんですけど。

 

 

下流側から第一京浜越しに川崎市街地

 

同じところを約1km上流側から

丸子橋の上から下流側を
この時19:18
 
このあと、サイクリングロードが走りにくいところになるので
二子橋から溝口へ抜けて府中街道を走ります
 
20:00ごろ登戸近くの松やでお食事
この前撮った写真のやりなおし
立日橋をすこし下流側から21:46
 

ここから約1時間で帰ってきました。

 

走行距離117.5Km

大台突破!

 

うん、ロード買う前に走れてよかった。

 

| | コメント (0)

駄サイクリング+コスプレする人向けメッセージ?

9・16 快晴

本当はさ、秩父走ろうとか、奥多摩越えようとか無謀なこと考えていたんだけど。

 

 

7時起床

 

そして二度寝

 

12時起床

 

この時点でやる気半減

夜に山を走ると危険なので、多摩川へ出陣することにします。

海まで50km 往復100kmちゃれんじ~

 

気分いいので、サイクリングロードに出たところで景色撮ってみた(笑)

 
PENのポップアートというフィルタ
うん、いい感じ
でもって、この後順調に進むんですが
10kmくらい進んだところで 財布を忘れたことに気づきまして
水やらエネルギーやら切れたら帰ってくるのが大変ですので
泣く泣く引き返しました。
 
帰り道、ちょっと気になる風景があったので河川敷に下りてみた
 
 

誰がつくったのかなぞなブランコ

なんか某モンスターハンターかなんかに出てきそうな。

人が座るのにいい感じな石
右の方の石では、どこかのおねいさんがDSやってた(笑)

倒木

ね?いい感じじゃない?

ファンタジー系のコスプレする人の撮影に(笑)

 

で、まぁ

この日は結局20km程度のサイクリング

まったく走った気がしないので、題名のとおり ださい。

| | コメント (0)

レモンチェッロ仕上げた

レモンチェッロ仕上げました
本当は12日にやっておきたかったんだけど
一週間でよいところ10日置いちゃった。


こちらが抽出液


ちょっとだけ色がにごった気がするけど、たぶん大差はないと思う。
 
でもって、このあと1.5Lの水に砂糖800g溶かしたシロップ作ったり、それで割ったり地味な作業があるんですが、すでに去年書いているので割愛
 
結果、約2.8Lできました。

 

あれ~緑色が薄くなった
砂糖で還元されちゃったなぁ・・・とは理系の発想?
 
でも以前作ったのと比べるとこのとおり

鮮やかな色がいいかんじでしょう?
 
ちなみに、まだ落ち着いてないので味が固いですが
香りは冬のものよりすこしすっきりめです。
 
だがしかし!
 
私、うっかりしていたんですよ。
酒税法なるものがありまして、このように割って作ったものであっても
「他人に振舞うことはできません」
本人が飲むならいいらしいんだけどね、変な法律よね
 
したがって、もし欲しい人がいたら・・・
たまたま遊びに行って、そのときに自分で飲むために持ち歩いていて
「置き忘れてしまい」、「誰のものかわからないけど飲んでみた」
というような状況でないと、皆様に差し上げることができません。
 
いやー、残念だなぁ
 
要するに、僕と遊んでください(笑)

| | コメント (0)

ある日~パパと~二人で~

ということで月末にポチりました
 
3Kg
 
冬の倍を作りたいので2kg分
量ったら17個でした
 
2時間後

このようになりまして

例によってこれ
 
今回は2瓶使います
 

 
どばどばーっとな
 
注いだらすぐにきれいな色が出てきます。
グリーングリーン♪
 
続きは1週間後!
 

| | コメント (0)

ダージリン3種飲み比べ

過去日記

8/6のコト・・・(汗)

 

Gclefで今年のセカンドフラッシュを3種類飲み比べしました

 

写真がキチャナイので文章のみ on_

 

ロヒニ農園 PP-14 Enigma

芋っぽいアッサムにある香り、あるいはりんご?

口当たりは碧螺春、笹っぽい青さとほのかな甘みを感じたあと

後味を残さずさら~っと流れていく

渋みがキリっとしていれば楽しいお茶になるんだけど渋みは薄く

コクがまったく感じられないため、これだったら碧螺春飲んだほうがいいかな、ということで自分としては選択対象外

 

マスカテルバレー農園

ややチェリーっぽいニュアンスがある木のような香り

口当たりは甘くその直後にどっしりと渋みが乗る。

渋みはキレが良く、蒸留酒の樽香のような香ばしさを残して消える

じゃあ、美味しいの?と言うと、フルーティな香りを持つものに比べると華やかさも甘みも少しずつ負けている。それを補って余りある「つよさ」がこのお茶の魅力、自分としては買いだけど他人にはお勧めしにくい

 

サングマ農園 DJ-149

口当たりは軽く抵抗感が少ないが、すぐにマスカテルフレーバーが口に広がり、甘みも膨らむストレートな飲み口のお茶

フルーティな香りなのだけど、何のフルーツか特定できないいろいろな香り。

後味に渋みが少し残るのが残念。

バランスは良いのでかなり優秀なお茶ではあるのだけど、何かひとつ特徴が欲しいような。

 

サングマはDJ163と並べてテイスティングしないと評価しにくいかも知れません。

 

もちろん買ったのはマスカテルバレー

一昨年までならenigmaも「面白い」と買っていたと思うのですが、ここ2年くらいはだんだんと「渋み好き」に自分の傾向が変わりつつあるような気がします

| | コメント (0)

アッサム2009

過去日記

9/3 ジークレフに行ってまとめてテイスティングしてきました。

 

アッサム5種類+ドアーズ

 

左:カゴリジャン農園
右:ノナイバーラ農園
 

左:バナスパティ農園
右:ドアーズ プッダルシューラ農園

左:マンガラム農園 FTGFOP1 clonal
右:マンガラム農園 FTGFOP1 CL special

6つ並んだところを撮ってみた
こうやってみるとマンガラムのCL Specialだけ色が明らかに違う
あとはカゴリジャンがちょっと濃いくらいで、色合いも差がすくない
 
 
以下感想
 
ドアーズ プッダルショーラ農園
アッサムのような木質感の中にかすかにレモンのような柑橘系のニュアンスがある香り
火入れが強いとのことで、そのせいか口当たりはすっきりとして引っかかる感じがなく飲みやすい
飲み込んだあと、喉にすこしコクを感じて、香ばしい香りが残る
強さはないけど飲みやすい
 
バナスパティ農園
昨年は驚くほど香りがよいお茶だった農園
今回のはかなりおとなしめで、香りの特徴は少ない
口当たりは、豆や根菜のようなほのかな甘みがあり
ふわっとやわらかい渋みで程よい刺激を楽しませてくれるが
後味にすこし苦味が残るのがとても勿体無い気がする
 
ノナイバーラ農園
カップからはお芋系の香りが漂う
それなら、と甘さを期待して口に含むと、薔薇や杏のような香りが乗るアッサムのような
軽くて渋みがすっきりした味がして、やや戸惑う
すこし時間が経って香りが落ち着くと飲みやすいので良いものの
香りと味が違うのはやっぱり苦手だ
そこにこだわらなければバランスも良く、値段から考えるととてもお買い得
 
カゴリジャン農園
黒糖のような香りを持つアッサム
以前のメレン農園のファンなら確実に気に入るタイプ
ただ、香りに比べてやや甘みが不足していてすこし渋みが強めなので
たとえばキャベツやほうれん草のような野菜の甘さを思い出す味
(青臭くはない)
今年のは全体的に甘さが不足傾向?
 
マンガラム農園 clonal
こちらも黒糖系の香り
甘さもほどほどで飲みやすいのだが
いかんせん渋みが少なすぎて不満が残る
ストレートで飲むことが多く、渋みが苦手な人には良いと思うけれども
どちらかというとカゴリジャンをおすすめしたくなる
 
マンガラム農園 CL special
すずらんのような香りとの紹介だけど
飲んだ感じは薬っぽい香り、樟脳の香り?
香りは以前リーフルにあったタルボ農園のエメラルドに似ている。
口に含んでも同じ香りがして、甘さ、渋みともにほとんどないので
香りが鼻に抜けるのを楽しむようなお茶になる
とてもすっきりしているので、やはり渋みが苦手な人なら気に入ると思うけれども自分は明らかに要らないお茶
 
こういうものをGclefさんが仕入れるのもそうだけど
「産地から出てくる」という点も考えると
最近は渋みがまた敬遠される傾向になってるのかなぁ?と思う
 
さて、テイスティングの結果
味のバランスという点で考えて、カゴリジャン、ノナイバーラ、ドアーズの3点を購入。
それにしても去年からドアーズが優秀だなぁ。
 

| | コメント (0)

オフ会

9/6 今日はmixiのコミュでオフ会でした

昭和記念公園でばーべきう

 

いろいろあったけど文章書くと長いんで箇条書き

 

・8月は雨やら神戸遠征やらでぜんぜん乗ってなかったから自転車で行った

・ほぼ一月ぶりに取り出した自転車はメンテが大変(自業自得)

・おかげで集合ギリギリ

・おかしいなぁ、小学生のころとタイム変わらない(秋川ー西立川間)、運動不足って怖いね

・自転車乗りは酒飲んじゃいけないっていうんで自家製ジンジャーエール持ってった

・けっこう受けた!

・さすが自転車乗りのコミュだけあって話題は自転車ばかり

・峠とか峠とか峠とか・・・おそろしや

・女性陣はみんなほっそり、やっぱり健康にいい趣味なのね

・女性の皆さん!体型維持には自転車ですよ!

・特にヒップアップに効果的らしい

・コミュメンバーに農家の方がいらっしゃって差し入れ新鮮野菜

・セロリ旨いと思ったのは久しぶり

・とうもろこしが生で食える、しかも甘い

・あまった野菜はご夫婦の参加者が手分けしてお持ち帰り

・あ、レタスが一個

・自転車だけど担いで帰る(笑)

・あっという間の4時間でした

 

ほかの皆様は電車移動だったので、終了後すぐにお別れ

僕は久しぶりに来たので園内を一周してみた

 

新しいカメラがうれしくて何枚かパシャパシャ(笑

ありがちな写真

昔はなかった北側の公園
「日本庭園」の部分の池
この写真に向かって左側に東屋があるので
そこで休憩したら気持ちいいだろうな~

やはり10数年前にはなかった
砂川の出口
なぜか日本家屋風

出口でてすぐの交差点にあった、ブルーベリー畑に
手作りジャムの自販機が(笑)
 

この後、ひとつ着けたいパーツがあったので、砂川のCBあさひまで走って取り付け作業を頼み

作業終わったらちょうど17時

 

お茶のみにどこかへ行きたかったんですが、たまには明るいうちに帰ろうと思って帰宅しました(笑)

途中でセンサーがズレていたので正確に測れていないけど

合計走行距離はたぶん40kmくらい

 

これくらいだと走った気がしません

| | コメント (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »