« サイクリングをして、なぜかお茶を飲んで帰ってきた | トップページ | 物欲開放 »

女神降臨 あるいはライブレポート

ということで先月・・・ライブ2本行って来ました

もちろん昭乃さんです


7/19日の日記にも書いてましたが、まずは大阪

この日は新幹線が大雨の中を疾走、窓一面に水の膜が張っていました
こんな天気でライブか~と思っていたら、大阪に着いたら見事に止んでいました。
自分雨男なのに奇跡だ。

 

布教活動として紅茶のお友達を誘っていたのですが、体調悪くて寝坊しちゃったとかで大騒ぎ
なんだかんだで、10分遅れで会場に入ったところ。

ちょうどぴったり始まったところでした。
ものすごくラッキー

 

その一週間後の東京は、というと今度は自分が寝坊、というより暑くてバテバテ
お茶を買いにいったりしたかったんだけど、こちらもライブだけのお出かけになっちゃいました。

 

曲目はほとんど一緒だったので、駆け足で感想

 

1 鏡の国
毎度毎度、最初は不調の昭乃さん
曲の中で変化が激しいこの曲はちょっと難しい気がするのですが
(以前のNEW WORLDでズンドコ始まるくらいの方がわかりやすい)
ちょっと高音が力不足かな?というくらいで歌い上げていました。
同じアレンジなんだけど、大阪の方が静かめだったかな?
ミキサーの人の嗜好がかなりちがったぽい。東京の方が全体的に声が聞きやすかった。

 

2 Monday Tuesday
黒い羊が仕事へ向かう~
どう考えても風刺の歌

 

3 ターミナル
んー、まだ聞き込んでいないのでちょっと印象に薄い曲
東京も大阪もあまり覚えてない。

 

4 きれいな感情
東京で出オチした。会場から「かわいー」「だいじょぶ!」「もういっかいー」等の声が
もうちょっとリアクションあってもいいし、舞台側の開き直りコメントで客席黙らせてもいいとおもうけど
昭乃さんのライブは静か過ぎるからこういうときだけちょっと上手くいかない。

 

5 虹色の惑星
そして2曲連続で静か目の曲
今回は最初から調子良かったようですがそれでも3曲目までに比べると声も安定してきました。

 

6 The Tree of Life
今回のライブ「ソラノスフィア」はアルバムタイトルでもあるんですが
個人的にはこの曲が裏タイトルだと思っています
世界樹を歌いながら、なぜかこの人が歌うと身近に感じる

 

7 ノルブリンカ
そういえば、4曲目からこの曲までかな、舞台前面に透けるスクリーンが張られて
前のスクリーンと奥のスクリーンに同じような映像を流すという演出をしていました。
立体的にぼんやり光る明かりの中で、静かに歌い上げる宝石の庭
音が静かに流れる幻想的な空間でした。

 

8 印象
印象に薄い印象という曲(汗)
とても聞きやすい曲なんですけどねぇ・・・

 

9 太陽の塔
バックのスクリーンに太陽の塔のシルエット
大阪に誘った人が「これ、東京だったら東京タワー写すんですかね?」と
曲のタイトルとは思わなかったようです。
一日が静かに終わりそうな曲

 

10 Adesso e fortuna~炎と永遠~
「弦楽器ならなんでも弾ける」らしい渡辺等さんが
マンドラ(マンドリンの一回り大きい楽器)を持って
空の森でリュートで歌ってるオリジナルと似たような編曲ですが
声の張り方や楽器の音量やピッチ、緊張感
いろいろあって、完成度はこれ以上は望めないんじゃないかと思う演奏でした。
東京で誘った人は音楽に相当詳しい人だったんですが
一言「見事でしたね」と

 

11 夜気
続けて「懐かしい曲を歌います」と言うのでいろいろ期待したらこの曲
自分としてはごく最近の曲だと思っていたら、もう6年も経っているんですね。

 

12 Lhaza
知り合いの
白血病の女の子と
作り上げた曲

そんな悲しいエピソードも語ってくれましたが
演奏はというと・・・

 

ドラムのASA-CHANGは、先が毛玉のバチをもって
お尻の方を使ってたたいたり、口にくわえて鉦に持ち替えたり
大忙し、八面六臂とはこのこと。

 

ベースの渡辺さんはもっとすごい
弦を爪弾きながらチューニングを伸ばしたり縮めたり

どれだけの音を要求しているのか、ちょっと想像しがたい景色でしたが、
それに応えるサポートメンバーがすごいと思いました。
その超絶的なバックに支えられて、歌いあげる歌
この曲もかなり異世界をつくっていました。

 

13 ガレキの楽園
普通の曲に戻ると安心します(笑)

 

14 降るプラチナ
ワイヤーが見えちゃうのが少し難だけど
舞台の上に降り注ぐ光の演出は見ごたえありました。

 

15 鉱石ラジオ
昭乃さん
「数少ない踊れる曲です、踊るなら今ですよ~ いいの~?」
いや、かわいいけどさ(笑)
そうそう簡単に踊りださないのがファン
最近mixiでも2chでも話題になるけど、このあたり確かにもうすこし客側の動きがあってもいいかな、とは思う

 

16 Orient Line
印象に薄い曲その2、ごめんなさい

 

17 Haleaka
東京で
じゃぁ、最後の曲です
「やよいちゃーん、準備できてる~?」

 

客席ザワザワ

 

そしてなんと女神復活 

(その昔 GODDES IN THE MORNINGというユニットをやっていた)

 

どこから出しているのか分からない超音波と
音楽に乗ってクネクネと踊り、全身で表現する弥衣さん
見ていて純粋に楽しめます。

 

大阪ではイマイチに感じたアレンジでしたがコーラスが入ったら引き締まって
とてもききやすかった

 

そのまま東京のアンコールは、当然のようにFlower Crown 

(上記ユニットで歌っていた曲)

そして、新曲「蜜の夜明け」
昭乃さんの紹介が面白かった


オープニングに使われているアニメは「超歳の差カップルの話です」

 

それからギター弾き語りでat Eden

 

大阪では新曲とピアノ弾き語りの美しい星でした
こちらはこちらで好きな曲なので満足

 

 

両方行ってよかったと思いました。

 

ホガリ君シールとか「私だって怒るんだぞ」とか
面白い話がいっぱいあるのですが、時間経っちゃってて記憶あいまいなので割愛

 

さて、明日は新シングル(ライブのアンコールで歌った蜜の夜明け)が届くから
聞きまくるぞー

 

|

« サイクリングをして、なぜかお茶を飲んで帰ってきた | トップページ | 物欲開放 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« サイクリングをして、なぜかお茶を飲んで帰ってきた | トップページ | 物欲開放 »