« 辛い季節がやってきた | トップページ | くもりぞらさんからサンプルとどいた »

紅茶いろいろ試飲

忘れないうちに書かないと。

 

13日のリーフルの帰りにGclefにも顔を出したら、蜜香紅茶の極品が入荷しているとのこと。それがまた入荷が少なくて一斤(600g)とか!


販売が25g単位でしたが、そうすると8人しか試飲できないことになります。

これは飲みたい!!

だけど、30種類飲んできたばっかりで舌に自信がない、ということで次の夜勤明けの15日に大急ぎで行って来ました。


極品蜜香紅茶
カップからはっきりと甘い香りが立ち上る
口に含むとまず甘さを感じ、そのあとにフルーティな香りに変化してトロりとジューシーな味わいになる。
パイナップルに似た香りだけど、蜜の香りが花蜜より黒蜜に近く香ばしさもあるので、フルーティな香りと合わせてフルーツとうもろこしを食べた時の感触になった。
どこまでも甘さが続くので勘違いしたくなるが、渋みもしっかり乗っているのでコクもあり満足度が高い
甘さのおかげで後味は軽く飲みやすい

 

極品でない(普通の?)蜜香紅茶と比べると、値段が2.5倍あり少々手が出にくい感じがするけれども
味をベースに見たら2.5倍では効かない価値があると思う。

紅茶を休みの日にゆっくりと飲むようなスタイルの人なら、文句なしにこの極品をオススメするところ。

2.5倍以上の幸せが味わえるはず。

 

同じ理由で自分は買わない結論にりました
というのは、値段以上の美味しさはあるものの、その味わいの傾向が普通の蜜香と同じで、延長線上にあると感じたから。
すると、自分のように普段水がわりにしている場合、淹れ方も飲む場面によって適当なので100%の味を引き出せないと極品は勿体ないというのが一つ
それから普通のものをたくさん飲んだ方が、美味しく淹れられたものから、ちょっとズレたものまでいろいろと楽しめる範囲が広いだろうというのがもう一つの理由

 

珍しくべた褒めするお茶が、それゆえに購入対象にならないとは不思議なものです。

 

さて、日付は進んで24日
池袋まで足を伸ばしてダージリン拷問会、失礼、ルピシアのファーストフラッシュフェスタ行って来ました。

ルピシアというお店は、世界中のお茶を一つのお店でそろえているので当然利用価値は高いし、紅茶に詳しくない人があれこれ試しやすいという意味でも良いお店だとは思うのですが、余計なもの(=存在価値のわからないフレーバード)が多く、コストパフォーマンスも悪いのでちょっと好意的にはなれません。

 

基本的にはファーストフラッシュを全種類飲める会なのですが、それ以外にもせっかくのダージリンにわざわざ香りをつけたお茶やニルギリ、日本茶の試飲
プチマルシェと名づけた菓子やジャムの販売なども同じ会場でやっていました。

 

夜勤明けヘロヘロなので、ダージリンのみ急いで試飲します

ところで、ですね
多分淹れ方の問題なのですが
味がない、不味いという印象ばかりでほとんど評価できないんです。

ルピシアの場合、リーフル(300ml3g)やジークレフ(300ml5g)より濃いバランス(300ml6g)で淹れているはずなので味がないと感じることは少なそうなんですが、不思議です。

 

ピュッタボンクイーン(DJ11)
リシーハットフラワリー(DJ15)
シンブーリDJ5
アリヤホワイトパールティ
など50g3800円、25g2000円なんていうお茶がそろって売りきれなのはびっくりした、売りきれなので試飲も中止
マーガレッツホープ(50g2600円)は名前で売れたのかな。
カンチャンビューがなかったのはなぜだろう?

 

ということで、飲めたものだけひとくちインプレッション
「薄い」とか「味がない」ばかりで感想書きたくないのが本音(汗)

 

ノーストゥクーバーDJ1 爽やかさあり、薬感のある香り
スタインタール DJ2 おそらくバランスは一番よい
シントンDJ1 香りにレモン感あり、薄い
バーネズベグDJ7 花蜜の感じはあり、薄い
バタンタンDJ15  焙煎香の香ばしさ、後味のキレは良い、味がない・・・
アリヤDJ2 オレンジ感あり、渋みが喉に張り付く、香りは良いので安ければ買うかも
ミムDJ3 変に青い香り、甘みはあるので一般受けしそう 値段も頃合
ドゥーテリア DJ2 渋みの感じはよいが、甘みも香りも薄い
オレンジバレー DJ41 甘み薄く特徴ない、グリニッシュでファーストらしくはある
マリボン LCD14 キウイのようなフルーティな香りあり、味ないがコストパフォーマンス良い
グレンバーンDJ1 焼き菓子の甘さ、バランス悪いが特徴的なので安ければ欲しい
スノービューDJ9 全体的に及第点以下だが、バランスは良い、人気なのも頷ける
ヒルトンDJ1 ヌカのような粉っぽさ、味薄い、しっかり淹れれば淡い風味?
ナムリンDJ17 バランスは良いが柑橘系のニュアンスは感じなかった
ラングリーラングリオットDJ5 薬感、味薄い
ティースタバレーDJ13 草そのものっぽい、甘みが薄くては飲みにくい
アッパーファグDJ1 ハーブ感はあった、やはり薄い
サングマDJ1 オレンジぽい香り、渋みもあったのでちゃんと淹れれば美味しそう、3000円では買わないが
ソウレーニDJ5 爽やかさを強調したあおり文句だが、味が薄くてだめ。香りはややフラワリー
オカイティDJ12  渋みは十分あり素性はよさそう、香りと味のバランスが悪いのが難点
ゴパルダラDJ5 チェリーか?という香りがあった。このフルーティさは悪くない。
ピュグリDJ35 雑味が多いが、味はしっかりしていて花蜜感もあり
バラスンDJ5 グリニッシュで甘みもあり、値段によっては考える味
シンジェルDJ7 焙煎香もあり、確かに甘みもある、まぁまぁ
ジュンパナ・アッパーDJ4 苦くて不味い
キャッスルトン DJ5 グリニッシュでバランスが良い、2000円なら買う味
ティンダーリアDJ1 ミントというよりセリっぽい、苦味も伴う香りだが嫌味ではない。
ロヒーニDJ10 ゴマのような香り、味とちぐはぐ、不味い
ロングビューDJ5 判断できないほど味がない
ギッダパハールDJ8 焙煎香はあるけれども味とバラバラ、甘みも薄い
グームティDJ9 フルーティで渋みとのバランスも良いが、後味がちょっと変
タルボ・ムーンストーン DJ6 フラワリーな中にミント香、甘みもある

 

で、飲んだ感想として、もしもまったく手持ちの茶葉がなければ検討するのは
スタインタール、バダンタン、アリヤ、ミム、マリボン、グレンバーン、スノービュー、アッパーファグ、サングマ、ゴパルダラ、バラスン、シンジェル、キャッスルトン、グームティ、タルボ

この中で、コストパフォーマンスが悪い(味の割に高すぎる)として買わないのは
スタインタール、アリヤ、グレンバーン、サングマ、バラスン、シンジェル、キャッスルトン
スノービューとマリボンはコストパフォーマンスから見ても買ってよいかと思います。
それ以外のバタンタン、ミム、アッパーファグ、ゴパルダラは、特徴が気に入ったら良いかと思います
タルボは、うーん・・・悪くはないけど、他店を圧倒する高価格なので、他の店の特別なロットを選ぶかなぁ、と思う。

 

もうさ記念品もいらないし有料でいいから、ちゃんと淹れたのを飲ませて欲しいんだよね
千駄ヶ谷に本店があったころにやっていたように、ポットで淹れたのにコジーかぶせておいて、飲みたいものを茶杯に注いで飲んでいく感じが良かった(運用コスト的にも無理がなさそうだし)

マーケティング的には大勢に宣伝したいから無料で記念品も出して人を集めているんだろうけど、その分肝心のお茶が不味くなっちゃったら意味ないよなぁ・・・

 

しっかり味わって、美味しければ買いたいっていう考えの人も少なくないので
別立てで一日だけそういうイベントやっても損はないと思うんだけど、ルピシアさん考えてくれませんか?

|

« 辛い季節がやってきた | トップページ | くもりぞらさんからサンプルとどいた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 辛い季節がやってきた | トップページ | くもりぞらさんからサンプルとどいた »