« お茶ツアー | トップページ | 茶道楽オフ会 »

新茶が来たよー

入荷情報を見たら吉祥寺に向かう習慣がついてしまっている気がします。

これでいいんでしょうか?

 

ということでまずはジークレフ

雲南金芽茶です

 

 

金芽茶は要するにゴールデンチップのお茶
発酵度から見ると紅茶ですが、中国のお茶でもあるので工夫式で淹れても美味しく飲めます。
今回は紅茶風の淹れ方
 

 

芽だけのお茶なので、大きさのそろった綺麗な茶殻です。
 
さて、こちらの味ですが
以前も別の年の金芽茶を飲んだことがあって、そのときのお茶にくらべると今年のものは少し大人しい感じがします。
 
抵抗なくスルスルと飲める感じはこのお茶の特徴ですが、一口めはお茶の甘さを感じ、そのあとアッサムやキーマンと共通する「土っぽさ」が表れ、次第に「ウッディな」と表現される木質感に変わります。渋みが少ないお茶なので甘みが前面に出ますが、たっぷり甘いお茶というほどではないのが残念。余韻は草木の香りを残して甘みがふっと消えるのでなんとなく物足りなく感じてしまいます。
(渋みが濃いお茶ばかりに慣れたせいでもありますが)
この点、甘みがもうすこし深いと黒糖のような雰囲気が出て余韻も残ってさらに美味しいので、もしも(もっとお値段が張っても)もう少し濃い味の同じお茶があれば、と思うところでもあります。
といいつつ、「この味のお茶」は他に近いものがないので買って帰るのがオタクの行動
 
そして、そのままリーフルへ

 

DJ-1テイスティングセット
お店でテイスティングすればいいのに、ちょっと欲しくなった(笑)
 
 
何をテイスティングしようか少し迷って、1stでいつもいい感じのグームティとオカイティ、それから毎年豆っぽい味を出すタルボをお願いしました。
 


 

こう、写真で見ると分かるんですけど、今年のは結構濃い色が出ています

左から順に

 

タルボ DJ1

日本の緑茶にある、あの香り。ペットボトルでよくある「濃いお茶」で感じるのでカテキンの香りなのか。そういう濃さがまず表れ、そのあと少し豆のような甘さ。

以前の小豆に比べると今年のはインゲン豆かも知れません。

甘みは十分にあるので飲みごたえがあり、後味はさっぱりとしていますがキレ(渋みによる収斂感)ではなくふわっと消える感じ。

抽出時間を置いたものは、豆の感じも甘みも同様に増えているので、時間による変化が少ないお茶。逆に言うと淹れやすいってことかも。

 

オカイティ DJ1

やや柑橘系のさっぱりとした香り、その香りを裏切らない甘さ。

ただ一瞬あとに少し苦味を感じて飲みにくかった。

単品で飲んだら気づかないかもしれないけど、テイスティングした結果としてはどうにも(汗)

味の傾向としては、少し前に買ったジュンパナのDJ1と似ているので、この味を積極的に欲しくならないのも理由のひとつ

 

グームティ EX2

期待に近い味

碧螺春のようなうっすらとした甘みが先に出るお茶

そのあと、「すずらんのような」と表現される香りに、みかんやオレンジの「白いところ」のようなニュアンスを少し感じて、ゆっくり消えていく。

儚げな雰囲気のあるお茶

 

ということで、買ったのはタルボとグームティ

それから限定品のグームティEX3、EX2が期待通りならEX3も不味いことはないだろうという理由で(笑)

 

こちらは今日飲んでみました。 分量もカップも違うので単純比較できないけど。

渋みが口を引き締めたあと、甘みと香りがふわっと広がるお茶

香りはEX2に比べるとフルーティで華やか。記憶の中で一番近いのはライチですが、友人はマスカットだと表現していました。

そのあと香りはすぐに抜けて、渋みと甘みの余韻が続きます。

 

お安くはないのであまりオススメできないけど、フルーティな感じは確かに美味しいです

 

さて、そうこう言ってたらジークレフにまたニルギリが入荷しました。

ニルギリ祭り?

|

« お茶ツアー | トップページ | 茶道楽オフ会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« お茶ツアー | トップページ | 茶道楽オフ会 »