« ディンブラ買ってきた | トップページ | 紅茶ジャムの覚書 »

作ったリキュール類に加水するための覚書

ええと、アルコールというのは容量%だから

 

度数=溶液中のアルコール量/溶液の総量 ・・・①

 

要するに100mlのアルコールに水を足して200mlにすると50度

(100mlのアルコールと100mlの水を混ぜても180mlくらいにしかならない

 どういう割合で混ざってるかは溶液によって異なるので分からないけど

 50度の溶液200mlを蒸留すれば100ml取り出せることになる)

 

すると溶液中のアルコール量は左右をそれぞれ溶液の量で割って

 

 アルコール量=度数×溶液の量 ・・・②

 

水をいくら足してもこの量は変わらないので

出来上がりの溶液の度数は ①に②を代入して

 

 加水後の度数=加水前の度数×加水前の量/加水後の量

 

ということであどのくらい加水すれば良いか知りたいので量を基準に置きなおすと

 

 加水前の量=加水後の量×加水前の度数/加水後の度数

 加水後の量=加水前の量×加水後の度数/加水前の度数

 

ということは、今回のですと40度のアルコールを使ってますので

これを30度にしたい場合

加水後の量=加水前の量×4/3

 

単純に、出来上がりの量が、目的の度数/元の度数倍になればいいのか。

 
よし、把握した

|

« ディンブラ買ってきた | トップページ | 紅茶ジャムの覚書 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ディンブラ買ってきた | トップページ | 紅茶ジャムの覚書 »