« 作ったリキュール類に加水するための覚書 | トップページ | さんぽしてきた »

紅茶ジャムの覚書

ちょっと作ろうと思って読み返したら

 

僕のばかぁぁっ

 

以前作ったときのレシピ

http://myhome.cururu.jp/akigawa/blog/article/41001477296

 

最終的な分量書いてないじゃん

 

まぁ・・・試すしかないわな

 

とりあえずHMかLMか分からないのが問題

つかったペクチンに乳カルが配合されてるから

LMタイプという気がするけどどうなんだろう

 

HMなら・・・糖度55%以上 Ph2.7~3.5で凝固するという条件

以前作ったのは80gも入れてなかったはずなので糖度がおかしいなぁ・・・

Phの条件がまた微妙、Phは溶液を10倍に薄めると1変わるから、レモンのPhが2なので、1.5変わっても平気ということは、約32倍。

100mlに対してレモン3mlで固まる訳ですね

 

どうやらライムの方が酸が強いらしくてPh1.7とか

そうすると、約60倍に薄めても3.5に収まります(log60=1.77)から、300mlにライム5mlでいい。 うん、紅茶の味を保つのに現実的。

 

LMタイプならPh気にせずに固まるから酸入れなくてすむ(笑)

固さ調節できたからこっちかな・・・?

 

クリームダウンを抑えたいからそこが問題なんだよなぁ。

カフェインとタンニンの結合が問題ということで、還元性あるもの入れておけばいいんだろうけど。 あ、ビタミンC入れるか(オイオイ

|

« 作ったリキュール類に加水するための覚書 | トップページ | さんぽしてきた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 作ったリキュール類に加水するための覚書 | トップページ | さんぽしてきた »