« レモン!レモン! | トップページ | 冬の球体・・・もしかして国外逃亡フラグ? »

Tea,I drink with jam and bread.

ドは雌の鹿~

 レは日の光~♪

 

・・・失礼しました

ジャムとお茶の感想を書こうとしたら、ついつい脳内でドレミの歌が回り始めた秋川です。

 

ということで最近買ったお茶とジャムをレポート

 

お茶は青山ティーファクトリーのもの

 

ラバーズリープ OP

お茶からあがる香りは青々しく、やや葡萄(赤い方)のニュアンスを感じる。

飲んだところ、口当たりがとても甘くどっしりコクがある。

香りはやはり青々しく、紅茶ながらも緑茶のようなアミノ酸系の味も楽しめる、その中にややナツメやプラムのような赤い実の印象があった。

(↑と言っても生のナツメなんて食べたことは無いんですが)

時間を置くと後味にすこしスモーキーな印象。ワインなら「タバコのニュアンス」と表現されるのではないかと思う。渋みに慣れていない人は3分か5分かで区切って茶葉を抜いた方が良さそう。

 

長めに抽出すると味のバランスがくずれてしまうことを差し引いても、香り・味ともに濃くて満足度は高い。

このお茶が100g1260円なのはコストパフォーマンスがとても優秀。

 

さて、あわせていただいたのは、ジークレフで買ったジャム

 

フィグ&ルバーブのコンフィチュール

食べた瞬間「何だか分からない」(笑)

野菜、果物、それらのどれにも当てはまらない感触がある

一瞬あと甘みが来て、フルーツらしさを思い出す

いちぢくの甘みとルバーブの酸味、どちらかが強いのではなく上手く混ざっているバランスで、そこにスパイスの香りも加わっているので材料を見なければ一つとして当てるのは難しそう。

今回はお茶請けになめて見たけれども、スパイスが効いているので、バターの香りと相性が良さそうで、パンに付けて食べてみたいところ。

あるいは料理が得意な人だったら出汁で溶いて豚肉のソテーにしたりしても美味しく出来そう。とにかく利用範囲が広そうなジャムです。

 

余談、秋川式Do-Re-Mi直訳詩

ドはメスの鹿

レは日の光

ミは我呼ぶ名

ファは遠い道

ソは針仕事

ラはその次よ

ティーは水代わり

ドに戻りましょう

 

苦情は受け付けません。

|

« レモン!レモン! | トップページ | 冬の球体・・・もしかして国外逃亡フラグ? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« レモン!レモン! | トップページ | 冬の球体・・・もしかして国外逃亡フラグ? »