« 珍しく映画をみた | トップページ | ジンジャーエール »

モヒーニ

この前の日記で書いたカフェ&スイーツとメトロガイドに載っていた気になるお店に行ってきました。

場所が曙橋だったんですが、一駅乗るのもばかばかしいので、乗り換え駅の市ヶ谷からザクザク10分ほど歩きました。

お店は曙橋駅の付近で上下に交差する道の方向へちょっと登ったところにありました。


店内は真ん中に大きな8人テーブル+2人テーブル6つというすっきりした作り。
もう少し席を増やせそうですが席間が広くて好感持てます。

 

頼んだのはアッサム スリーシバリ農園と、スモール・アフタヌーン・デイッシュ
 (パウンドケーキ・スコーン・サンドイッチのセット)

メニューを見るとサンドイッチ500円とか普通ですが全体的に(おそらく意識的に)価格を抑え目にしてある様子。好きに組み合わせて食べて欲しいってことでしょうか。良いと思います。

 

ポットは大きめ、500mlくらいあったのでたっぷり3カップは飲めます。

 

落ち着いている色使いの茶器たち
ちょっと液ダレするのが気になった・・・

お茶は杏っぽい香りがスッと抜けたあと、後味が引いていく感じ
2杯目はミルクで、と言われたけど、
味が全然出てこないのでずっとストレートで飲めました
これ、渋みが苦手という人には美味しいはず。
 

ディッシュプレートは、それぞれかなり小ぶりですので
雰囲気を楽しむものかなー、と思います。
行き慣れているお店と比較しちゃいけないね
 
クロテッドクリームをたっぷりめ、とリクエストしたら
普段の倍くらい入れてくれたみたい。
それでも自分が使いたい量の1/3だったけど(笑
 
パウンドケーキが約8mmのカット
ここだけはもうちょっと欲しいかな。
 
会計のあと、雑誌見て来ました~と言ったら、店長さんが熱く語ってくれました。
茶葉はえいこく屋のものをそのまま使っているわけですが、リーフルなんかより(笑)いいものを仕入れているとか。

喫茶はおまけでどちらかというと販売をしたいんだとか。

高いお茶は(私のような?)好きな人が、どこどこのロットNOがどれが美味しいとか口コミでツマミ食いするように飲んでくれればいい、そのかわり本当に売りたいのはデイリーユース用のこっちの茶葉なんだ、と言ってたとえばキャッスルトンのDJ119 FTGFOP・・・と同じロットのTGBOP 150g 1050円を見せてくれました。

こういう考え方は大阪のムジカでも聞いたことがあって、とても共感できます。

(私も紅茶を100種とか持っていますけど、ネタだけじゃないんですよ。

 毎日飲むのがベースにあって、その上で楽しむとこうなるだけ)

 

だからと言って、高いほうの茶葉もちゃんと厳選したものを仕入れているから、飲んで感想があったらどんどんブログでも何でも書いてくれればいい。それだけのものは仕入れている。と

 

その他にもディンブラ DUST1の茶葉とクオカの全脂粉乳がおいてあったり、店名を付けたブレンドもあったり。隙がない感じです。

全脂粉乳を使ったキリテもメニューにありました。

正直なところ食べ物は物足りない感じでしたが、お茶に対する考え方はとても良いお店という印象でした。

 

その路線(新宿線)を使わないと行き難いところですが、またの機会に良いお茶と、その細かい方の茶葉(笑)を味見しに行ってみようと思えるお店でした。

 

さて、帰り道、いろいろ考えて

まぁ、2駅乗るのも面倒だからと、新宿まで歩きました(笑)

 

10分くらい歩いたときの写真



 

写真がしょぼすぎて見えませんが、前方の案内板の向こうに、モード学園の蜘蛛の巣ビルが見えています目の前の坂は結構キツイです。

ここからさらに15分くらい歩いたんですけどね。

 

こんなところ紅茶の用事でもないと通らないだろうという散歩が出来ました(笑)

↑の場所を当てた人、先着1名になんかあげます。

|

« 珍しく映画をみた | トップページ | ジンジャーエール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 珍しく映画をみた | トップページ | ジンジャーエール »