« 冬の球体・・・もしかして国外逃亡フラグ? | トップページ | 珍しいものを頂きました »

紅茶屋が有名になるのは嬉しいけど

 
いつも、定期で通うような勢いで行っている
大好きなGclefが載っているというので
Cafe&Sweetsという雑誌を買って読んでみました
 
その日の帰りに地下鉄の乗換えで
メトロガイドなる小冊子が目に付きまして
「紅茶」と書いてあるので思わず読んでみました。
 
 
さて、中身
カフェ&スイーツの記事で、ジークレフとハッティーが横に並んでいるのとか
ちょいと怒りを覚えたりするんですが。雑誌の記事としては仕方ないんでしょう。
(ニューコンセプト店 ですし)
 

ただ、どのあたりがニューなの?と突っ込みたい
ジークレフの姿勢はむしろ正統的、
「産地が分かる、よいものを」と言っているだけですから。

ハッティーに至っては、以前渋谷にあったLIPTON TEA BARとどれだけちがうのか。雑誌を書くほどの記者が知らないはずは無いのにすっかり無視されてます。

あとはTHE O DORというフランスの紅茶が紹介されていたり。
中身のお茶が多少ちがっても「コンセプト」という意味ではマリアージュフレールとあまり変わらないような・・・?
 
文句ばかり言いたくないですけど表紙の煽り文句が変
単純に「続々増える紅茶専門店」くらいでいい気がする。

 

この手の雑誌の良いところは、知らなかったお店が見つかることもある点

アンシャンテという、やはりフランス流の香料漬け紅茶の店ですが

香料に興味がなくても、ここのティーポットは気になります

http://www.enchan-the.com/

 

今回気になったのは、新宿や四谷近く、曙橋のモヒーニというお店

サイトもありました。

http://mohini-tea.com/

とても真面目な取り組みをしているのがよく分かるお店です

今度仕事帰りにでも行って見ます。


 


 

さて、同じように紅茶専門店の記事が載っていたメトロガイドです。

同じ時期にこういうのがあると

「だれか、紅茶ブームを仕掛けようとしているのか?」とちょっと訝しく思えます。

(うがった見方をしたい訳ではなくて、「もっと日常的に」という応援の裏返し)

それで日記のタイトルになるわけ。

 

さて、中身はメトロ沿線限定なので、カフェスイーツとはそれなりにちがいます。

マユールやケニヤンなんかの以前からあるお店が載っていたり。

青山ティーファクトリーの記事はよかったですね。

マスターが現地でテイスティングをする写真が使われていて、プロらしさが他のお店との差別化を見せていました。

こちらは、やはりモヒーニが載っていたので気になりましたが、他に気になるお店はありませんでした。

 

セントクリストファーガーデン(自由が丘)が「メトロ沿線」として紹介されているのはイイノカ?と思いましたけど

(だったら、東西線沿線でジークレフも紹介しろよー)

|

« 冬の球体・・・もしかして国外逃亡フラグ? | トップページ | 珍しいものを頂きました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 冬の球体・・・もしかして国外逃亡フラグ? | トップページ | 珍しいものを頂きました »