« つり逃した魚は大きいか | トップページ | あ、持ってた »

久しぶりの物欲

デジカメが欲しいんです。

 

ことの発端はWILLCOMの03を買ったところから。

200万画素という、いまどきには程遠くても、それなりの描写力を持っているカメラがついている「はず」の電話機です。

 

メインで使っているマシンはコニカミノルタのDIMAGE Xtという、5年前の名機(笑)

320万画素ですがレスポンスが速いのと、レンズが出ない光学ズーム

それから光学ファインダーつきで、覗いてすぐ撮れるという

大きさとカメラ「らしさ」という二つの要素を兼ね揃えているものでした。

 

で、それに画素数が迫ってきたわけです

バックアップ機として使えるかと思い、ここのところ良く撮っているわけですが

どうにも明るい絵が撮れません。

どう考えてもレンズが悪いとしか思えない感じ。

 

それで、画像修正ソフトを手に入れて03の写真は明るく修正していたのですが、そのソフトでいろいろいじっていたら、メイン機のDIMAGE Xtも少し明るめに修正したほうがバランスがいいことが分かってしまったのです。

 

それで、デジカメについて調べて行ったら、明るい絵が取れるように1画素あたりの受光面積が大きい方が修正が楽だということが分かりました。

しかも自分の感覚と一致していて600万画素、大きくても800万画素以上は要らない。

そしてカメラの能力はレンズに依存することまで分かりました。

市場には良いレンズを積んだ機械がたくさん出てきているので買い替え時期に来ているようです。

 

というより、いま買っておかないと今後、さらに無駄に画素数競争が進んだ場合買うものがなくなりそうです。

画素数ばかり大きくて、実際の能力が低い売れ筋のコンパクトデジカメは、いまのところ未来がなさそうですから。

 

できれば600万画素くらいで探したいものですが、すでに市場にないので

1000万画素くらいを「限度」として考えると選択肢は二つに絞れました。

 

○1/1.8インチ以上のCCDを持つコンパクトデジカメ

 パナソニック LUMIX LX3

 RICHO G10

 など 

○デジタル一眼レフ いろいろ

 

これにプラスして、私の感覚の「カメラ」は「出してすぐ使えるものでなければ意味がない」というポリシーがあります。

つまり、レンズカバーなんかは邪魔、重いのもだめ、電源入れる・覗く・押す

でオートで絵が出来ないと困ります。

 

最初はLX3がとても魅力的に見えていたのですが・・・・

 

(@Д@; 光学ファインダーないのかよ

 

ということで、デジタル一眼レフ買うことになりそうです。

G1買おうかな

|

« つり逃した魚は大きいか | トップページ | あ、持ってた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« つり逃した魚は大きいか | トップページ | あ、持ってた »