« ポットの形にこだわらない(1) | トップページ | 08年オータムナルを味わう会 »

雰囲気は出てますね

 


 

これ、いつ発売されたんでしょうか。

今日はじめて見つけて、味見してみました。

 

缶飲料なので、例によって紅茶の香りはしません。

そして、蓋を開けただけで分かるくらいしょうがの香りがガンガン乗ってます。

自分が鍋で煮込むとしたら、ここまでしょうがを入れることはしませんが、

美容効果を謳う「しょうがチャイ」なのでこれはこれでアリでしょう。

 

で、成分表を見るとしょうがのほかに、シナモン、クローブ、カルダモン、香辛料(?)と書いてあるのですが

シナモンはほとんど分かりません。

クローブは特徴が出ていますが、やや多すぎで、苦味を感じるくらいになっています。

問題はカルダモン、おそらく缶の中で加熱され続けるからでしょうが、さわやかな香りが、変な刺激臭に変化してしまっています。

それから香辛料はおそらくブラックペパーが少し入っているのか辛味あり。

 

缶飲料の例に漏れず、べた甘なので辛味とのバランスが取れていることは取れているのですが、しょうが、クローブ、カルダモンの異臭、ミルク、ベタ甘さを結びつけるべき紅茶の「渋み」がないので味がバラバラで飲みにくいことに。

 

レポートするまでもないのは当然でしたが、チャイと思って飲むとこういうレポートになるだけで、生姜湯の一種と思えばまぁまぁ飲めると思いました。

|

« ポットの形にこだわらない(1) | トップページ | 08年オータムナルを味わう会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ポットの形にこだわらない(1) | トップページ | 08年オータムナルを味わう会 »