« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

さらにアッサム

一度気になると、とりあえず集めて比べてみないと気がすまない。

 

人はそれを「オタク気質」と呼びます。

 

 

ということで・・・

吉祥寺のリーフルもうひとつのお店にアッサムを試飲しに行ってきました。

 

それにしても携帯カメラがショボイです。

 

ボルサポリ農園 CTC こんな感じの色でした

シュプール農園 CTC 明るさは上のボルサポリと同じくらい
ちょっとくすんだ感じ

タウコック FOP 上の二つより明るく、オレンジ系の色
 
まとめて写真にすればいいのでしょうけど、もうちょっと良いカメラが欲しくなります。

 

さて、感想

 

ボルサポリ

サツマイモのような香りがしてほっくりと甘い

ややベリー系のニュアンスもするが、それを支えるほどの甘みはなく

さっぱりした印象

 

シュプール

香りがあまり立たないので残念

甘みがすこし乗るので、ゴボウなどの根菜のようなニュアンスになっている

 

タウコック

フルリーフなだけあって香りがよく立つ

香ばしい黒糖のような香りだが、以前メレン農園で感じたようなどっしりした甘さではないので、ふがしのような印象になる。

 

それで、リーフルが凄いのはここから

アッサムの試飲を頼んだら、当たり前のように


これが出てきました。
 
アッサム=ミルクではないわけですが、ミルクとあわせることも多いので
その点を確かめてから買えるのは本当に嬉しいです。
 
ミルクとあわせた結果
 
ボルサポリ
ミルクの甘さによってベリー系の香りが引き立ち、果汁のような印象に変わった
相性の良さを実感できるタイプ
 
シュプール
おとなしくて、すんなりおさまった味だけど。逆に言うと個性が消えた味
 
タウコック
甘さの不足を感じたストレートに対して、とても期待通りの味
よくできた焼き菓子のよう
 
不思議とシュプールは味が乗りませんでした。
以前購入したフルリーフの方のシュプール農園はスイートポテトの香りが個性的でおいしいお茶だったのですが、CTCはだいぶ違うみたいです。
 
で、帰りの足でジークレフにも寄ってみる。
この前味見の対象外にしてしまったダフラティン農園を試飲

なくなりかけたころに慌てて写真
綺麗なオレンジ色です
 
ダフラティン
ベリー系の香りと、「モルティ」な味(要するにビールの苦味のようなコク)
渋みは控えめで、不思議なことに甘みもあまりないので
キレコクサッパリという感じの味。
ミルクを入れるとおいしくなりそうだけども、ストレートではアッサムのイメージではなく、ミルクを入れたときの個性がタウコックとかぶるので購入見送り。
 
ということでまた2種増えて、良い感じでアッサムがそろってきました(笑)
 
 
 

 


| | コメント (0)

秋の球体

あいにくの雨になってしまいましたが後楽園に行って来ました

 

と言っても野球でも遊園地でもないですよー

(個人的にはあそこのコースターは好きだけど)

 

ここのブログで時々感想書いているけど何回目になるんでしょう?

昭乃さんのライブです。

 

そのまえに、ライブ前ランチのオフ会がありました。

同年代から高校生まで幅広く、男女ほぼ同数

歌手のファンでこれだけバラバラなのも珍しいのではないかと思います。

 

いろいろな人と歓談して、自分がネットを始めたころにお世話になった情報サイトの人に挨拶したり、3000円シングルという話題で笑ったり楽しみました。

 

※3000円シングルとは、昭乃さんはアニメのイメージアルバムなどに楽曲を提供していることがおおく、アルバムに収録されないため、昭乃さんの曲を求めてイメージアルバムやアニメのサントラをかうと、あたかも3000円のシングルのようになるということ。

 

そして、雨を避けてマクドナルドに避難で時間をつぶし

ライブ本番

 

JCBホールというのは噂というか公式サイトによると

「舞台まで最長でも25mの一体感のあるホール」とのことでしたが

実際舞台が近く見えてよかった気がします。

 

ところで1ドリンク制なのに開演前に飲食禁止の放送はどうよ?

「コレどーすんの」と本気でつぶやいちゃいましたよ

 

 

さて、曲順と感想

ライブタイトルは

新居昭乃 ライブ2008 アキノスフィア

だそうです

 

1.覚醒都市

まさかまさか、一曲め

久しぶりににぎやかな曲から入りました。

比較的好きな曲なので嬉しい限り。

 

一曲めは声が乗っていないのもいつも通りなのでご愛嬌


2.New World

こちらも人気曲ですね

ニューワーでライトがパーッと舞台奥から客席に移動するんですが

なんかチャチぃ・・・

orz 昭乃さんの声だけじゃなくて裏方もノリが不十分のようです

 

♪まだ溶けない悲しみ~

のあたりから昭乃さんの喉があったまったように聞こえてきました

ここからが本番ですね

 

3.サリーのビー玉
いい曲です

たとえ自閉症気味の歌詞でも

ゆっくりだったりはやかったり、落ち着いていたり、絶叫したり

ところどころ表情が変わるこの曲で一気に盛り上がった感じ

 

4.at EDEN 
と、思ったらいきなり落ち着かせてくれます。

今日の選曲は神がかってないか?

 

ここで舞台照明落ちたので、MCが入るのかと思ったら

黒子が動いて・・・

 

 

ギター弾き語り来た!

 

5.ガレキの楽園
ああ、周囲で涙してる人が・・・

 

ここで、やっとこさマイク入りました。

なにやらライブで発表する予定だった重大なことが延期になったとか

 

大丈夫です、ファン一同

待つことには慣れていますから

 

で、それとは別にアルバム作成が決まって

レコーディングも決まって来年四月に発売予定とか

 

それ、かなり重大発表じゃないか

ということは、別にあるのかな・・・

余計気になりました

 

さて、アルバムの話が出たということで

新曲ラッシュ

 

6.鏡の国

アリスなのかな?と思ったら違うみたいです。

天邪鬼な女の子の話と説明していたけど

うーん、歌詞読んでみないと分かりません


7.Monday Tuesdays

月曜日は市場へ出かけ~

って、そういうノリの曲だよね、これ

なんでもない日常の幸せ、です


8.太陽の塔

エキスポランド閉園しちゃたけどどうするんでしょうか(笑)

あの太陽の塔と、懐かしい風景、です。


9.ラサ

ごめん、僕にはこの曲

「ガンダーラ」と同じノリに聞こえます。

愛の~国~

 

ここでも一回マイクはいった気が

メンバー紹介

 

ところで保刈さんの紹介のときに

最近はユニット新居昭乃みたいになっているって

かなり前からそうなのでは?と思ったのは秘密。

 

ピアノ弾き語りキター
10.美しい星
嬉しいです、はい

もう帰れます(ぇ

 

そして手嶋葵さんに提供した曲をセルフカバー

11.虹
ごめん、この曲知らない

でも、他の曲にない雰囲気でいいかも?

どこか民謡のような音使いなので懐かしい気分にさせられます

 

12.Voices
みんな大好き

 

13.Reincarnation
イントロでは凍る砂だと思いましたゴメンナサイ

古い曲でうれしいです

で、あえて二曲のCDバージョンを聞きなおしてみたら

あー、ほとんどオクターブで同じ音使ってる。

 

といことは、メドレーで繋がるんじゃない?

どこかのライブでやってくれないかな。

別名アライテクノな曲

 

14.降るプラチナ

眠い、ひたすら眠い

 

15.神様の午後

16.虹色の惑星
この辺はテンポが良い曲なので眠さを我慢しつつ気持ちよく聞けました

アライロックですね。

 

17.WANNA BE AN ANGEL

そして最後の曲はこちら

コーラス居ないのにやるの!?!?

と思いましたけど編曲で上手くやってますね

もう、見慣れて馴染んでしまったバイオリンも絡んで厚みを出しています。

最初心配した照明も乗ってきて神々しさをバックアップ

 

さて、何人が昇天したんでしょうか(笑)

 

アンコール
18.鉱石ラジオ
手拍子要求するからどっちか?と思ったらこっちでした。

久々のCDバージョン編曲

最近ずっと魚編曲だったのでコレも嬉しい

 

ラスト・・・

19.canpos neutros

歌詞の訳を朗読したんですが

そんな愛に満ちた曲だったのですね

ほとんどの人には『眠くなる曲』だったようです(笑)

 

雨で心配したのもつかの間、あっという間の2時間でした。

新曲が多いし、曲のつながりもよいし

前回は神選曲確定ですが、今回もそれに迫る良さでした。

 

次回も期待です。

 

で、次回のタイトルは「冬のスフィア」だとか

アキノスフィアのアキノは 「昭乃」なのか「秋の」なのか考えていたのですが

これで確定ですね。ということで日記のタイトルになるわけ

 

| | コメント (0)

平日限定行って来た

行き慣れた人(?)からすると「なーんだ」と言うところでしょうけど。

 

ずっと平日限定のコースが気になってたタカノフルーツパーラーに行って来ました。

1人では入りにくい店なので某○ixiで知り合いを誘っていたのですが、平日に予定があう人があまり居なくて、今回ようやく実現して突撃

↑30過ぎの男がそれじゃいかんだろう、という声もありますが

 行ってみて再認識、やっぱり1人で行く店ではないです。

 

最初にドリンクが出ます。メニューとしては「アペリティフ」

ワイン赤白と3種類くらいフルーツのジュースがありました。

あ、写真が逆だ・・・

(早くこの入れ替えられない仕様直して、クルルさん)

 

それから、すぐに前菜が出ます

ここから既にかなりタカノ流

 

前菜三点盛り
左は洋ナシと生ハム 右は無花果とスモークサーモン
真ん中がよく分かりませんでした、りんごと何か魚介類をタルタル風にしてたみたい。
 

 
こちらが旬果ジュース、今月は巨峰でした
この色、ほとんどフルーツそのものです。
皮も絞っているのか渋みも出ていて、軽くワインみたいな雰囲気
さて、前菜はさくっと食べて、メニューが続きます。
2品目はスープ
そしてこちらのメニューの名前は
「苺とヨーグルトのスープ」

 

はい、おいしいです。そして甘いです。どう見ても、ムースかなにかのデザートです
 
スープという名前のお菓子をたいらげると、料理が出てきました
「鶏肉のパン粉焼き~トマトソース仕立て~」らしいのですが、チキンカツと読み替えたほうがいい感じです(笑)
いい肉使ってますねぇ、筋っぽくないし、やわらかいけどちゃんと弾力あるし。
 

トマトソースは下に。横の赤いのは苺のソース
果物のソースは各種考えられると思うので意外ではありませんでしたが
鶏肉と苺の相性は良いほうだと思いました。

そして、サラダがついていたのですが
当然のようにフルーツたっぷりサラダ


 

ドレッシングかかってました、これくらいだとフルーツの酸味だけでもイケそう
 
メニューのしめくくり(?)はフルーツの盛り合わせです。
あとから気づいたのですが、これはデザートではなくて「料理」みたいです。
 


ここで、一言だけ主張
実は実家に柿の木があるんですが、それを食べ慣れてるせいか
柿だけはちょっと味が薄いと思った。
他のフルーツは分からないけど取れ立てが一番ってことなんですかね
 
ここまで来ると、結構おなかが苦しかったです。
時間をかけて食べおわって、すこしゆっくりとしていると
食器が片付けられて、紅茶が出てきました。
 
それからデザート用の食器が並べられます。
ここまで来て気がついたわけです。フルーツ盛り合わせはコースの一部でここからがデザートということに(笑)
 
もう甘いものは~、と思ってたわけですが
お茶を飲んで少し落ち着いたので、余裕でした
 

焼きりんご
ソースとか盛り付けとかいろいろ、確かに美味しい
でもりんごそのものはペリカンハウスのが一番ですね、これは間違いない
 

プチアントルメ六点盛り
生チョコがちょっと冷えすぎで食べにくかったかも? 
カカオのコクがちゃんとあっておいしかったけど


最後にシャーベット

 

前菜とか料理みたいにフルーツは彩りくらいでも十分満足なんですけど

ここまでフルーツ前面だとさすがとしかいえません(笑)

 

タカノのメニューはパフェが1500円とかしちゃうので、コレだけ品数が出て2500円(昼なら2300円)なのはコストパフォーマンス良いし、料理にフルーツを使うのも面白いから十分満足。

 

また行きたいかも、来年の苺の季節にね。

| | コメント (0)

アッサムを訪ねて・・・

 

目的はドアーズでしたが、アッサムもたくさん入荷していることですし恒例のようにGclefに出没

 

で、さっそく店員さんに「お時間ありましたら・・・」と声をかけられたので「ドアーズ飲みに来ました」とざっくり挨拶

「それでは、飲み比べとして一番最後に入荷したアッサムのパナパスティも淹れましょう」と、頼んでないのにありがたい対応(^^;


 

暗いところで撮っているのであまり参考にならないけどドアーズ
色はくすんだ茶系統

パナパスティ農園、セカンドフラッシュ
光の加減で明るく写っていますが、明るさは大体同じ
こちらの方がやや黄色っぽかったです。

感想・・・
飲み比べをサボっていると表現力が減るって、以前日記にしましたけど
今回もまさにそんな感じでした。
味の違いは分かるのですが、それをあらわす言葉がない。
したがって、味もなかなか覚えていられないことになるわけです。
 
ドアーズは、比較的アッサムに近いタイプのものでした
(逆に言うと、ドアーズをブラインドで飲んで産地を当てるのは無理だと思います)
いわゆる土臭いニュアンスの香りの中にやわらかい甘みがあり、後味にややフルーティな香りがあります。
さんざしでもないし、あんずでもないし
花の見た目で喩えたら、バラではなくてツバキという感じなんですが、香りの話なので表現力の無さをうらむばかり。
 
パナパスティ農園は香りが比較的良いタイプ、ドアーズより一口目が鮮やかでしたが、後味の香りと甘みがやや少なめ。
同じ農園のファーストフラッシュの方が、香りが特徴的ですが甘みの点で勝っているように思いました。ミルクには合いそうです。
 
と、飲んでいたら店長さん登場
「サイト見てさっそくドアーズ飲みにきました」と話をしたところ
「そうですか、それならせっかくですからもうひとつのパナパスティも飲んで行きましょう、あとはハルマリなんていかがですか?」
 
え、ええとハルマリは元から買うつもりでして・・・などと対応していたのですが
気が付くと目の前に並んでいました(^^; 
相変わらず太っ腹なお店です
 

パナパスティ、kakraSpeciality
これも明るく写っていますが、色は4種類の中で一番濃く出ていました
茶~臙脂色

ハルマリ
暗く写っていますが、4種類の中で一番明るい色
かなりくすんだオレンジ
 
このうちパナパスティ農園のkakra specialityは、好みにかかわらず話の種に一回飲んでみると良いでしょう。
店長が農園に製法を指示して作ったというもの。ダージリンウーロンに続いてのGclefさんオリジナルというわけです。
 
その一口目・・・
「うヴぁあ☆※■¥!?」と叫びたくなります。
 
ダージリンや東方美人にあるウンカ香を出したかったとのことですが
まるでウバかディンブラをブレンドしたかのような香りになっています。
突出した香りがあるのでびっくりしますが、サリチル酸メチルの香りではなくて、ローズマリーやタイムなどのハーブにあるような香り・・・
というのを成分名で言えればよいのでしょうけど、この辺に能力の限界を感じます。
とにかく、そういうスッとする香りのあと、アッサムらしさが奥に現れます。
香りはアッサムであることを納得させてくれますが、甘みは穏やか。
なので全体的に「キレが良い」というイメージのお茶になっています。
面白いのは、香りを探るように空気をズズズズと含ませてみても、ハーブのニュアンスが勝ってしまうので、アッサムに特徴的な香りはあまり感じないところ。
美味しいか、好みかは別としていままでにないお茶というのは確かです。
 
それに対してハルマリは正統派・・・に近いアッサム
美味しいアッサムというと、香りが芋・黒糖・蜂蜜などに喩えられるのですが、そのどれでもないという意味では珍しいかも知れません
それで、このお茶を喩えるなら、一番ちかいニュアンスとしては「バラ」
「日東紅茶」のティーバッグもこういう香りのアッサムをべースにしているのでそのためかも知れませんが懐かしい感じの香りです。
ブレンドではなく農園のものなので、香りが鮮やかで甘みも十分あります。
その割には後味がすっきり。不思議にコク(渋み)が少なめです。
飲みやすくていい反面、もっと重いアッサムを好む場合物足りないかも。
 
で、飲み比べていると、自然に飲みやすいものと特徴が好ましいものが減ります。
 
減り加減を見て購入するものを決定(笑)
ハルマリ農園とドアーズを購入
あとは飲み比べ用にファーストフラッシュのパナパスティ農園を買い足して
 
アッサム訪ねて「三千円」じゃ収まりませんでした(笑)

| | コメント (0)

スコーン放題、行って来た

噂のあのお店

 

ラ・ターブル・ドゥ・イズミ

 

スコーンが食べ放題のお店です。 (楽天にもお店あるみたい)

 

 

あいにくの曇り空のなかレッツ3時間ドライブ(笑)

途中は省略して12:30ごろお店に到着です。

 


かわいらしい外観のお店

インター下りてすぐなので迷いようがありません。

さらに、周辺にな~~~~んにも無いのですぐ分かりました

 

店に入るとすでに一組待っています

その一組が入ったあと、席があく気配がないのでなんか変だな、と思って

なんと言うのでしょうか、待つ人が名前書くところ

あれに名前を書いたら「車のナンバーを・・・」

 

Σ(@Д@; 外で待ってるひともいるんですね

 

待合室は無くて外のドアと内側のドアの間に4人分いすがあるだけ

(これもなんていうんだろう・・・風が吹き込まないようにする装置だよね)

なので、車で待つのが普通みたいです。

車で待っていたら次から次へと車が入ってきて、5~6組待っていました。

 

さて、食べ放題システムはいたって単純

ランチタイムは一品注文、パスタ、ガレット、サラダ、スープ、肉料理

いずれかの料理にすべてスコーン食べ放題、紅茶飲み放題が付いています。

 

(13:00を過ぎるとスコーンと紅茶だけも可能になる)

 

注文はガレットとサラダにしました

 

ラタトィユと半熟卵のガレット
美味しかった、かな?
他のところを知らないので評価不能
半熟卵をソースにしてスコーンにつけたり楽しめます
 
サラダは撮り忘れました
食欲先行でいけませんね・・・
 
紅茶は右上に写っているガラスの小さなポットで淹れます
中国茶に詳しい人ならおなじみの大きさ
 
紅茶は20種類くらいあったのでしょうか
困ってしまうのはフレーバードティばかりということ
フレーバーを避けると、アッサム、ダージリン、
国産紅茶の3種類しかありませんでした(苦笑)
 
これらがスコーンの横に、小さなケース(ビーズなんかを入れる感じの2cmくらいのもの)
に1ポット分ずつ分けられて並んでいるのですが、見た感じ1gかな、
自分には薄かったので、2倍にして飲んでました。
 
 
スコーンは12cmくらいの木のお皿で取ります
ジャムも一緒に乗せるので、だんだん汚く・・・
上手い人は、お皿の端に上手く乗せていましたけど難しいです
 
スコーンはプレーン+日替わりで3種類焼いている様子
この日はかぼちゃ、小麦胚芽、くるみ、でした
 

 
右に人の手が写っていますが、こんな感じでどーん、とおかれています。
ジャムは下手な人がいたら混ざって汚くなりそう
 
肝心のもの、クロテッドクリームは最初にサービスで付くのですが
小さじの先程度なので、クリームティー好きには全然足りません
追加は30gくらいで100円
 
(中沢の旧パックが130gで380円だから4回分として良心的ですね
 新パックは100gになるので多分値上がりするでしょう・・・)
ガレットの左上に写っているのが、二人分のサービスクリーム+追加分です
肝心のスコーンが美味しいか・・・と言われると
うーん・・・不味くは無かったです
ただ、いくつも不満が出ます
 
・手こねにこだわったのはいいけど、横に割れない。
 ジャムもクリームも乗せにくい
・かなり甘め、お菓子みたい。
・かぼちゃとくるみはやや生っぽかった
 (焼きが足りないときの粉っぽさがあった)
 
それから紅茶、わざわざ聞かなかったけどメニューにミルクが無いし
紅茶のコーナーにも置いてないし、飲んでる人もいませんでした。
 
紅茶好きが紅茶とスコーンを目当てに行くところではないな、と思いました。
 
ちょっと前に行った珈琲専門店のクリームティーの方が美味しかったという変な話
 
で、それだけだと詰まらないので
牛久大仏見てきました
 


 
とにかくでかい。120mあるそうです
自由の女神の3倍
頭の毛のグルグルひとつが人の大きさ(笑)
 
胎内めぐりといって中に入れたのであがってきました。
 

矢印のあたりから上の写真を撮りました。遠いですね
ここの高さは85mだとか
 
 


なんとなく、1m横に動いて撮影しておいたので

交差法でどうぞ(笑)

| | コメント (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »