« 黄色い看板のあのお店 | トップページ | かぼちゃといちぢく »

ポットにこだわらない(材質)

某所(バレバレですが)のトピックにあったネタをきっかけにいろいろ考察。

 

<<材質>>

材質が変わるとなにか味に変化があるか?

少なくとも、ガラス、琺瑯、ステンレス、陶器、磁器、には明確な差はないと思う

 

味が変化するとなれば、何かが溶け出すか、その材質がお茶の味を変化させる効果を持っていないといけません。

 

琺瑯も陶器も磁器も表面は釉薬=ガラス質で処理されていますから、科学的な目で見たらガラスとおなじです

ステンレスは金属なのでもちろん上の四つとは差がありますが、表面を薬品で酸化させて、簡単に言えば反応しきった状態にしてしまいこれ以上材質の変化が起こらないようにしてあるものですから、お茶に与える影響はほとんど無いといえます。

 

差が考えられるのはプラスチックと、鉄瓶と、素焼きです。

 

まずプラスチックは論外ですね、確実に何かが溶け出しています(笑)

人によっては味の差が分かるし、長い目で見たら有害です。

 

鉄瓶は、鉄が溶け出しますから、味に変化があります。

では、それが「悪い」 「嫌な」変化かというと、そうとは限りません。

水の段階から元々鉄分が多い地域もあるし、お湯は鉄瓶で沸かすという習慣の家もあるでしょうから、水の中の鉄分は「鉄瓶でお茶を淹れるかどうか」に関係なく色々な濃度になります。

水の中の鉄分が多い地域でお茶を入れるために「鉄分を少なくするように処理してから」という話を聞いたこともありませんから、悪い変化ではなさそうです。

鉄による影響としては、鉄とタンニンが結びつきやすいので、色が濃くなって渋みが減る変化が考えられます。

タンニンの味はお茶の重要な要素ですから、小さな差とはいえませんが渋いお茶が好みかどうかは個人の問題でしょう。

 

素焼きの場合「ポット」と呼べるものはあまり見かけませんが

中国茶では素焼きの急須をよく使います。

 

素焼きの場合、いわゆる「多孔質」ですから、色々な成分を吸着します。

そのほかの材質では使用後に落としているお茶の成分が残ります。

ということは、極端に言ってしまえば「汚れ」が残りやすいわけですが、逆に考えて「お茶の成分」って「汚れ」でしょうか。

 

違いますよね

某美味しんぼでは、すっぽん屋の土鍋に味がしみこんでいるというネタがありましたが、目的の味がしみこんでいく分には良いことなのではないでしょうか。

 

中国茶の方では「養壷」と言って、急須を育てるという概念があります。

なので、目的のお茶の成分がしみ込む分には悪いことではないといえます。

 

素焼きの場合問題は別にあって、カビたり悪いにおいが着いたりしないように、頻繁に使って、使用後はお湯ですすいでよく乾かさないといけないということにあります。

それからおなじ種類のお茶をしみ込ませないと味がバラバラになってしまいますから、ある程度数を揃える必要があるでしょう。

 

もうひとつ、しみ込む分お茶から出た成分の一部が減ってしまう問題もあります。そのため華やかな香りを楽しみたいお茶には向きませんし、フレーバーティーも急須に香りが残りすぎるので使いにくいでしょう。

 

以上のことから、素焼きの急須(ポット)を使うのは、趣味的要素が強いといえます。

 

結論

 

◎ガラス、ステンレス、琺瑯、陶器、磁器に明確な差はない。

○鉄瓶を使う場合は色と渋さの好みによる。

△素焼きは手入れまで楽しめる愛好家向け

×プラスチックはやめておきたい

 

 

|

« 黄色い看板のあのお店 | トップページ | かぼちゃといちぢく »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 黄色い看板のあのお店 | トップページ | かぼちゃといちぢく »