« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

悲しい出来事

タイトルに驚いた方、ごめんなさい。

 

今日仕事場で、飲む紅茶が少なくなっていたので

ロッカーを漁ってみたところ

 

2004 キャッスルトン農園DJ93 muscatel

 

こんなの、見つけました

ええ、3年前のダージリンセカンドフラッシュのテイスティングパックです。

 

さすがにもう飲めないかなー、とか思いつつ飲んだわけですよ

 

で、テイスティングレポート

 

2004 キャッスルトン農園DJ93 muscatel

口に含んだ瞬間に立ち上がるマスカテル
甘味に包まれて口を引き締める渋みとのコントラストが際立ち
後味はさっぱりとさわやかに蘭の花のようなニュアンスを残して引いていく

一本筋の通った味わい。

 

うん、単純に言うと、旨かった

 

 

もう手に入らないジャン

うがーーーーー

 

僕の3倍くらいお茶を持っている人の

「来年もおいしいとは限らないのよ、今買っておかないと!!!」という台詞が

数十回頭の中でこだましました。 謎

| | コメント (0)

衝動買い@大茶会

※時間がないので後でURLや写真追加します

 

今年も大茶会に行ってきました

お茶会にするようになってから中国茶に詳しくなってきているので

いろいろ不安です。

 

なので、一万とちょっとしか持たずに家を出ましたよ!!(何か違)

 

で、ざーっと見ていったら

手のひら急須というのが気になりました

大きさも手ごろだし、手の中でうにうにと転がしながら

温度を感じて飲んだら幸せそうです。(時間ないとできないけど)

ちょっといいお値段がしていたので控えましたが

肌で楽しむというコンセプトには大いに共感しました

 

で、そのお店で、前から探していた「さくらかおり」発見

試飲はなかったのですが、茶葉の香りをかいだところ

おいしそうだったので即購入

 

さて、問題はここから

その隣のブースを覗いたら桜の茶杯とかあるじゃないですか

よくあるハート型が浮き出るティーカップみたいな感じで

お茶を注ぐと桜の花が浮き出るものです

桜の茶杯でさくらかおりを・・・妄想しちゃいますよね

 

とそのときお店の人から声が

「あら、一年ぶりです」

_|‾|○

(前年は店の前通っても会話してないので、本当は2年ぶりだけど)

 

となりでさくらかおりを買ったことを話したら

 

「運命ですね」

_|‾|○ 僕もそう思ってたところです

 

ということで、桜の茶杯もお買い上げ

同時に品種茶(やぶきた以外の緑茶)を飲み比べしてみたいということで

さえみどりをベースにしたお茶を購入

 

さて、中国茶系

 

大茶会にはformosa tea connectionさんとか海風号さんとか

名だたるところが集まっているのですが

お値段もそれなりなので、海風号さんの茶器とかまーったく手が出ませんでした

ところがformosa tea connectonさんで、お茶の試飲をいただきまして

あー、おいしいなぁ

でも普段使いにはちょっとお値段がするなぁ・・・と思っていたら

後から後から口の中に甘みが・・・

_|‾|○ やられました

 

さて、予算も少なくなってきて

目的の明山茶業さんに行こうと地下におります

明山さんは普段は卸をしているので、とてもお買い得なのです

 

で、その手前で「茶通」さんというブースにはまりました

だってだって、聞香杯が並んでいるんだもん、

それで試飲できるんだもん!

で、いくつか飲ませてもらって気になったのが「文山烏龍茶」というもの

焙煎が軽く入っているのもちょっと好みでしたが、なにより

文山包種ではなくて烏龍茶というところも珍しくてポイント高し

香ばしくて力強いなかにも文山っぽいさわやかさがあっておいしかったです

というかお買い上げ~~~

 

さて、明山さんにいかないと・・・と行ってみたものの、

諸事情あって今年はどうも品数が少ないとか・・・

(売れちゃったとか、売れ残りを避けて入荷を絞ったとか)

 

結局、なぜか隣のブースに戻って

前から気になっていた黄枝香と桂花香の単[木藪]を購入

だって桂花香なんて、朝淹れたという(試飲じゃなくて見本の)お茶から

ちゃんと桃のような香りがするんですもの

 

で、さっきの茶通さんに戻って単[木藪]系のお茶ないかな?と思ったら

台湾茶メインなので今日は持って来ていないとのこと。

そのとき隣に立っていた人が「木柵鉄観音」の試飲をリクエスト

 

とっさに「あ、それ僕もください・・・」

 

はい、きれいに10分後、お買い上げでございます

だってね、だってね、その時3煎目で、甘みがあって

で、木柵だから4煎、5煎と話ながら飲んでいったら

だんだん甘みが・・・

_|‾|○ いいんだ、おいしかったもん

 

これで最後かな~と思いつつ、帰り際にもう一度明山さんを通ったら

鳳凰単[木藪]の芝蘭香があるのを発見

飲み比べしたいなー、ということでエイヤっと購入

 

ぎりぎり予算内で全部行けました。

| | コメント (0)

セカンドフラッシュ到来

またまた一週間前のことになってしまいますが

先週ジークレフさんに行って来ました

 

ほんとは、リーフルにも行こうと思っていたのですが

吉祥寺に着いて、その日が木曜日であることを思い出しました

定休日に行ってしまうのは3度目です(@д@;;

物覚え悪いですね

 

ということで、ジークレフさんに入荷した3種類だけ飲ませてもらいに。

 

お店に入ると、平日の昼間なのに案外混んでいます。

この日は店長さんがいらっしゃいました

 

レジが空くと声をかけて来てくれます

「今日はお時間ありますか」

 

このとき時刻は15:30ごろ

「そりゃもう、たっぷり」 にっこりして答えます

 

常軌を逸しているのは店長さんの次の言葉から

「そうしますと、 ダージリンが3種類入荷したんですけど、

全部お飲みになりますよね、どれから行きましょうか」

 

(@д@;;; 分かっていらっしゃる

 

で、サングマという農園は飲みなれているため最後にして

3種類味見することに

 

 

リシーハット農園

濃い水色にカラメルのような香ばしいニュアンスを持った香り

春摘みと同じく、アミノ酸成分が多く、舌触りが滑らかでふくよか

マスカテルフレーバーもたっぷりあり、赤ワインのように強い味

もう少し甘みがあるとほぼ完璧なダージリン

すこし味が落ち着いてから長時間抽出で楽しみたい感じ

 

シンブリ農園

すこし赤みがかった薄い水色

蕗のようにさわやかなニュアンス

甘みは少なめながら嫌味でない渋みがあり

後味にマスカテルフレーバーが乗るので

とても飲みやすく、後を引く味

 

サングマ農園

やはり優秀、バランスがとてもいい

マスカテルフレーバーはやや立ち上がりが遅いものの

甘みに裏づけされた渋みとコクがあり、満足感が高い

 

しかも、たくさんカップを使う必要があったからなのか

珍しい茶器を見せてもらえました


ウェッジウッドの見たことないシリーズ
麦の穂のような模様がさっぱりしていい感じ
 

こちらもウェッジウッド
葡萄の模様かな?

 

と・・・3種類飲んでいたら

新しく入ったということで文山包種も飲んでみますか?ということに

 

うはっ、今日はそれ買うお金ないんだけど?

とか思いつつ、せっかくなので飲むことに(ぉぃ

機械摘みとのことでしたが、普通に美味しかったですよ

味にほんのすこしバラつきがあるほかは

香りも甘みもたっぷりあって、飲みやすかったです

 

それを2~3煎いただいていると

他のお客様もやってきて、話の流れからそのお客様が試飲することになった

水出しのダージリンもいただくことに

 


これも見たことがないカップ
中華風ぽい絵柄が独特ですね
 
こちらは前年の2ndですが、かなり美味しく入っていました
水出しにすると渋みが出にくくなるかわりに香りも出にくいのですが
この日のお茶はフルーティーで甘みもあっていい感じでした
 

全体像はこんな感じ
とても買いに来た客のすることとは思えません(笑)
 
このあと、さらにもう一種飲ませてもらったりしました
結局6種類飲んだのかな・・・いいんでしょうか(汗)
 
この日は散々迷った挙句シンブリを買うことにしました。
今の時点で味がまとまっていることと、会社に持っていって
適当に入れてもおいしそうだったのがポイントです
 
サングマはリーフルの入荷まち、リシーハットは今後に期待で
シンブリ農園を100gと
去年のタムソンのコストパフォーマンスがとてもよくなっているので
50g買い足して、この日の買い物は終了
 
お店を出たら19時を回っていました
4時間近く飲んでいたんですね(笑)
 

| | コメント (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »