« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月

お茶メモ

この記事この記事の前の日

次の日に茶を飲みに行くことが決まっていたので、これまたジークレフさんとリーフルさんに行ってきました

 

目的は、

これでもかーと入荷していた、おそらく最後の便と思われるファーストフラッシュ

 

まずはジークレフさん

シンゲル農園 DJ-1

アタックに強い渋みがあり、若々しい草の香りがして悪くはない

やや甘みが弱く、香りが先に立つ感じではあるもののバランスも良い

 

ただ、なんとなく評価が上がらない

一つには、最近このような若さを前面に押し出すお茶が多すぎて飽きて来ている点

もう一つは、ジークレフさんの他のお茶のコストパフォーマンスが良すぎて

このお茶(他の店と同じくらいの価格帯)に対してやや割高感を感じてしまう点

 

えー、つまり一つ目に買うお茶なら「アリ」ですが

大量に買い込んでしまっている後ではちょっと手が出なかったわけです。

店長さんゴメンナサイ

 

さて、リーフルさん

この日の目的は、オカイティ農園エメラルドDJ-25

名前からしてなんか特別ぽいじゃないですか。

比較的美味しいお茶が多いオカイティですし。

で・・・飲んでみたのですが、僕はコレ苦手でした

樟脳のような、なんとなく薬のような臭いがして

それを甘さが覆うような味

ウヴァのメンソール香はなれていますが、こちらはやや異質な香りでした

後から甘みに変わるのはとても美味しく感じるのですが、

次の一口目にやはり臭いがして次の一口が飲みにくいと言う・・・

 

ただ、香りの好みは人それぞれですし、香りと味と甘みのバランスはとてもいいので

人によってはくせになりそうな気がしました。

 

で、気をとりなおして(?)二ついただきました

グムティー農園DJ-21

繊細な味です、よく「すずらんのような」と言われる花の香りがあり

渋みは強くなく、後味がとても甘く残る感じ。

お菓子に合わせると難しいと思いますが、単体で飲むとかなりリラックスできます

 

ジャンパナ農園アッパーDJ-32

バランスがいいです。

香りがあまり立たないのですが、渋みと甘みのバランスはよく

香りもジャンパナ特有のオレンジみたいな傾向があり、満足感は得られます

香りと甘み、という点で考えると、一番良いものとはいえないのですが

その分?お値段がお安く、とてもコストパフォーマンスが良いお茶です。

会社用にしようかしら?

 

ということで、グムティーとジャンパナをお買い上げ。でした

 

 

| | コメント (0)

中国茶飲み

10日前ほどですがー、

 

この日記

の3時間ほど前に中国茶のお店で飲み食いしてました(笑

 

↓こんな感じ


この日はヲトコ2人でしたが、楽しいもんですよ?


僕が案内したのですが、中国茶の入れ方もお茶請けも初めてのようで目が開きっぱなしでした。

僕自身は棗の蜜付けを初めて食べて、お茶と相性いいー、おいしー、と叫んでました。

 

で、食後に茶器コーナーを見て

半端ものセールの中にマグカップの蓋だけを発見


(@Д@; それ、欲しかったのよ

50円なり~、今は会社でアフタヌーンティーのマグの上に乗っています

 

蛍光灯の干渉で縦線が(笑)

 

さらに、この茶杯のセット・・・

(下の聞香杯と飲杯のセットね)


この小ぶりさがす・て・き


ええ、在庫整理で3割引きでしたし。

 

_|‾|○ また茶器が増えた

 

| | コメント (0)

久しぶりにアクセサリ

ピアスを作ってみました

(誰がつけるの?という突っ込みはご容赦願います)

 

 


 

今回のは、以前使っていたアイオライト君で水晶を挟んで見ました

と言っても、自分のアイデアではなくて

ある日電車の中で隣に立った女性がつけていたピアスが

上の玉は赤、下の玉は青で挟んでいるデザインで、

ちょっと面白かったので手持ちの石で似たようなものを作ってみようと考えて見ました。

 

分かる人にはわかる贅沢のために、横にぶら下がる石はペリドット

これからの季節、夏向きのデザインとしてお一ついかがですか?

| | コメント (0)

カーーーレーーー

ちょっと逆順日記になりそう

 

とりあえず昨日のヒトコマ

 

 

オトコ二人でお茶巡りしたんですが
そのさいご、青山ティーファクトリーの焼きドライカレーです
 
 

チーズと卵でトロトロ~~~

 

ところが、σ(・_・)は悲しいことにこの前に行った中国茶屋で

食べ過ぎて、食えませんでした。

泣く泣く一口味見させてもらいつつ

今度来たときには食う! と決心したのでした

| | コメント (0)

水温と抽出時間についての考察

某所でsunteaについて盛り上がっていたのでちょっと考えてみました

sunteaとは

茶葉に水を注いだポットを直射日光下において太陽光で温めながら抽出する

水出し紅茶の抽出法の一つです

 

まず、データ収集

 

紅茶の話なので脳内でどんどんやっていきます

経験的に知っているところでは100度付近で約3分抽出という目安がありますので

100度では3分で良いでしょう

 

それから、ダージリンのファーストフラッシュなどはよく

「ちょっとぬるめのお湯で長めに」抽出したりします

85~90度で5~7分くらいなのですが、後で使うデータの関係上90度で5分としてしまいましょう

 

さて、80度です

80度くらいのお湯を使うお茶としては白茶がありますが

白茶は発酵が入っているだけあって、緑茶と比べると紅茶に近いので参考にしてしまいましょう

80度くらいのお湯で7~10分くらい抽出するとよく言われます

真ん中あたりを取って80度は9分としましょうか

 

最後は70度

こんな「低い温度」はめったに使いませんが

日常の場面で冷えたマグカップなどでお茶を一杯抽出する場合

熱いお湯を入れてもすぐに温度が下がり始め、早い時間で70度くらいに達しています。

このとき大体10分~15分くらいの抽出時間で飲み頃になるので

温度が下がるまでの分も考えて15分の方を採用しましょう。

 

さて、今度は温度が低い方です

 

冷蔵庫に入れっぱなしで作る水出しのお茶の場合

庫内の温度はだいたい5~10度ですね

これで8~10時間と言われているわけなので、10度付近の抽出時間は8時間としましょう。

 

お次は20度です

常温抽出の場合4~6時間というお茶がありました。

真ん中を取って5時間でいいでしょうかね

 

30度と40度が問題のsunteaの範囲です

太陽にお茶をあてておくと、水温(約20度)から上がり始め

最高温度は季節や外気温にもよりますが30度~40度台後半になります

(ただ、40度以上にはなかなかなりません、かなりの高温多湿でないかぎり

冷める方が早いので)

 

sunteaの入れ方としては

「太陽光にあてて2~4時間」といわれているので

40度はこの短い方の時間で2時間でいいかと思います

 

30度は4時間?と考えたいのですが

水温の20度程度から上昇することを考えて、さらに最高温度が30度程度までしか上がらない場合(に4時間かかる)と考えると

平均温度が30度になる場合は、もうすこし短そうです

勝手に3時間と考えてしまいましょう

 

さて、データが出揃いました

お気づきかと思いますが、かなり作為が入っています(笑)

 

これを折れ線グラフでプロットしてみます

赤い線が抽出時間(分) 青い線が抽出温度(℃)です

 


なんとなくキレイな曲線になりました。
 
ということで、祈りを込めて、このグラフを対数グラフにえいや、っと変換
 


 

はい、このとおり

予想に基づいてある程度時間を操作したので当然ですが

数学に強ければ、近似式を出せそうな直線になりました

 

要するに、sunteaと言っても特別なことはなくて

単純に「抽出にどの温度域を使うか」という問題なのだと思います。

 

さて、グラフからあえて考察

玉露だと数時間で出来るような「氷出し」の場合

このグラフの延長を作ると12時間くらいかかりそうです

寝る前に仕込んでも朝飲むにはすこし早そうですね

 

それから、このグラフには50度と60度がありません

その理由を考えてみました

 

50度

水から温度を「上げて」つくるのか「下げて」作るのか

はっきりしない温度域

飲むのにも、中途半端にぬるい

温めて70℃付近で飲むなら最初から熱い方が良いし

冷やして飲むならsunteaで良い

 

60度

玉露で使われる温度域

その理由は「タンニンをあまり出さないため」

紅茶の場合、ここまで温度を上げるのであれば

味の核になるタンニンをしっかり出したいので

60度まで温度を「下げる」メリットがあまりない。

 

またいろいろな成分が60度付近で

「抽出されやすい」か「されにくい」か大幅に変わるので

味が安定しなくなりそうなのも一つの理由だと思われる

 

さいごに

sunteaなるものが「抽出温度と抽出時間の関係」に過ぎないと分かれば

簡単な作り方があります

 

特にガス給湯器や電気給湯器から台所にお湯が出るばあい。

そうですね、40度付近のお湯がいつでも出ます。

 

給湯器から直接お湯を注いで

冷めていくのも気にせず2~4時間置くだけ

 

飲み頃になったら冷蔵庫に入れて、早めに飲みきりましょう。

| | コメント (0)

和菓子ぱーてぃ

またまた先週の日記です

 

京都みやげのさくらもちと、その他和菓子を食べるお茶会を開きました

 

そのために・・・

 


とらやの干菓子
 
これ買っちゃいました(^^;
ダージリンやヌワラエリヤなどの紅茶に、とーっても合うのです
 
一品持ち寄りにしたのですが、お一人が持ってきてくれたのがこちら

塩瀬のおまんじゅう

豪華!おいしそう! というか美味しかった

 

それだけではなく、手作りの粟ぜんざいや

本格的に点てたお抹茶

 

塩気のある食べ物もいなり寿司太巻き、昆布締めなどがあつまりまして

ばっちり満腹の3時間でした

| | コメント (0)

京都で強行軍 後編

16:00 嵐山着

    う~ん、新緑の中の静かな佇まい

    京都っていいところですねー、と思わせる駅

 


 
    ・・・_|‾|○ に観光客いっぱい (ここで振り向くと人をよけないと歩けないくらい人が一杯)
 
    人が少ないときにまた来たいな
 
16:20 鶴屋寿さんというお店でさくら餅を購入
 
16:37 京福電車というのに乗って次のお店へ
 
16:50 帷子の辻 駅の近く
    田井弥本舗さんというお店に着
 
    えー、ちっちゃいお店です
    でもうまそー
    生菓子ばかりだったので、自分用に購入
 
17:00 JR うずまさ駅に戻る
 
17:15 JR丹波口着
    京都にある、いろいろな意味で有名なお店
   「セレクトショップ」さんへ
 
 


外観こんな感じ
 
   お店に入ったら女性が中国茶をいくつか味見しています
   商品を見ながら会話を聞いていると
   「これって、脂肪を分解するとか、美容効果あるんですか?」
   なる質問が。 悶絶しちゃいました。
   店員さん、お疲れ様(−人−)
 
   ここでは、ある意味プチお茶会じゃないかと思えるくらい
   いろいろ飲んで、店員さんとお話してしまいました
   うっわ、時間使いすぎ、やばーい
 
18:00 セレクトショップOUT
    五条駅に向かいます
 
     あれー、地図でみたらまっすぐなのになー、遠いなー
 
18:30 五条駅着
    タクるんだった・・・
    そして、中国茶のお店 ラ・メランジェさんへ
 
18:45 烏丸御池駅着
    営業19:00まで? いそがないとー
 
18:50 ラ・メランジェさん着
    ビルの5階
    えー、言っちゃっていいすか?
    いままで行ったお茶関係のお店でいっちゃん入りにくいです
    
    でも、中に入ると、本がいっぱい、世界中のお茶が一杯
    ワンダーランド♪
 
19:00 頼まれていたお茶を購入してメランジェさんOUT
 
    そしてmixiの知り合いが「俵屋旅館」というところの石鹸が気になると言っていたのを思い出し、どうも場所が近そうなので地図を見ないで散歩開始
 
19:15 近くを歩いているはずなのに、その旅館のグッズショップが見つからない
    ネットで検索してみるとやはり営業19:00まで orz
 
19:30ごろ
  そのまま散歩をしていたら三条大橋の近くでまだ開いているお店を発見
  「船はしや」さんで甘納豆を購入
 
20:30   電車に乗ればよいものをそのまま歩いて京都駅まで散歩
   やっとこたどり着く
   みやげ物をいろいろ物色(主に八橋の試食)
 
21:12 のぞみに乗車
 
おつかれ自分!
 

この記事を書きながら、田井弥本舗さんの柏餅と「きんとん」を頂きました

お茶は中国緑茶

| | コメント (0)

強都で京行軍(字が逆) 前編

大変な一日でした(まだ終わっていません)

 

ひとまず三日はオセロの大会で京都まで行きました。

 

そのまま帰ってくるのももったいなかったので、4日は京都でいろいろ見て回ろうと思い、お茶好きとしてはお菓子でしょ!と

和菓子に詳しそうな人にミニメールを飛ばして、良いお店をいろいろ聞いておきました。

 

それで京都で遊ぶ計画をたてていたところ、ミクシイのお茶コミュでお茶会があったので

 

この際だから、こっちも参加しよう♪

 

と、参加ボタンをぽち。

ここが間違いの始まりです。

 

京都で大会が終わったあと、ご飯を食べて

京都→大阪に移動

 

そのまま漫画喫茶へ

ネットにつないで、うとうとしながら4日のルートを考えます

これがなかなか難しい、あれこれ考えて なんとかルート決定

 

そして4日の朝・・・

 

10:30 シャワーを借りようとしたら6人待ち (^^;

    あわてて近隣のサウナを探して漫画喫茶をOUT

 

10:50 ありがちなカプセルホテル兼サウナの施設へ

    いろいろなお風呂があってキレイで良かったのでこんどは余裕もっていきたいかも。

 

11:20 サウナOUT

    ここで集合が11:30だったことを思い出して、あわててお店検索

    歩いて15分以上かかる!    ということでタクシーでGO

 

11:35 お茶会オフのお店に着

    ところが誰もいないので幹事に電話してみる

   「まだ集合場所に居ますよー」

   ぁ・・・   _|‾|○ 歩いても間に合ってた

 

12:00 お茶会オフ@マリナ・ド・ブルボン 梅田店

   大阪ですから! 女性が半数いましたから!

   それはそれはにぎやかなお茶会でした。

 

14:30 メールで買い物指令が来ていたので

   となりのリッツカールトンホテルへ

   

   うへぇ・・・場違いだよ、こりゃ(汗

   挙動不審になりつつ、紅茶を一つ購入

   うろうろ、きょろきょろして20分くらいかかりました(笑

 

14:50 梅田へ

    えー、地下通路で繋がっているんですが

    めちゃくちゃ歩きます、ここ

 

15:00 阪急梅田発

    嵐山へ向かいます

 

ここまでは、ある意味普通

後半へつづく

| | コメント (0)

水辺の風景

結構好きです

 

このまま暗くなるまでここに居たかった

 

 


| | コメント (0)

お茶会風景

3月から自宅でお茶会をすこしずつしています。

 

これまた一週間前で4/25ですが、写真が趣味という人が来てくれていろいろ撮影したのでご紹介

 

 

全体像はこんな感じ
狭い部屋でがんばっちゃってます。
 
 
こちらの記事でサラダを作っていましたけど
包むものって葉っぱじゃなくても良いじゃんと思いまして
この日は生春巻きを用意してみました。
 
エッビエビエビー

 

飾りにも使っているパクチー(香菜)がおいしそうだと思った方
お友達になりましょう!
 

こちらは、あっというまになくなりかけてあわてて写真取られてます
スモークサーモンとクリームチーズの生春巻き
 
はじめてだけど上手くいった、とか思っていたら参加者から
「組み合わせさえただしければ、誰がつくっても上手く行きますから」
という軽快な突っ込みが!
 
そう考えると、生春巻きってますます素敵♪

 
さて、一息ついたところで

ぬれあまなつとをお茶請けに中国茶とか
たしかこの日に淹れたのは、高山黄金桂
やわらかい金木犀のような香りで落ち着きます。
 

気になったお茶はお土産も御用意
 
いかがですか、楽しい雰囲気がすこしでも伝わればよいのですが。
興味があるかたはご案内を差し上げますのでミニメールにてご連絡くださいませ。
 

| | コメント (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »