« 吉祥寺ツアー2 | トップページ | サラダの皿だ! »

お茶あそび

と、いうことで

リーフルで買ったノースタクバルDJ1を

中国茶のように工夫式で入れてみました。

 

土の茶壷を使うと香りを吸ってしまうので、磁器の急須を使います。

180mlに対して茶葉は多めに5~6g使い、時間を変えながら抽出してみました。

 

1煎め 20秒くらい
激ウマ
杏のような果実香とトロりとした甘み
単ソウのようなニュアンスだけど温かくて濃厚なお茶

 

2煎め 約1分
グリニッシュさが表に出てくる
ファーストフラッシュの醍醐味でもある渋みも出てきたが
ポットで5分抽出した場合に比べると無いに等しい程度
やはり甘みが強い
フルーティーな香りはやや薄くなり、典型的なファーストフラッシュのような香りになった。
この段階で1カップだけ出されたら、茶壷を使っているとは気づかないかも。

 

3煎め、約1分半
渋みがかなり出ましたけど、普通のファーストフラッシュくらい
甘みもまだまだあるが、味のコクが増えた分さっぱりした口当たりになっている

香りはほのかにグリニッシュ
この段階でもまだまだ美味しく飲めます

 

4煎め 2分くらい
渋みが残りやや苦味が出てきて草っぽい
甘みは微かに残っていて香りはほとんどない
なんとかお茶として飲めるくらい。
3煎目までに比べるとまったく別物
やはり紅茶はこのくらいが限度の様子

 

ちょっと失敗すると2~3煎目はシブニガで飲めなくなるんですが、上手くいって

なかなか楽しめました。

3煎めまでと考えて、180x3で約600ml飲んでますから普通にポットで淹れたのとおなじ量

小さな急須にどかっと茶葉を入れる瞬間はちょっともったいない気分がするけど平気なんですよね

 

ってか、これの1煎目だけで飲みた・・・(マテ

|

« 吉祥寺ツアー2 | トップページ | サラダの皿だ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 吉祥寺ツアー2 | トップページ | サラダの皿だ! »