« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月

Early in Spring

ここのところお茶会やったりお茶会やったりお茶会やったり

イベントはたくさん起こっているのに

記事にしようとすると「飲んで話してたのしかった」としか書けないので

ちょっと悶々としてます。

 

さて、久々の感想は

例の昭乃さんのライブでグッズとして売られていた紅茶

「Eary in Spring」という名前のブレンドティーです。

1月の時の紅茶はコチラの記事ですが、お茶会でお会いした人から

3月の追加公演の分を分けてもらえたので飲んで見ました

 

外見は紅茶の中にピンクの粒粒が入っているかわいらしいもの

 

お茶を入れると、ふんわりと桜の香りが漂います

桜餅をイメージしたブレンドとのことで、狙いどおりのものになっているかんじ

紅茶自体の味は強くないのでお菓子といっしょに飲むよりは

食後にこれ自体をお菓子代わりにして飲む方が合うと思いました

 

茶葉を入れっぱなしにしておいたら苦味が出てきましたので

味の変化を楽しむのには向かない様子です。

| | コメント (0)

白葉単[木叢]


ここのところお茶三昧です

1週間とあけずにどこかでお茶してる予感

 

これは11日に、別の用事で立川に行ったときに、ついでに「悟空」に寄ったもの

 

飲んだのは白葉単[木叢] (ハクヨウタンソウ)

木へんに叢と書いて「ソウ」と読みますが、日本語だと出ないので上のように書きます

 

桃やライチのような淡いフルーティな香りと甘さがいつまでも続き

渋みはあまりなく軽く焙煎の苦味がして

カフェインの軽い酩酊感が心地よいお茶でした。

 

本を読みながら2時間半ほどダラダラと飲み、

甘みがかなり薄くなり、香りがダウンしたので終わりにしましたけれど、
9煎目までなかなかがんばってくれました。

ちなみに、読んでいたのは

「チグリスとユーフラテス」 新井素子

| | コメント (0)

くもりぞらさんのオータムナルサンプル

くもりぞらさんからオータムなるのサンプルが届きました

 

こんな感じで1ポット分ずつとどきます

 


以前は2ポット分ずつ頂けて、ゆっくり楽しめるからよかったのですが

一回分だと失敗したら真価が分からなくなっちゃうので玉に瑕

 

 

淹れてみました

ウェッジウッドのカップ、左がブループラム、右がカーゾン

アリヤ(写真左)
一口目にカラメルを連想させるような苦味をベースにした甘み
その後、セージやカルダモンやフェンネルを連想させるややスパイシーな香りが出てくる。

香りが鼻に突き抜けたあと渋みがゆっくり残るが、あまり爽快ではない。

味わいは深いのでお菓子に負けずに楽しめそうな感じがある

 

グームティ(写真右)
やや青みのあるマスカテルフレーバー
その香りに乗って甘みと渋みがゆっくり現れて来るが
後味に残る前にフッと消えてしまうが嫌ではない。
香りとのバランスを考えるともう少し甘みがほしい

 

コストパフォーマンスは良い方だと思いますが残念ながら今回は見送り

ジークレフやリーフルのオータムナルの出来が良すぎるので

比べることが出来ません。

 

ですが、くもりぞらさんのいいところは2種類だけ仕入れる中に二つのタイプが入るところ

今回は味タイプと香りタイプ、おそらくもう一品はコクタイプだったのでしょうが

これは輸送事故で仕入れがストップしたとか・・・

毎回サンプルも送ってくれるし、買い物をしていて楽しいお店です。

| | コメント (0)

福袋感想2

アミーゴスのを全部ためし終わりました

 

キャッスルトン オータムナル
香ばしいモルティな口当たりにマスカテルらしき香りもあり
オータムナルとしての特性は備えている
後に残る甘さも及第点
ただ、茶葉が不ぞろいなことに起因するのかその甘さと同じくらい
苦味も気になり、満足度はとても低い

 

2006年度は全体的に出来がよく、リーフルで入手できる
サングマchinaclassic DJ469が神がかっているだけに
同じ値段でこの味では全く買う気にならない


トゥクーバーファーストフラッシュ

口当たりは香ばしく、後からグリニッシュな香りが乗る
ファーストフラッシュにしては発酵が強めでコクを感じる
香りと味のバランスはなかなか良いが甘味がやや足りず、
後味はやや苦味がのこる。値段相応の味。 

 

リシーハット セカンドフラッシュ
クルミのような香ばしさがあり甘みもある
キレのある渋みを軽く感じ、しっかりとダージリンらしさもある
ただ後味にやや苦味があるので、あっさりと飲んだ方がよさそう

 

全体的に

・香ばしいタイプが多い

・やや苦味あり(茶葉が不ぞろい?)

・値段相応なので安め(500円↓)のものはコストパフォーマンス良し

 高め(1000円↑)ものは同じ値段でもっと良いものが手に入ることもあり

 

それなりの味でたくさん飲みたいって場合にはいいかも知れませんね

美味しいものを探すって場合には使いにくいお店だと思いました。

| | コメント (0)

たまには変わった烏龍茶でも

お茶感想のカテゴリではなくて雑文なのは、それだけイロモノだから♪

 

すこし前、2chで散歩しているときにこんなのを見つけました

http://item.rakuten.co.jp/taiwan-hanacha/orej02/

 

橙花烏龍茶 お試し10g送料込み50円♪


ネタとして最高です。
50円ならポイントがたまっていますから、ポチッとな

 

で、かなり前に届いていたのですが
ようやく飲む気になったので(謎)飲んでみました

 

パッケージ写真


 
 
茶葉はこんな感じ

 

1煎め・・・

まじゅい(汗)
オレンジの香りもしますがオレンジピールから出る苦味が舌をしびれさせます
お茶の渋みはほとんど感じず、最後にやや味わいなれた甘みが
甘みから考えると元のお茶は結構よさそうなので、このお茶だけで飲みたいかも・・・

 

2煎目・・・

オレンジの苦味はすこし和らぎました
香りは、フレーバードならこのくらいかな?という感じです
ただ、やはりオレンジの苦味がお茶の甘さを凌駕していて、バランスの悪さは否めません
これを1/5くらいにして、出来の良い台湾烏龍茶に混ぜたらちょうどいい感じになりそうですが・・・

少なくすればちょうどよいフレーバーというのは、そもそも何かが間違っています(汗)

 

とにかく限界 3煎目はのめませんでした

 

ちょっともったいない気がして水出しにしたら、それなりに飲めました

オレンジの香りに、お茶の甘さがかすかに乗って、まぁまぁです

ただそれは、香料に砂糖を入れたオレンジジュースが飲めるのと同様の「美味しさ」であって

お茶の味ではありません。

 

逆に言うと、お茶としては楽しめないというだけなので

「ああ、こういう珍しいお茶もあるんだ」と水出しで飲む分にはいいかもしれません。

 

自分でも今回は無謀な挑戦だったかなー、と思いましたけど(汗)

 

半分とちょっと使ったので、すこしだけ残っています(3~4gくらい)

試してみたいなんていう奇特な方はいらっしゃいますか?

| | コメント (0)

夏子の酒

さて、ライブ後

一緒に行った人が、前々からおいしいカクテルを飲みたいと言っていたので

先日行ったBARに突撃です。

 

とはいえ、こちらまだ2回目

顔を忘れられていたらどうしましょ?

 

それで、まぁカウンターに座ったわけですよ

 

「先日はどうもありがとうございました」

 

\(´ー`)ノ わーい、覚えててくれた

 

「はい、こちらこそご迷惑をおかけしました」

 

「いえいえ

 今日はお茶ないんですか?」

 

第一声がそれかい!(@Д@;)

しかも出していいの? いいの?

 

と、ドキドキしつつ

 

「実は・・・あるんですよ  (ぉぃ

 先週ですねぇ、スキーになんぞ、行きまして

 おいしいお酒が見つかったもので」

 

と出したのが「夏子の酒」のモデルになった久須美酒造の

「夏子物語 純米吟醸」

(パッケージ写真撮り忘れました、検索すれば見つかります)

 

口当たりはやさしいのに、やや辛口で

ふわっとフルーティーな香りの漂うおいしいお酒です。

 

普通のカクテルを一杯ずつ頼んで、ちびちび飲みつつ待ちます

これは、やっぱり無茶だったのでしょうか、相当悩んでいました。

 

それで、出来上がったのがコチラ

 

 

 


 

レシピは、日本酒+オレンジビター数滴、氷を入れたステアグラスの中で長めにステアして

氷を切り、仕上げにオレンジピールから香りを飛ばして出来上がり、って感じ。

 

コレがまたうまいのなんのって・・・

グラスに口をつけるとオレンジの香り、アルコール度が上手く調整されていて、飲んだ瞬間のピリっとした切れがなんとも言えず、あとから日本酒の持つフルーティーな香りがゆっくりと姿を現す。

日本酒の持つ香りがちゃんと生きてるけど、味も香りも別の飲み物。

濃すぎず薄すぎず、このまま何杯でも飲めそうでした。

 

いやぁ・・・プロだわ

 

一緒に行った人が愚痴ってる間はまったく声をかけず

会話が切れたら「そろそろ作りますか?」と言って来るあたりの間の取り方も絶妙

居心地がよいBARってこういうもんなんですね

 

こういう無茶はなかなか出来ませんが

普通に頼んだレシピもおいしく作ってもらえまして、大満足です。

 

そんな無茶を聞いてくれたBARポットベリーさんはこちら

とてもよいお店です。

| | コメント (0)

ライブレポート

新居昭乃 LIVE 2007 Early in Spring

 2007.03.02 東京国際フォーラム Cホール

 

さて、前回とほぼ同じ内容なのに行ってきました

こんどは古い知り合いに布教活動

(‾ー‾) さぁ聞け! と誘って出陣です

 

 

_|‾|○ 午後から寒気がして家で寝てました

はい、開場時間すぎに家を出ましたがなにか?(汗

 

それでも何とか開演10分前くらいには会場につきましてなんとか席につきました

席番が端っこだったので心配していたのですが、セット配置が左よりだったこともあって、弦楽の人の顔も昭乃さんの顔もよーく見えて、いままででもかなりお得!という席でした。

 

さて、曲目と一言感想

 

1  ルビーの月 ヒスイの海

 前回は眠気が最高潮のところで演奏された曲(笑)

 今回はちゃんと聞きました

 昭乃さんは相変わらず(失礼)最初はエンジンかかってません

 バックは弦楽四重奏のみ、とってもいい感じに鳴っています

 ゆったりと聞けて、次の曲が楽しみ~になります

 

2 黒い種

 前回と曲順かなり違うのね

 編曲はかなり似てるっぽいけど、ベースがズンズン響いてきます

 舞台をよく見ると保刈さんが弾いてるのね(@д@;

 ズンズンベースに弦楽が乗ってその上で昭乃さんがコロコロと歌うような

 とーっても立体的な仕上がり。このライブバージョンは良いです。 

 

3 花かんむり

 わーい、古いファンが泣いて喜ぶよ

 こどーものーめをーしてーーー

 皆、聴き入ってます。

 編成はチェロだけのこって+いつものメンバー

 チェロをウッドベースのように使って厚みのある音

 じゅうたんの上で昔話を聞くようなイメージなのかな

 

4 虹色の惑星

 愛してるの~~~

 

 だんだんエンジンがかかって来ました

 

5 多分新曲

  も一個の新曲「深海の火」ってこんなんだったかなー。

  とか思いつつ聴いていた恥ずかしい人は私です

 

6 ノルブリンカ

 昭乃さんパワー全開

 前回ネムネムで聞いてたようです

 叫んで良い曲です

 「貴方といた夏を、思い出せない」

 だったかな、とても切ない歌

 早く新アルバムでないかな

 

7 深海の火

 あいしてるー あいしてるー あいしてるー

 

この辺でいつものメンバーだけになって

 

8 鉱石ラジオ

 席が前だからズンズンくるよーーー

 ちなみにこのアレンジはちょっと好きじゃなかったりする

 CD盤の全部つながって最後までいける編曲の方が好み

 

そのあとピアノソロで

9 VOICES

 (@д@; やるんですか!?と聴いている方はドキドキ です

 ピアノが入る瞬間・・・ため息が出ると思いました

 ライブ番のピアノソロは音がある程度簡略化されてはいるけど

 もともと声を聞かせるこの曲にはぴったりです。

 

 とても静かな雰囲気になって、全員入場

 メンバー紹介が入ります

 

その弦楽+ピアノで

10 水

 リリカル&クラシカル

 これも早くアルバム化期待ですね。

 

11 ガレキの楽園

 行進曲ノリのこの曲でも弦楽が大活躍

 今日は全体的に編曲ハマってる気がします

 

12 OMATSURI

 アチラの世界

 むしろ何人か帰ってきたような気がします(マテ

 

 ラストで弦楽鳴らしっぱなしでエーーエーーエーと

 アジアンっぽく叫んでいました

 トリップしそうな空間

 

13  願い事

   この辺から前回と同じ曲順かな

 ということで次が最後の曲

 

14  降るプラチナ

 

と思ったら違いました(@д@

 

15 WANNA BE AN ANGEL

うあ、選曲イイヨ

弦楽美味しいよ

ライトワークもかっこいいよ

何人か天国行きそうですね(照

 

歌い終わりで満足気に両手をあげた昭乃さんが印象的でした

 

・・・あれ、客電上がらないのね

なんと、もう一曲歌うらしい

 

今日はパワフル、太っ腹です

 

皆さん新生活がんばってくださいね、と前置きでこの歌

16  エデンにて

 

σ(・_・) としてはここで終わりでも満足だったかも

アンコールは

17 Reve

 

昭乃さんが踊って

わーい、目の前に来たー

目うるんでる~ かわいー 

 

で、最後はギター弾き語り

18. ポーリーヌ・ポーリーヌ

 

静かに幕

 

いくつか流れ悪いところもあるけど

編曲のよさと、歌の力の入れ具合なんかを考えると

いままでの中でかな~り美味しいライブでした。

 

あんまり期待していなかったけど(ぉぃ)行ってよかったー。

 

| | コメント (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »