« 活字ちゅーどく | トップページ | お飲み物ツアー後編 »

お飲み物ツアー前編

ことは三日前にさかのぼりまして
mixiでお茶関係のコミュニティーで書き込む内容が似通っている人からマイミク(cururuのお友達機能とおなじ)の申請があり、そのあとメッセージ(ミニメールと同じ)をやり取りしました

 

相手のお人は「みっきー」さんと言います

 

「突然ですが明日お茶しに行きませんかー」

なんでも青山ティーファクトリー(セイロン紅茶で有名なお店)に今年の新茶が入ったとか

 

うん、素敵、仕事じゃなければ二つ返事。

・・・なので、普通ならそれで終わるはずのお話でした

ところが終わらなかった

 

次の日の夜、興奮した「突発お茶オフレポート」がとどきました。
そりゃ、もう、楽しそうです

 

みっきーさんが「平日夜も可能なので行って見ませんか?」というので

 

「近いうちに行く気満々ですよ~
 っていうか、ですね
 今日休みだったりするので、昼からいけるんですよ(笑 」

とお返事

 「じゃ、行きましょう」

 

決定です(@д@;

 われながら、ミソジを超えてのこの勢いはなんだ、と思う


さて、それで昨日行って来ました青山ティーファクトリー

 

まず店長さんが面白い人です
忙しいはずなのに、買い付けの話をガンガン語ってくれました

 

これがまた、会話の中に紅茶関係で有名な人の名前も次から次へ出てきて
(@д@; 目玉飛び出っぱなし
落ちて転がるんじゃないかと思いました。

 

美味しいお茶があったから1t(!)買ったとか
○○の茶葉は第2便でとどく方が美味しいから今は買わないほうがいいよ
(え、店長さん・・・これ売らなくていいの?)とか

会話に商売っ気が少なく、素朴で明るい雰囲気に満ちています

 

全体的に暖かいお店でした
近いうちにまた行くでしょう。うん

 

ディンブラでアフタヌーンティセットをいただきましたが

今年からお茶の感想は個別に記録するつもりなので別記事に。


続いて池袋へ

みっきーさんの二つ目の目的「もるとや」さん

ウイスキーがずら~~~~~~~~~っと並んでいるお店でした

 

ダージリンの味の表現に「モルティな」という要素がありますから
お茶好きとウイスキー好きは明らかに共通点があります。
(というか「飲み物好き」でひとくくりできそう)

 

まず入門ということで3種類のテイスティングを頂きました

・スウィーティー
・スパイシー
・スモーキー

どの方向が好みかという試験です

好み?というか美味しいと思うのはスパイシーでした
飲みやすさではスウィーティー

とはいえ、どれも個性があって楽しめます。

 

新鮮な体験だったのは「加水」
香りとアルコール度数と味は微妙なバランスの上に成り立っているのですが
1~2滴の水を加えるだけで味が劇的に変化するのです

 

さらに室温に馴染んでくるとまた味が変わる・・・

お茶関係であれこれ飲んでいると味と香りばかりに目が向いてしまいますが
水分と温度という二つも飲み物として重要なファクターであるわけです

(考えてみれば当たり前で、果物のジュースをホットで飲んでも美味しくはない)

それを改めて味わえたというだけでも、貴重な体験でした。

 

3種類のセットの後はボウモアというウイスキーを基準に置いて
2種類、滅茶苦茶スモーキーなものと香りが強いものというリクエストをして
選んでもらいまして、
それぞれ水分や温度による変化を楽しみながら、味わいました

(残念ながら銘柄は覚えていません)

その結果、ワタクシは今の段階ではかなりスモーキーなものの方が美味しく飲める様子

はまったらやばいなーという 「もるとや」さんでした


続いてみっきーさんがルピシアで試飲したいというので立ち寄り
ここは特筆すべきことはありませんでした。

 

さて、食べて飲んで
これで終わりでもいいくらいのコースですが
このあとさらにBARに行きます(つづく)

|

« 活字ちゅーどく | トップページ | お飲み物ツアー後編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 活字ちゅーどく | トップページ | お飲み物ツアー後編 »