« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月

さらに自作・・・もはやストラップではない

えー、とうとう

完っ全にアクセサリーなものをつくってしまいました。

 


紫の革ひもが涼しげでしょ?(季節感なし)
使っている石はアメジスト・ローズクオーツ・ブルークオーツ・アイオライトです
 
革紐の長さは40cmくらい
例によって石の部分を拡大↓


パーツを前後に配置して立体感を演出してみました

画面だとごちゃごちゃして見えるかも。

それから、あえて色を左右非対称に配置

 

半分以上思いつきでやったので

上手く出来ているのかかなり不安(^^;

 

女性の皆様、よろしければ採点をm(。。)m

 

| | コメント (0)

せかんどふらっしゅ、味見編

もう先々週になるのか、この日に買っておいたお茶を飲んで見ました

 

まずはリーフルさんの三つ

 

キャッスルトン農園マスカテル DJ-197
溢れるマスカテルフレーバーに驚く暇もなく
スッと喉の奥に流れていく。
すっきりとした渋みが口に残りもう一口飲みたくなる。
香りとコクが際立ったお茶。

 

オカイティ農園マーベル DJ-165 
柑橘系の香りの中にとろっとした甘味があり
混ざりあいながら深い余韻を残す。
すこしフラワリーな後味は去年のスパイシーなコクとは対照的

 

ナムリン農園アッパー クローナル EX-214
キレのある渋み、それを支える甘味、透き通るオレンジ色の水色
ダージリンの特色を十分に持ちながら、少しだけ感じるアッサムのような
懐かしい土の匂い
落ち着けるお茶だと思う

 

それからジークレフさんの一つ

 

フーセリン
淡く流れる甘味の中に、おぼろげにスパイシーな風味があらわれる
ダージリンとしては珍しいタイプだけれども、それだけに
くもりぞらのフグリの方が上品で良い

 

えーと・・・

キャッスルトンとオカイティを名前買いしていたのですがやっぱり正解でした。

意外なのはナムリン農園

本当にアッサムが混じってるんじゃないかと錯覚しそうになった。

つまりコクや甘みは申し分ない出来。

もしダージリンでミルクティーにするなんて奇特な(失礼)ことをする場合

案外いいのではないかと思った。

 

さて、これであと残っているのがマーガレッツホープ農園

ジークレフでもリーフルでも買っています

しかも今年のファーストフラッシュもあります

去年のセカンドフラッシュも残っています(笑

 

面白いので5種類(6種類かも)同時に飲んでみようと思う

いずれ暇なときに(^^;

| | コメント (0)

自作スタイラスストラップその2

ということで買ってきた石がまだあったので

(なぜか材料を買い足したりしていますが気にせず)

さらに二つ作ってみました

 

ピンボケ・・・

 
石の部分のアップです

タイガーアイとアベンチュリン
 
性懲りもなく、一工夫してます
タイガーアイの方は、なにやらへんな金具がついてますね、これが・・・

ちょっとひも長めかも

ブレスレットにも出来たりします

だれが使うんでしょうね(汗

 

 

アベンチュリンの方は、ひもの結び目が

このようになっておりまして


これがスライドして長さが調節できますので
 

いま思ったけど結び目の内側にも玉入れたらおもしろかったかも・・・

ペンダント代わりにも出来たりします

こんなスタイラスストラップがあってもいいよね

 

あー楽しかった

 

じつはこちらは、差し上げるには気が引ける原価かかっちゃいました。

原価は秘密

売るとしたら タイガーアイの方は780円かなぁ

アベンチュリンの方は1280円かなー ってかんじで想像してください(汗

万が一この値段で欲しいなんて人がいたらご連絡ください

| | コメント (0)

自作スタイラスストラップ

知り合いの皆様はご存知だと思いますが

σ(・・ )willcomのPHSユーザーです

 

んで、今の愛機がこちら

WS007SH 通称 ZERO−3[es]です

 

ウインドウズモバイルが乗っていてキーボードがついてる電話機です
 
キーボードがついてるのでメールとかサクサク打てて今のところ重宝してます
文字入力以外は

スタイラスと呼ばれるこんな棒で液晶を突付いて操作するんですが
このスタイラスが細くて軽くて力はいらないし、
ちょっとした隙になくしそうで怖くて案外使いにくいんですよ
 
で、代用品を探していたらですね
ティアドロップスタイラスという商品を見つけました
 
こんなの (リンク先 真ん中あたり)
 
シルバーで重厚感のある作り、使いやすそうじゃないですか
高級感もあってなんか持っているとうれしくなれそうです(笑
ちと欲しくなったので類似品で安いものもありそうだなと検索したら
自作者発見 ヽ(´ー`)ノ
 
ふむふむ、100円均一の勾玉ペンダントですか
いいんじゃなーい?
 
僕のその手に乗ることにしました。
でもほら、どうせならきっちりやりたいじゃないですか。
 
ということでアクセサリーパーツ屋をまわりまして
(パーツの使い方? 適当ですよそんなもん)
 
こんなん作りました
色合いで選んだけど、ターコイズは僕の誕生石なので一石二鳥

この勾玉の先っちょで画面をちょこちょこ押して使うんですが
予想通り、使いやすくて快適♪
 
 
それでですね、一つだけ作るのも材料が余ってさびしかったので
 
5個ほど作っちゃいました(ぇ
 

 
 
石の部分のアップです
 

 

左からソーダライト ローズクオーツx2 アメジストx2
ハート型のトップパーツも、勾玉と同じように先っちょでスタイラス代わりできます
 
 
 
さらに
ただ作るだけではつまらなかったので、一工夫しました
ストラップのパーツを外すと、なんと
 

この長さがスタイラスとしてもちょうど良かったんでひらめきました(笑
 
チョーカーになっていたりします。こんな商品あったら面白くない?
 
あー、楽しかった
物を作るのは楽しいね、やっぱ
 
 
トコロデコレドウシヨウ?
ホシイヒトイル?
 
追記:
ハートのローズクオーツとアメジストの勾玉とソーダライトがお嫁(婿?)に行きました。
作った甲斐あるなぁ、ウキウキ
 

| | コメント (0)

ぐるーりぐるーり

今日は人間ドックに行ってきました

会社の健康診断の代わりです

 

いあー、なんつーか

病院じゃなくてあからさまに専用の施設なんね

明るくてキレイ。でも検査しかすることがない不思議な空間

 

細かいことはおいといて

今日の一言は

 

ヽ(・_・)ノ 何度も名前よばれていた「イノウエ ヤスシ」さーん

同姓同名でしょうけど、そのたびに周囲の人が注目していましたヨ

 

あとは視力

眼精疲労でじぇんじぇん見えないけど(ピントあわせが遅いから)

まだ1.0はあるらしい

でもどんどん悪くなるんだろうから、はやく治療しないとね

 

そして、みんな胃の撮影のことばかり言うんですが

僕はあれ結構楽しめましたよ?

胃壁にバリウム張り付かせるために 「はい、一度左向いてから下回って右に」

(@д@; 270度回転かよ!

てなことをするわけですが

もうちょっと早く回れば 気分はR-360?(ォィ

 

それより辛かったのは超音波

ヘラみたいのをおなかに当てて撮影するんですが

画像が上手く映るように、グリグリと探すんですよ

 

はい、息とめてね → グリグリグリグリ

 

くすぐったいって!

笑っちゃって息が漏れる→やりなおし

 

_|‾|○ くすぐりの刑部屋だと思いました

 

そんなこんなで半日で終わったのですが

下剤を飲んでるのでさくっと帰宅して家にいる以外やることありません

 

ハヤクデテコイシロウンコー

 

 

| | コメント (0)

せかんどふらっしゅ

10/12

夜勤明けでまた紅茶を買いに行ってきました。

 

セカンドフラッシュの時期ですから

 

で、例によって一軒めジークレフさん

 

お店に行ったら見覚えのない人がいました。

いや・・・まぁ、お店の人も入れ替わることはあるんでしょうけど

なんていうんでしょうね、無駄に構われてもイヤというか。

相手が顔覚えててくれるかどーかは分かりませんが

σ(・・ )が見覚えのある人は無駄に話しかけてこない店員さんだったので

ちょっとドキドキ

 

_|‾|○ そして予想はあたり 「試飲いかがですか」 「なにかお探しですか」 「いまはこちらがお勧めです」などの会話攻撃

 

ん~、眠いんだけどなー、と思いつつ

どうせ買うものは決まっているので、それ以外をあえて試飲(笑

 

前の客が試飲していたので、タムソンが入ってますといわれましたが、気になるものとしてはファーストフラッシュでいいものをつくるグームティ

それからゴパルダーラワンダーティー

 

えっと、結論から言うと

どちらも好みではありませんでした。

 

グームティ茶園

口にした瞬間は「あれ、飲んだのかな?」と思うようなあっさりした口当たり

次第に渋みがひろがり、くぐもったマスカットフレーバーも感じる。

甘みは少なめで、ずっしりと重い飲みごたえ。

それを紅茶に求める場合もあるんだろうけど、後味にやや苦味があって

重すぎと感じるものだったので、僕としてはパスでした。

 

ゴパルダーラ茶園 ワンダーティ

発酵が浅く手揉みで作っているというお茶

僕が一言でこれを表現するなら「漬物」

口あたりは米のようなほのかな甘さがあり、その後すこしフラワリーでもあり青みもある複雑な香りが広がる。

ガツンと渋みがあれば、後味がすっきりしておいしそうな感じだったのだけど

味があまりないため、口のなかに不思議な香りがいつまでも残ってしまい

なんだかフワフワして釈然としない味だった。

一杯楽しむにはいいけど、買って帰りたいお茶ではなく、これもパス

 

それで・・・、マーガレッツホープとそのほかのテイスティングパックをいくつか買って帰りました。

 

で、いつもどおりリーフルさんへ

ここはいつ来ても目移りします。

 

てゆーか、同じ茶園の別ロットって面白いけど厳しいです。

全部買うわけには行かないし、飲んでみないと決めにくいし

 

で、今回はそれをやっちゃいました。

4種類まで試飲いいですよ、と言われたので

サングマのヤマダバリ ユメコバリ

それからタルボのスペシャルチャイナとクローナルティピー

 

サングマはこちらの記事でもファーストフラッシュを試飲している農園です

さて、セカンドになってどのように変化したのでしょうか。

 

と思ったらですね

なんていうか、ファーストがそのまま成長したような感じでした

サングマ農園ユメコバリ  DJ-133ダイアナ 

口に含んだ瞬間にふわっと広がるバラのような香りに

それを支える甘さが溶け出しマスカットフレーバーに変わりながら

フルーティーな香りを残していくお茶

 

ファーストフラッシュでは、おてんば少女だと思っていたのが

素敵なレディになった感じです。

 

サングマ農園ヤマダバリ DJ-134シルキームーン

こちらも、まったく同じような性格でした

一口めはトロっと甘く、ワインで絹やベルベットのような口当たりと表現しそう。

やわらかい渋みとマスカットフレーバーを包みながらゆっくりと消えていく

上品なお茶。

 

でもユメコバリと比べるとやや物足りないかな、という感じでした

 

お次はタルボ

タルボ農園 クローナルティッピーDJ-217

パンのような香ばしさとマスカテルフレーバー

ふくよかな甘みとコクのある渋み

バランスがよく、セカンドの見本みたいなお茶だったけど

ややもするとちょっと単調な味

 

タルボ農園  スペシャルチャイナDJ-167 

スパイシーななかにチェリーのようなフルーティーさを持つ複雑な香り

甘みと混じりあい、キレのある渋みを残しながらマスカテルフレーバーに変わっていく

飲むたびに変化し、しかもバランスが良い楽しめるお茶

 

スペシャルチャイナは僕好みなので買い決定

その他、マーガレッツホープやオカイティを名前買い(笑

 

この日の買い物

茶葉合計 9種 226g 11476円ナリ

 

| | コメント (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »