« パンヤ8時杯 | トップページ | 7/16日 散財報告 »

茶器が欲しい!

気にいってたポットを割ってしまってへこんでいる秋川です。

 

とはいえ、欲しいのはポットではありません。

言ってみれば携帯用の茶器セット。

 

実は、すでにこんなのがあるのですよ

ちょっと大きさ分かりにくいけど
急須の大きさはこちらの記事で


この湯のみがぴったり重なっちゃいます

それぞれ、茶巾にくるんで、このとおり↓

このかごの大きさが、大体A5版の新書くらい。
悪くはありません。
 
ところが、ある日適当にネットを回っていたら
こんな記事を見てしまったのですよ
 
上のかごより小さなケースの中に驚くほど多くのセットが収まっています。
 
結局、上のかごは持ち運べるように一つの入れ物に入れただけであって
携帯用というには大きすぎるということになりましょうか。
 
とはいえ、僕の場合は一人用で十分ですから
6人分のセットは必要ありません。
また茶杯を減らして茶壷を入れるのであれば
今持っているかごと大差ないので、こちらのセットはボツです。
(ちなみに、検索すると3000円程度で売られていました)
 
次に見つけてしまったのがこちらの記事
必要十分の機能が最小限の大きさに収まっています
これ以上に効率的なものは作れないのではないかと思わされます。
 
自分が中国茶派(?)であれば、真似をしたところですが
残念ながら、蓋碗というのは紅茶には使いにくいのです。
 
さて、もうすこし調べてみると
お茶を持ち運べれば良いのであればこんな感じの製品が目に入ります
 
毎日、家でお茶を入れてペットボトルに詰め替えるような人や
スターバックスでコーヒーを買って出社するというような人には
これらの製品はとても合っているのではないでしょうか?
 
会社でも旅行先でも、自分の気に入った飲み物を、
その場で作ることができて、しかも経済的です。
 
cafe soloなんて、都会的なデザインも物欲を誘います。
 
ところがどっこい
お茶好きとしては、ポットからそそぐという行為も含めて持ち歩きたいので
これらの製品も魅力的ですが廃案です。
 
いろいろ考えると
・ポットひとつ
・茶杯をできれば二つ
・それらをすべて入れ子に
それでポットの大きさにすべての機能が収まれば
要求を満足させることができるでしょう。
 
すると、煎茶(や玉露)の道具ですが
こんなのが、かなり欲求に近いようです

急須(宝瓶)一つ、茶杯二つ、すべて入れ子にできる。

大きさも申し分ないような気がしますね。

 

残念なのは、宝瓶では蓋碗と同じ点が弱点になるということ

要するに、熱湯を使うと熱いのです。

 

それで思い出したのが、昔レピシエで買ったこんなポット

フリスクは大きさ比較用です

羽になっている部分が持ち手になるので、熱くならず
また、取ってがないので、持ち歩きを考えた場合、大きさとしても十分です。
 
んで、これに入る茶杯がないか検討してみたわけですが・・・
このポットでは細すぎて、手持ちの茶杯では無理でした。
さらに、もしも入る茶杯があっても、小さすぎて使いにくいかもしれません。
 
ポットとカップの大きさがはじめから考えられているという意味では
こちらの商品が、もっとも適しているといえるでしょう。
また、これなら(ポットの上部に高さがあるので)熱湯で使ってもあまり熱くなさそうです
 
ただ、こういうのは自分でこだわって作ってみたいという欲求が
なぜかありますので、このセットを買うのは見合わせたいもの。
 
ということで、結論としては、
宝瓶型で、レピシエのポットのような羽がついている製品を探し
それにぴったりくる入れ子の茶杯を二つ入れる。
これが目標になるでしょう。
 
てなわけで、
こんどの大茶会でいいものが見つかりますように。
 
以上、散財宣言でした。

|

« パンヤ8時杯 | トップページ | 7/16日 散財報告 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« パンヤ8時杯 | トップページ | 7/16日 散財報告 »