« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月

趣味で見に行くページ

科学関連

 

みんな敬遠しちゃいますかねぇ・・・

知識とか計算とか、そういうのは確かにめんどくさいわけですが

 

「科学的に考える」ということは、面白いと思うんですよ。

 

はい、そんなわけでオススメはこちら

 

水商売ウォッチング

http://atom11.phys.ocha.ac.jp/wwatch/intro.html

 

量子論と複雑系のパラダイム

http://www31.ocn.ne.jp/~nif/paradigm/paradigm-web.htm

| | コメント (0)

大茶会、後日談

もう1週間以上前の話ですが

こんなものを買いました、ということで写真に撮って見ました

 

黒茶はちょっと別物と考えているので下には写ってなかったり。

一番右端の白鶏冠はまだ開いてなかったり

 

それ以外をまとめて写真を撮るとこんな感じ

 

 
右下に茶壺が写ってます
いつもみたいなカッコつけじゃありません。
ええ、これ お茶のおまけでもらったんです
 
店によってはオマケの方が高くないかい?(−−;
僕はホクホク顔で楽しんでますが
これが原因になって我が家に中国茶器が揃う日は遠くな・・・
_|‾|○ また買うのね
 
 

 
左から水金亀 蜜蘭香 鉄羅漢
形も色も少しずつ違うのが分かる
 
水金亀はキレのあるバランスの良い味
鉄羅漢はコクがあって甘い
蜜蘭香はライチのようにフルーティな香りの良いお茶
 
 

| | コメント (0)

7/16日 散財報告

紅茶のカテゴリの方がいいんだろうけど

違うネタもあるので。

 

さてさて、大茶会行ってきました

先日予告したとおり、茶器を漁りに行くのが目的です

 

ところが・・・ですね

まずは条件に合うものがなかなかないってことと

それから、最近いろいろ調べまくって、無駄に詳しくなっちゃったので

値段が大体分かっちゃうんですね。

高いと感じるとそれ以上追求することなく、茶器はあまり魅力的なものが

ありませんでした。

 

そうそう、気になったのは二つ

奇古堂さんの、「温馨杯」

蓋碗と茶杯と聞香杯の機能を一つにまとめた茶器とのこと

茶葉を入れっぱなしで、そのままお湯を継ぎ足しながら飲めるとのことで

そういうのみ方をするなら便利なのかな?

 

それから、エコ水筒の実物見てきました

外見がいかにもペットボトルなので安っぽい気がしてたんですが

触ったところ、瓶も蓋も案外しっかりしてるので思ったより良さそうです。

倒してもこぼす心配がないって意味で、こっちの方が仕事場でチビチビやるには良さそうですね

 

んで、そのまま帰ればいいものを、茶葉も見に行きまして。

ふと岩茶が欲しくなり

 

・・・中略・・・

 

ふと気が付くと

白鶏冠

鉄羅漢

水金亀

蜜蘭香

陳宮プーアル

5つほど買っていました。

計5000円 300gです

 

さて、その後はもちろん昭乃さん。

知り合いのウチで2番目くらいに昭乃さんファンの人を誘って

ライブ(というかトーク+ライブショー?)に行ってきました。

 

歌はあまりなくて、3月に行ったヨーロッパツアーの

ネタ報告みたいな感じでした。

 

で・・・

そのトークのひとこま

客からの質問コーナー(先に質問を書く紙があってそれを読む)で

「ヨーロッパツアーに行って、一番美味しかったものはなんですか」

という質問に

 

ヨーロッパの食べ物に飽きてきたときに

差し入れでもらった納豆せんべい

 

ってどうよ?

会場大爆笑でしたが、ファン減らないかと心配しましたよ(笑)

 

そして、そのあとゲスト一人追加して

ゲストと二人で答えた質問

 

最近泣いたことは何ですか

 

昭乃さんの答え要約

「涙もろいので映画とかでボロボロ泣いちゃうけど

 自分のことではあまり泣いていないから、けっこう幸せなのかな」

 

おお、優等生みたいな答えだ

 

そして、ゲストのホガリ君の答え

「足の小指ぶつけたとき」

 

 

ファン減りませんか?(笑)

 

まぁ、音楽としゃべりは別物だから、減らないとは思いますけど

このひとたち本気でどーしようかと思いましたよ。うん

 

んで、ライブ後は飲みに。

ライブの話やらお茶の話やらを肴に美味しく飲み食いしました。

 

お茶目な僕は、相手の終電を気にしつつ

自分の終電がなくなりました(笑

始発後に帰ってきて、ブログ書いて・・・と

 

いまから寝ます、おやすみ~

| | コメント (0)

茶器が欲しい!

気にいってたポットを割ってしまってへこんでいる秋川です。

 

とはいえ、欲しいのはポットではありません。

言ってみれば携帯用の茶器セット。

 

実は、すでにこんなのがあるのですよ

ちょっと大きさ分かりにくいけど
急須の大きさはこちらの記事で


この湯のみがぴったり重なっちゃいます

それぞれ、茶巾にくるんで、このとおり↓

このかごの大きさが、大体A5版の新書くらい。
悪くはありません。
 
ところが、ある日適当にネットを回っていたら
こんな記事を見てしまったのですよ
 
上のかごより小さなケースの中に驚くほど多くのセットが収まっています。
 
結局、上のかごは持ち運べるように一つの入れ物に入れただけであって
携帯用というには大きすぎるということになりましょうか。
 
とはいえ、僕の場合は一人用で十分ですから
6人分のセットは必要ありません。
また茶杯を減らして茶壷を入れるのであれば
今持っているかごと大差ないので、こちらのセットはボツです。
(ちなみに、検索すると3000円程度で売られていました)
 
次に見つけてしまったのがこちらの記事
必要十分の機能が最小限の大きさに収まっています
これ以上に効率的なものは作れないのではないかと思わされます。
 
自分が中国茶派(?)であれば、真似をしたところですが
残念ながら、蓋碗というのは紅茶には使いにくいのです。
 
さて、もうすこし調べてみると
お茶を持ち運べれば良いのであればこんな感じの製品が目に入ります
 
毎日、家でお茶を入れてペットボトルに詰め替えるような人や
スターバックスでコーヒーを買って出社するというような人には
これらの製品はとても合っているのではないでしょうか?
 
会社でも旅行先でも、自分の気に入った飲み物を、
その場で作ることができて、しかも経済的です。
 
cafe soloなんて、都会的なデザインも物欲を誘います。
 
ところがどっこい
お茶好きとしては、ポットからそそぐという行為も含めて持ち歩きたいので
これらの製品も魅力的ですが廃案です。
 
いろいろ考えると
・ポットひとつ
・茶杯をできれば二つ
・それらをすべて入れ子に
それでポットの大きさにすべての機能が収まれば
要求を満足させることができるでしょう。
 
すると、煎茶(や玉露)の道具ですが
こんなのが、かなり欲求に近いようです

急須(宝瓶)一つ、茶杯二つ、すべて入れ子にできる。

大きさも申し分ないような気がしますね。

 

残念なのは、宝瓶では蓋碗と同じ点が弱点になるということ

要するに、熱湯を使うと熱いのです。

 

それで思い出したのが、昔レピシエで買ったこんなポット

フリスクは大きさ比較用です

羽になっている部分が持ち手になるので、熱くならず
また、取ってがないので、持ち歩きを考えた場合、大きさとしても十分です。
 
んで、これに入る茶杯がないか検討してみたわけですが・・・
このポットでは細すぎて、手持ちの茶杯では無理でした。
さらに、もしも入る茶杯があっても、小さすぎて使いにくいかもしれません。
 
ポットとカップの大きさがはじめから考えられているという意味では
こちらの商品が、もっとも適しているといえるでしょう。
また、これなら(ポットの上部に高さがあるので)熱湯で使ってもあまり熱くなさそうです
 
ただ、こういうのは自分でこだわって作ってみたいという欲求が
なぜかありますので、このセットを買うのは見合わせたいもの。
 
ということで、結論としては、
宝瓶型で、レピシエのポットのような羽がついている製品を探し
それにぴったりくる入れ子の茶杯を二つ入れる。
これが目標になるでしょう。
 
てなわけで、
こんどの大茶会でいいものが見つかりますように。
 
以上、散財宣言でした。

| | コメント (0)

パンヤ8時杯

久しぶりのパンヤネタです。

前回は・・・_|‾|○かなり前ですね。

 

パンヤの中のユーザー大会に

朝8時/夜8時杯というものがあるのですが

 

これがなんと2周年を迎えるということで

お祭り好きな僕は参加してきました

 

結果一覧

08:00 ブルーラグーン   5位/30人 -23
09:00 セピアウインド   13位/24人 -16
10:00 ウィズウィズ    4位/22人 -20
11:00 ホワイトウィズ   3位/21人 -18
12:00 ブルーウォーター  4位/13人 -17
13:00 ウインドヒル    2位/13人 -15
14:00 ウェストウィズ   6位/22人 -21
15:00 ブルームーン    3位/14人 -19
16:00 シルビアキャノン  6位/18人 -14
17:00 シャイニングサンド 10位/29人 -22
18:00 ブルーウォーター  5位/13人 -20
19:00 ウインドヒル    6位/12人 -10
20:00 セピアウインド   15位/28人 -16

 














 

ということで13時間耐久大会でした。

やっぱり馬鹿としかいえない?(笑

 

成績を見た感じの感想

・僕ってセピアウインド下手

・ウエストウイズとシャイニングサンドも順位が低い

・後半やっぱ疲れてるなー

 

平均順位 6.25位/19.92人(30人換算9.42位)

よくもなく、悪くもないという順位ですね

 

お疲れ自分!

| | コメント (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »