« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月

眼精疲労ぽい

最近目のピントが合わないんですよ

 

そんなわけで眼科行ってきました

もちろん、下調べは念入りに。

ちょっと調べると出てくる「アイエステ」とか

ロクに検査もしないで、あっためて冷やしてマッサージで金取るところは

絶対行きたくありませんから。

 

んで、見つけたのが眼精疲労の検査機械を導入したとかいう病院

 

簡単に説明すると

今までの「視力」というのは目がピントを合わせた結果「最終的に」見えるかどうかでものすごく時間がかかる場合、視力が良くても見えないってことがありうる。

それに対して、その機械は目がピントを合わせるときに「どれくらい頑張っているか」を測定するとのこと

なるほど、合理的です。

 

で、検査受けてきました。

けっこー楽しかったですよ

症状ってちゃんとグラフにも出るんですね

 

本人、ものすごく痛いので相当ひどいと思っていたら

グラフで見るとそんなに変な状態じゃなかったみたいです。

 

症状としては筋肉が凝っているというより

疲れて力が弱っている状態とのこと

 

2週間くらいでよくなるとか言われましたが

さてさて・・・

 

とにかく、疲れ目を感じる人はいちど検査をオススメします。 ハイ

 

 

| | コメント (0)

大茶会

来月そういう名前のイベントが新宿であります

 

詳しくはこちら

http://www.ozone.co.jp/event_seminar/event/detail/164.html

 

 

以前行った感じだと紅茶関係ではそんなに美味しいイベントじゃないかも?

 

紅茶はねぇ・・・

吉祥寺に行った方が国内では屈指のお店が2軒もあるわけですから。

(吉祥寺→新宿というハシゴはアリだな、笑)

 

緑茶・中国茶をいろいろ試飲したり 茶器を眺めて楽しむと

半日は潰せるでしょう。

 

だれかいっしょに行かない?(笑

| | コメント (0)

紅茶屋めぐり終了

前回の記事が4月21日のUPですから

わずか50日で・・・手持ちの紅茶がさびしくなりまして

夜勤明けの体で紅茶屋めぐりをしてきました

 

いま、全部の買い物が終わったところで

忘れる前にテイスティングレポートを書こうと漫画喫茶に入りました。

夜勤明けですよ?

 

さて一軒め おなじみGclefさん

 

ここでは前回おいしかったニルギリのカイラベッタ農園と

ファーストフラッシュのマーガレッツホープが目的

あとは気分でいろいろ買おうかと。

 

で、味見の結果

マーガレッツホープ農園 DJ-26

口当たりがフラワリーで、あとからグリニッシュな若い香りにつつまれる感じ

他のお茶に比べると甘み・渋みともに少ない

時間が経つにつれ、フラワリーな香りが薄れ

紅茶が持つコクが少しずつ現われて、

若草の香りをいっぱいに吸い込んだような気分になる。

マーガレッツホープのネームバリューから

フルーティなニュアンスを期待すると期待はずれになってしまうが

ファーストフラッシュとしてはとても素直なつくりで満足がいく

 

ヌワラエリヤ コートロッジ農園

いわゆる紅茶らしくない紅茶

口に入れたとたんに広がる緑茶のようなグリニッシュな香り

のど越しに感じる苦味・スパイシーさは確かにセイロンの物だけど

後味はすーっと消え、さわやかな甘みが残る

 

2~3年前にレピシエではまったマハガストット農園のお茶は

もっとセイロンっぽい香ばしさ、コクがあって

紅茶と緑茶の中間という風体を感じたものだが

こちらの茶園はさらに発酵が浅いのか香りが若い。

 

この他に

去年の ゴパルダラ茶園オータムナルとキャッスルトンのセカンドを購入

 

今度こそは!とリーフルさんに向かいました

土曜日ですから、さすがに先客があり、しかも二組

店に入ったとき、ちょうど一組目の試飲のお茶が入ったところでした。

当たり前のようにご相伴 (−m−)

 

そこでまず、二種類

そのあと二組めのお客さんの試飲をご相伴 2種類(^−^)b

 

最後に自分が飲みたいお茶を試飲 2種類(@−@;)

 

合計6種類ですよ、もお笑いが止まりません。

ひとつはダージリンじゃないので割愛して

5種類を飲んだ順に書き出してみます。

 

ノースタクバル農園 DJ−2

一口目に甘さを感じる、軽くて素直なお茶でした

フラワリーな香りが強く、飲みやすいのですが

他のお茶と飲み比べてみると、ややアミノ酸っぽい雑味があり

(単独では気がつかない程度ですが)

冷めてくると飲みにくくなる気がしました。

・・・玉露の味を考えたらそれは旨みなのか?

・・・逆にアイスティーで飲んだらおいしいのかも?

などなどいろいろ考えてしまう味でしたが

ただし、それをやるなら他のお店の安物でもいいので個人的には見送り。

誤解を与えるといけないので言い直しますが

単独で飲むならフラワリーで口あたりの軽い飲みやすいお茶です。

 

タルボ農園ティッピークローナルスペシャル

笑いが漏れたお茶、第一弾

飲む人によっていろいろな感想が出そうなお茶

僕の感想は「焼きたてのパン」

新鮮さと香ばしさを兼ね備え、噛みしめるとあとからじっくり味が出てくる

そんな感じ

ファーストフラッシュらしからぬコクのある後味。

それを包む花や若草の香り。複雑だけど嫌味がない魅力にあふれるお茶

 

マーガレッツホープ農園ティッピークローナルDJ−9

ジークレフで飲んだばかりなのに、懲りずに飲みます。

儚げでやさしい甘みを感じたあとに、ゆっくりと花の香りが現われます

後味はスッと消えていき、深い余韻を残します。

すこし冷めてから飲むと、今度は花の蜜を舐めたときのような

下の上で溶け出す甘みを感じ、のどの奥に甘みを残して去っていきます。

ジークレフのDJ−26が若草なら、こちらはお花

ロットNoからすると逆の気がしますが、おそらく作り方の問題なのでしょう

後味の違い以外、上品な甘み、フラワリーな香りは

出身が同じであることを嫌でも感じさせます。

 

サングマ農園ヤマダバリDJ-7

これは甘露と表現すれば終わる気がする。

他のお茶に比べると、負けないくらいグリニッシュで

フルーティーな香りを持ち、一口目はファーストフラッシュ特有の

ピリっとしたキレを感じるが

あまりある甘みがそれらをすべて包み込みのどの奥へ流す

気品を感じさせるお茶でした。

飲み始めて5分くらいのときだったと思うけれど

すべてのバランスがぴったりとパズルのように合い

脳天を甘みが刺激して感動

思わず笑ってしまったお茶第2弾です

 

サングマ農園ユメコバリDJ-6

同じサングマ農園で、同じようなニュアンスではあるものの

まったく違う性格のお茶でした

若草の香り、柑橘系の香り、ややスパイシーな苦味

それらが舌の上で少しずつ色を変えて交じり合い

最後にゆっくりと甘く変化して流れていく感じ

ヤマダバリが貴婦人なら、ユメコバリは可憐な少女という印象

そういえば現実にユメコさんはヤマダさんの娘だっけ・・・

 

何もない状態でひとつだけ買うならこっちがお得だと思いますが

感動で笑ってしまったお茶にはかなわない。 今回は見送りです。

 

従いまして

タルボ、マーガレッツホープ、サングマ(ヤマダバリ)の三種

それとなんとなく、去年買い忘れていたオータムナルをひとつ購入

 

その足でまたもやジークレフに

実は、出がけにキーマンがほしくなり店員に聞いたところ

準備するのに少し時間がかかるとのことで

帰りまでに準備しておくと言われていたのです。

 

さて、戻ってお味見

キームン毛峰 というお茶です

工夫式で頂きました。

 

これがまた

笑ってしまったお茶第3弾になりました

 

1煎め

ひとことでいうなら「黒砂糖」

コク、甘み、香り すべてが黒砂糖。

その奥にキーマンらしい蘭の香りやライチのような甘さが隠れ

力強いけれども嫌味ではないお茶としてまとめられています。

 

2煎め

黒砂糖のような濃厚な香りは薄れ

蘭の花を思わせる香りが立ってくる

味もすっきりと飲みやすく、後味がほくほくとした甘みでまとまる。

雑味がほとんどないので落ち着いたお茶になっている

 

いままでキーマンといえば

蘭の花のような香り+甘み+スモーキーさ

という画一的な印象しかもってなかったのが恥ずかしいかぎり

 

もちろん購入です。

 

さて、本日の合計

茶葉10種類 575g 15297円 也

 

えーと

やっぱ馬鹿?

 

 

 

| | コメント (0)

チャイとかロイヤルミルクティーとか

要するに

 

水は殆ど使わずに

牛乳のコクを活かした

ミルクティーです

 

前回ココアを書いたので

調子にのって書いてみました

 

参考にしてるのは紅茶の夢やさんにある作り方

ほとんど同じですが部分的に手抜いてるかも(ぇ

 

こちらの記事でも書いてましたがその写真つきです。

 

僕はこの入れ方をするときは大体スパイスも入れます。

使うスパイスはこちら


左からシナモン、カルダモン、クローブ、スターアニスです

スターアニスはご存知「八角」で中華の材料でもあるので

入れすぎると、怪しい雰囲気に・・・(笑

 

あ、そういえば実はこの写真を撮ったあと、台所で発見したので

ブラックペパーも入れました。

 

使う量は、一人分あたり(牛乳300mlくらいかしら)

シナモン 1~1.5cmくらい

クローブ 2~3個

ブラックペパー 5~6粒(砕かない場合、砕く場合はこの半分)

スターアニス 足(?)を1~2個

2007.11.13追記

その後何度か試した結果、上記の倍くらいの方が

濃厚な味を楽しめることが分かりました

出来上がり150mlを上記基準として倍倍にした方が上手くいきます

またブラックペパーは、砕かないで香りを強めにするか、

砕いてより強く辛味を出すかで量を調節するとよいと思います

 

こいつらは量を好みで調節できます

極端な話、シナモン強めにしたければ

一本分入れても問題ありません。

 

問題なのはカルダモンで、1粒入れると多すぎるのです

(牛乳1L分くらいになりそう)

今回は一粒を半分にしてみました。

 

1.鍋に水を入れます

  量は茶葉がひたひたになるくらい

  普段は鍋を水道のところに持っていってテキトにじゃー(笑

 

 
2.スパイスを入れます
  シナモン→2cmくらいをバリバリ手で割る
  クローブ→二つに折る
  カルダモン→そのまま
  アニス→角三つ分、てきとに割る
 
  そんで、このまま沸騰するまで加熱

2.沸騰したら茶葉を入れるので
  弱火厳守
  写真使いまわしですがこのくらい↓
 

  茶葉の量は、普段の一人分と同じくらい
  水で濃く出して牛乳で薄めるってわけじゃないので2倍の濃さとか
  考えなくて良いのです
 
  ティーメジャー1杯分 こんなもんです↓
  追記:これもこの1.5倍くらいの方が美味しいです
  (牛乳が緩和してくれるので、濃くしても問題なし)
 

てか狂ルさん・・・写真編集おかすぃよ
 
 
3.茶葉を入れるとこんなかんじ↓
  

 
このまま、ゆっくり加熱します
ただ、目的は煮出すことじゃなくて茶葉に水を吸わせることなので
かき混ぜたり沸騰させたりする必要はなし
 
水が足りなくなったらすこし足してかまーません。
茶葉が十分開いたと思うまで様子を見ながら茶葉に水を吸わせていきます。
 
今回は2~30ml足してるっぽい
 
 ちなみに、火にかけてると
 スパイスと紅茶の 激臭 がして美味しくなさそうに感じますが
 牛乳を入れればちょうど良くなるので気にしてはいけません
 
 
4.十分に水を吸うとふっくらとしてきて
  まるで おかゆ みたいになります
  
  こんなかんじ
 

上の写真と比べてみて
茶葉が膨らんでるのが分かるでしょ?
 
甘いのが好きな場合は、ここで砂糖を足します。
この作り方は牛乳のおかげで甘さが強調されて感じるので
自分が入れたい量の7割くらいでちょうど良くなります。
オススメは小さじ1杯分くらい
水を入れないと溶けない気がしてしまいますが
残ってる水分で十分溶けます
 
5.牛乳投入
  


まぁ、それだけです。
急においしそうな雰囲気になります
 
5.加熱していきます
  最初は中火くらいで加熱しても問題ないのかな?
  でも弱火の方がいいとおもいます
  
  下の写真みたいな小さな泡がシュワシュワ言って来たら
  このあと気を抜くと一揆に沸騰するので用心

 シュワシュワーが途切れなくなってきてもう一呼吸おいたところで
  美味しく出来ていることを祈りつつ火を止めて出来上がり


この後は茶漉しを通してポットに移します
ただ、鍋から移そうとすると茶葉が邪魔してウマクいかないので
お玉で少しずつ移すのがいいかも?
僕はめんどくさいので

流しの上で、堂々とこぼしながら移しますが(笑)

| | コメント (0)

久しぶりにCDを買いました

以下列挙

 

・昭乃さん関連

 新シングル 「キミヘ ムカウ ヒカリ」

 サンリオの幼児向けCD(笑)

  「サンリオキャラクターソングシリーズ サンリオキャラクターの楽しいリズム」

 

・押尾コウタロー

・リサ エクダール

・カパーケリー

・古楽アンサンブル「ジャヌカン 鳥の歌」

 

|_・)b なかなか節操がない

| | コメント (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »