« 紅茶屋めぐ・・・ | トップページ | 紅茶をまずく淹れる方法 その4 »

人間ぜぶら

京都おーぷん行って来ました

 

バスを間違えて停留所3つ分散歩したのは秘密

そのあと遅刻したのに1戦目打ったのも秘密

σ(・・)の持ち時間10分にして対戦して、時計の調節わからなかったから秒単位わからずアセアセでした

(20分から減っていって9:59までは持ち時間あるわけだけど、10分経つまでは秒は表示されないのね)

 

さて、こんな試合がありました

棋譜F5D6C5F4D7F6D3C3E3F3G4G5E6G6G3H4E2H3C4B4B5F2A3C2C1E1D2E7F8C7F7C8G1C6D8F1D1B6A6B3G2A4A5B2B7A7H5A2A1E8A8G8G7B1H2H8H7H6B8H1

終局図

\ABCDEFGH
1●○○○○○○◇
2●○○●●●○○
3●○○○○○●○
4●●○○○○●○
5●○○○○●○○
6●○○○○○○○
7●○○●●●○○
8●○○○○○○○

 

ゼブラを持ってる人は解析してみましょう

僕が見事にボコボコにされている楽しいグラフが出来上がります

 

序盤にちょっといろいろありますが、打ちやすい方針を選んだだけのこと

そこから最後までノーミス、黒から見るとノーチャンスです

(梅沢流なんてものを好んで使っているのが問題ですがね・・・)

 

勝負のあやが無く、まっすぐに負けてしまいましたので

「おもしろく出来ずにすみませんでした」と頭を下げましたとさ。

 

ちなみに、相手は某6段です

いま一番ゼブラに近い人間ではないかと思います(笑)

 

 

|

« 紅茶屋めぐ・・・ | トップページ | 紅茶をまずく淹れる方法 その4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 紅茶屋めぐ・・・ | トップページ | 紅茶をまずく淹れる方法 その4 »