« おーーたむなる | トップページ | ブログの更新もサイトの更新もサボって »

紅茶をまずく淹れる方法 その1

紅茶をまずく淹れる方法
   ~あるいは秋川市民の紅茶遍歴~

 

小学生時代

土日になるとなぜか朝食がパンでした。
平日はみんな朝ちゃんと起きるけど、土日はお寝坊さんだったので
時間がバラバラになるから飯炊いて無かったんじゃないかな~とか思ってみる。
そんなわけで、パン食にはコーヒーか紅茶なのですよ
当時の紅茶は親が近くのスーパー買ってきたりプトンの100p入りのティーバッグ
多分商品名はBRISKだとおもう

 

その頃の飲み方といえば
ティーポットならぬコーヒーサーバー(ガラス製の△形のやつ)に
ティーバッグを一つ入れて、お湯をだばだばーと入れ
すぐにティーバッグをフリフリして、色が付いたら抜いていました。

いあ、これで旨いわけないんですが
まぁ、色と香りは付くわけで、それに砂糖をたっぷり入れて飲む、と

 

コーヒーも、一応あったんですよ?
ただ、そっちは父が好んで買ってきてたMJBのレギュラーブレンド
検索すると分かりますが、俗に緑缶といわれるデカくて安いヤツです(笑
ファンもいるとは思いますが、基本的に苦くてガツーんと来るタイプなので
小学生にはただの苦い水

 

必然的に
コーヒー:苦くて黒い水
紅茶  :甘くていい匂いの色付き水
こんな感じに思っておりました。

 

中学時代

基本的には小学校時代とあまり変わりませんが、
この頃になると日曜の昼だけじゃなくて、
夜更かししつつ自分でも紅茶を淹れたりします。
アイスティにしたりね。


んで、あるときリプトンのティーバッグが近くの店に無い事があったんですよ。
すると、次にやすいのは日東のD&Dティーバッグ
今でこそ分かる余談ですが
リプトンのティーバッグはケニヤ紅茶が中心のブレンド
日東のティーバッグはアッサムのブレンド
味がだいぶ違うわけです。


そんなわけで、この頃は「メーカーの違い」だと思っていましたが
紅茶の味というものを考え始めたのは確かです

紅茶にも色々味があると知った中学時代

 

高校に入ると本格的にハマって行きます。その2へ続く・・・

|

« おーーたむなる | トップページ | ブログの更新もサイトの更新もサボって »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« おーーたむなる | トップページ | ブログの更新もサイトの更新もサボって »