« 手拍子危険 | トップページ | 奇跡の・・・ »

ミュシャ展に行って来ました

そんな趣味・・・あったんですね。

 

はい、某所のおかげで今日が最終日なことを思い出して

夜勤明けに急遽上野へ

 

入り口で「只今待ち時間15分です」

げっそり

 

入り口付近には、人気の高い「四季」連作

人だかりで通れないし、絵はなんとなく見えるからいいけど

説明の前に止まられると読めないし

 

|_・) 主催者さん、せめてロープ引いたほうが良かったんじゃ・・・

 

感想は、そうですねぇ

思ったより面白かったですよ

ええ、人と違うところにばかり目が行ってましたが

「装飾画集」(教本みたいなの)の下書きを見て

 

かわいー と黄色い声を出してる女性の横で

(お、左右対称なのにデッサン完璧、さすがやな)とか

へぇ~いろいろ作ってるんだねぇ、という声を聞いては

(だって職業画家だもん)とか

 

_|‾|○ 廃人っぽい見方ですねぇ

 

当然といえば当然ですがミュシャもふつーの芸術家なので

ミュシャ様式と言えるようなポスター作品だけじゃなくて

油絵も彫刻もパステル画もあって

個人的にはパステル画が一番楽しめました。

よく知られているミュシャの作品とは対照的に

抽象と具象の入り混じった作品は不思議に目を引くものがあり。

 

あとは

ほほー、娘が居たのね、しかも美人なのね、しかもモデルさせたのね。

晩年のミュシャ君がんばりすぎっ。

そのくらいですかね。

 

で、いくら使ったかって?

ええ、売店でポストカードとポスター2枚と一筆箋買いましたが何か(汗)

 

|

« 手拍子危険 | トップページ | 奇跡の・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 手拍子危険 | トップページ | 奇跡の・・・ »