« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »

2005年2月

手筋メモ

水戸オープンという大会に行ってきました。

結果は(。-_-。)ポッ いーじゃないですかそんなこと。

 

で、そのときの棋譜をいじっていて見つけたので

反省がてらメモ

 

今年に入ってからこの手筋を見逃して二回負けてます

 

白番

\ABCDEFGH
1+○+●●●++
2●+○○●●++
3●●○○○●●+
4●●●○●●●●
5●●○●○●○●
6+○●●●●●●
7○+●○●●+◆
8+●●●●●●+

 

私はB7に打ちました。それで勝ちは勝ちですが非常に緩い手です

もっと厳しい手筋があります。

 

それはH3

 

1+○+●●●++
2●+○○●●++
3●●○○○○○◇
4●●●○●●○●
5●●○●○○○●
6+○●●○●●●
7○+●○●●+●
8+●●●●●●+

 

取り返されて無意味に思いますが、その後きれいにラインが通るのがポイント

 

上の盤面からH2B7と進んだところ

\ABCDEFGH
1+○+●●●++
2●+○○●●+●
3●●○○○○●●
4●●●○○●○●
5●●○○○○○●
6+○○●○●●●
7○◇○○●●+●
8+●●●●●●+

 

 

初心者の人だと右辺の形には何の疑問もなくH2と開いて打つ人多いけど

怪しい形にはなにか利用法があるかもしれないって覚えるといいかもしれませんね。

 

 

昨日はたまたま間違えても勝てたけど、下手なことには変わりない

次に同じような局面になったら、間違えずに打てるようにしないと!

| | コメント (0)

星打ちな話

ちょっと思ったので

 

ちなみにこれは、内容が自分のサイト向けなので

いずれ書き直してこちらは消します。

 

 

オセロでは隅の一つ内側の点を星と言って

勝敗を左右するとても重要な場所になります

 

そこに打つと隅を取られやすくなることもあって

不用意に打たない方が良いというのが基本

 

そんなわけで、初心者の人ほど一局の中で

できるだけ打たずに空けておくことが多いようです

 

でも、待ってくださいよ

オセロの盤面は64マスありますけど

全部埋まらずに終わることってどれくらいありますか?

ほとんどありませんよね

 

では、そのときに

自分が星に打たずに終わったことってどれくらいありますか?

 

そう考えると

出来るだけ打たないようにがんばっていても

結局打ってることが多いと思うんです

 

ということは

遅かれ早かれ打ってしまうのであれば

引き伸ばすことよりも、そこに打つことが自分にとって一番有利な時に

打つほうがいいですよね?

 

大事なのは「いつ打つか」であって

「打たない」ってことじゃない。

| | コメント (0)

ふぉしょん

さてさて、紅茶と言ってもわき道の話が続いてしまっていますが
もうすこしお付き合いのほどを

 

あのね美味しい紅茶の代名詞といえばダージリンなのよ
確かに香り高いし、味もきりっと締まってて
こう、なんちゅーか気品を感じるのね。
確かに飲めばおいしいし、たくさん持ってるのはダージリンだよ

でも僕が好きなのはアッサムなのね
肝心なときに飲みたくなるのはこっち
華やかな香りはないけど、落ち着く深い香りがあるし
ともすれば野暮ったいかもしれないけど、どっしりとした甘みもあるし
飲んでてホッとするのはアッサムなのだ。


だからさ・・・
ちょっとくらい期待してもいいよね?
だってダブルでリッチなんだし!(謎)
ってことでこれ↓ 飲んでみました

http://www.asahiinryo.co.jp/newsrelease/topics/pick_0383.html
缶(ペットボトル・チルドカップ)の紅茶を飲むのは半年振りくらいかな。

 

_|‾|○ アッサムはこんな香りじゃありません

 

なんなんでしょう?この苺ミルクみたいな異様に甘い香りは・・・
てかさ、お茶自体にしっかり甘みがあるんだから(ちゃんとお茶出せばね・・・)
上手く作れば香りが残ってなくてもアッサムっぽく出来ると思うんだけどさ

 

なんで香料入れるかなぁ・・・

やっぱり缶(ペット・等)紅茶は要らない。

 

念のため
香料が入っていなけりゃ良いのでジャワティーは可。

| | コメント (0)

紫式部不要論

乗らないと帰れない電車

下りるまで40分強、発車まで2分

 

喉が渇く

財布の中身17123円

 

内訳

諭吉1

一葉1

紫式部1

ニッケル1

銅1

真鍮2・・・

アルミ3

 

うがぁぁぁぁぁぁ!

 

 

| | コメント (0)

ペットボトル茶の話でも

紅茶万歳

 

・・・な私ですが、外に出るとそうも言ってられないので

ペットボトル飲料も飲みます

 

ところがペットボトルの紅茶ってば

香りも味も無いのに、香料と砂糖ドバドバでひどすぎるので

専ら緑茶か烏龍茶になります

 

んで、今日見つけた商品ってばこちら

アサヒ飲料の「白茶」

http://www.asahiinryo.co.jp/newsrelease/topics/pick_0377.html

 

さて、感想

ペットボトル飲料だと香りが薄いのは仕方ないのですが

手持ちの(謎)白茶と比べても違和感のない香りです

少なくとも、本来の香りが抜けきってる烏龍茶よりは

もとのお茶に近い感じです。

入れたてのお茶のようにふわっと立ち上る感じにはなりませんけど

後味でほのかに香りが感じられます。

 

味は白茶だけでは日本人の舌には薄いという判断か緑茶ブレンド

白茶の甘みを壊すほどには至ってないのですが違和感は致し方なく。

緑茶ブレンドでは、結局飲む人は緑茶に戻るのではないかなぁ・・・

ペットボトル飲料としてみると十分に及第点ですが、長生きできない予感でした(謎)

 

| | コメント (0)

« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »